« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

入荷案内

Img_0699001
エブロー
1/24 ルノー4 フォルゴネット
先に発売されたルノー4の、バンタイプ(でいいんでしょうか?)です。



Img_0701001
各ドアは、開閉選択式です。
スジボリは浅目なので、少し彫り増ししてやると、引き締まっていいと思います。



Img_0703001
バンダイ
メカコレ
ランベア
ククルカン級
ラスコー級

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

入荷案内

Img_0677001
タコム
1/35 マーク4戦車「メール」



Img_0679001
タミヤから先日発売されたのはモーターライズでしたが、こちらはディスプレイ専用。
それにしても、パーツがギッシリ! これで、タミヤより若干安価です。
履帯部品がスゴイことになってるのは良し悪しかとは思いますが。

Img_0680002
1/35 マーク4戦車「フィメール」
こちらは、大砲の代わりに機銃を装備したタイプです。


Img_0686001
マスターボックス
1/35 アメリカ・ドイツ降下兵
箱絵のとおり、沐浴中の女性2体付きです。


Img_0689001
1/35 現用アメリカ兵 「スニッカーズ、やるわ!」



Img_0692001
1/35 ドイツ軍用自転車




Img_0694001
4タイプから選んで作れます。
中身は1台分です。



Img_0691001
1/35 民間用自転車(女性フィギュア付き)
こちらも、非常に繊細なエッチングパーツ付きです。

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

HGUC ドムトローペン その9 <モノアイの制作>

今回も、すべてストレート組みで制作してますが、ガンプラのHGUCシリーズで唯一気に入らないのが、シールでの再現になっているモノアイです。
ウェーブのHアイズやビルダーズパーツに置き換えるという手もありますが、私はいつも自作しています。

Img_0128001
まずは、顔(?)の、モノアイがはまる場所に穴を開けます。
ドリルだけで開けるにはちょっと径が大きいので、最後はリーマで広げます。


Img_0136001
モノアイ本体の制作です。
まず透明パーツのランナー(もちろん、透明プラ棒でもOK)を適当な長さに切ります。

次に、先端をライターであぶり、溶けてキノコ状に丸くなったところで、素早くガラスに押し付け、平らに押しつぶします。ここで、開けた穴にピッタリ収まるように、現物合わせで整形してやります。

あとは、反対側の端をキットに合う長さに切り、同様に軽くあぶって端面をキレイにします。
こちらは、あぶるだけでOKです。

最後に、側面と奥になる端面を蛍光ピンクで塗り(タミヤのミニ4マーカーが便利です)、乾いたらミラーフィニッシュを巻きつけます。これで完成。

Img_0142001
レンズの表面は塗っていませんが、奥からちゃんとピンクに見えます。薄いレンズ部品を貼っただけと違い、奥行きのあるカメラの望遠レンズのような感じが表現できるので、気に入っています。

ちなみに、写真はブラックライトを当てているので、蛍光塗料がアヤシイ感じに光っています。

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

HGUC ドムトローペン その8 

Img_2662001_2
塗装の終わった武器を持たせてみました。

『スターウォーズ』のクローントルーパーがモチーフなので、バズーカもいいですが、こっちのマシンガンのほうがしっくりくる感じがします。




Img_2664001_2
書き忘れていましたが、各部のモールドにはスミ入れを施してあります。








Img_2666001_2
今回、ウェザリングはあえてしていません。エアーブラシ塗装によるグラデ表現が、十分に退色感を出していると感じたからです。







Img_2670001

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

入荷案内 <ハイキューパーツ>

ハイキューパーツ品、各種補充しております。
すぐになくなってしまう人気商品です。お探しの方はお早めにどうぞ。

・ペインティングクリップ
・スジボリ用ガイドテープ(3mm幅・6mm幅)
・ネオジム磁石(4×2mm丸型・穴なしタイプ)

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

入荷案内

Img_0662001
ゴッドハンド
アルティメットニッパー
巷で話題の、高性能ニッパーです。片方のアゴにしか刃が付いていませんので、対象の中心で挟み切るのではなく、まな板と包丁の関係のように端で切れますので、切り口がキレイです。

ただし、透明プラのように粘りがなく硬いプラは切っちゃいけないそうです。


Img_0664001
マスパ
マスキングテープを切るためのニッパーです。
マスキングテープを切り貼りしていて、「模型の上で長さを合わせて切りたい」ということがありませんか。
そういうときに、ハサミより重宝しそうです。






Img_0666001
ファンテック
マイクログラインダー・ゼロワン
100V電源のルーターです。模型用小型ルーターとしてはトルクが強いので、あまり回転を上げずに切削したいときに便利かと思います。

Img_0668001
最大トルクは、2N・cmです。

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

実は、制作代行も承っております。

あまり公けにしてないんですが、当店ではプラモデルの制作代行も承っております。
基本的には、塗装して組み立てるという形でお引き受けしておりますが、塗装をせずにまったくの素組みからお引き受けします。
ただし、店主のスキルを超えるような高度なモデリングには対応いたしかねますのでご了承ください。

Img_0650001
現在カーモデルを制作中です。

店主は、とりあえずAFVが得意ですが、正反対のカーモデルでも、この程度のツヤは出せるようになりました。当店のお客様には、少ないながらもスゴ腕のカーモデラーさんがいらっしゃるおかげで、こちらも勉強させていただいております。

代行以外でも、制作アドバイスには応じますので、お気軽におたずねください。

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

入荷案内

今日は、事情でテキストのみでのお知らせです。悪しからず。

モンモデル
1/35 ドイツ PzH2000自走砲

サイバーホビー(ドラゴン)
1/35 ドイツ SdKfz.251/6 Ausf.C 指揮車
1/35 ドイツ Sdkfz.7 8トンハーフトラック1943年生産型

タミヤ
ミニ4駆 くまモンバージョン

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

HGUC ドムトローペン その7

Img_2562002
武器類を塗装します。
本体と同様のグラデーションをかけて、ていねいにエアーブラシで塗装しました。

ヒートサーベルは、パールをかけてキラキラさせてみました。あんまり意味はありませんが…。

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

HGUC ドムトローペン その6

Img_2441001
さらに暗い色と明るい色を、ともに吹き加えて、グラデーションを深くしていきます。
注意するのは、「面の中心ほど暗くするわけではない」ということ。もっとも端の部分は明るくして、そのすぐ内側が暗く、さらにその内側は少し明るくします。もちろん、狭い面では、そこまで塗り分けるのは僕には無理ですが。

Img_2442001
最終的には、エッジ部分に最も明るい色をドライブラシしていきます。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

HGUC ドムトローペン その5

前にも書いたとおり、写真をまめに撮りながらの制作ではなかったので、いきなりの組み上がり状態です。

Img_2426001
肩や腰などの部分に、ブルーを入れました。このブルーも、ホワイト同様に外側ほど明るくなるようなグラデーションをかけてあります。




Img_2427001
いったん形にしたのは、全体の色のバランスを見るためです。ここから、さらにグラデーションを加えていきます。

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

HGUC ドムトローペン その4

今回の制作では、あまり詳しく写真を撮っていなかったので、かなり駆け足の記事になりますが、お許しください。

Img_2408001
基本塗装を、ざっと終えたところです。
白は、ホワイトではなく、ガイアカラーのニュートラルグレー1を使いました。グレーといいながら、限りなく白に近いグレーです。

また、今回モチーフにしている『クローンウォーズ』というCGアニメは、どれくらいのかたがご存じか分かりませんが、パネルの中心は明るく、外へいくにつれて暗くなり、もっとも端の部分が一番明るくなるような、独特な色付けがされているのが特徴です。それを真似しています。
全体を、ちょっと暗めのグレーで塗装した後、パネルラインに沿って明るい色で細吹きし、また大きい面は、中のほうも明るい色を吹いていきました。いわゆる「マックス塗り」とは反対の印象になります。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

HGUC ドムトローペン その3

Img_2026001
合わせ目消しが終わり、全体にサフを吹きました。
今回は、成型色に関係ない、白ベースの塗装をしていくので、まずは成型色をいったん塗りつぶすためにも、サフを吹きます。

もちろん、足付けは行っています。最近、スポンジヤスリが使いやすくてお気に入りです。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »