« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その8 <完成>

最後の仕上げに、エアブラシの砂吹きで、飛び散った泥跳ねを表現して、完成です。

Img_1426001
退色感を出すために、もっと淡い色で塗装してもよかったかもしれません。




Img_1427001
本当は、バンバーや左右のアオリ乃部分に、紅白の模様が描かれているのですが、割愛…というか、すっかり忘れていました。



Img_1428001
荷台の中のハガレは、ヘアスプレー技法を用いたほうが、簡単だったと思います。




Img_1432001
タイヤは、さすがにホンモノのゴムタイヤなので、リアルに仕上がります。
ピグメントをまぶした上からうっかり持ってしまったので、指紋がついてしまいました。

今年最初の作品が、ようやく完成しました。
次は、光りモノに取り組んでいこうと思います。

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その7

続いて、サビ表現です。

Img_1394001
AKインタラクティブの「ラストストリーク」で、サビ垂れを描き込み、ペトロールを含ませた筆でなぞってぼかしていきます。



Img_1395001
今回、オドレス(無臭)ペトロールを使ってみましたが、通常のペトロールとは、溶解力がずいぶん違います。お客様にも、ちょっとウソついちゃいました。ごめんなさい…。
油絵具は溶かせますが、タミヤエナメルは溶かせないんですね。これは知りませんでした。
ちなみに、テレピンは逆に溶解力が高く、乾いたタミヤエナメルも、簡単に溶かしてしまいます。

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その6

続いて、いよいよウェザリングに入ります。

まず、バレホ・ウォッシュのセピアでフィルターをかけました。この色は、オレンジような明るい色には、実にいい塩梅でフィルターがかかってくれます。

Img_1326001
次に、チッピング(ハガレ表現)です。
まず極細筆で、小さい点を描くようにして付けていきます。
ドア周辺は、強調して行いました。
次に、スポンジをちぎってピンセットでつまみ、塗料を含ませた後軽く拭って、ドライブラシのように、軽くチョンチョンとスタンプして、さらに小さな点の集合を描いていきます。

Img_1327001
カドの周辺はもちろん、なにもない面の部分にも行います。こういう部分へチッピングは、筆よりランダムに点が描けるので、やりやすいです。


Img_1328001_2






Img_1330001 
荷台の中は、広い面にかなり激しくハガレ表現をしたいので、筆では追いつきませんから、全面的にスポンジを使いました。
その後、鉛筆で前から後ろ方向へ、縦の筋を何本も入れました。

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その5

続いて、ボディの塗装に移ります。

Img_1254001
基本色は、タミヤアクリルのX6オレンジそのままです。
その上から、白を混ぜて明るくしたオレンジを、退色表現を兼ねて、階調塗装していきます。

屋根の上の凸部分、ボンネットのフチ、荷台のアオリのフチなどを、明るくしていきます。
また、アオリ側面のギザギザの部分も、上を向いている面にだけ色がつくように、エアブラシで軽く吹き付けました。

下部は、マスキングしてブラックで塗装しました。
キャビンと荷台の間など、本来なら「隙間」のはずのところも、一体成型になっているので、黒く塗っておきます。唯一、ちょっと面倒な部分ですね。

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その4

さっそく、シャシーを汚していきます。
Img_1338001_2
まずは、タイヤから。
ピグメントを、画材のフィキサチーフに溶いて、筆で塗りつけていきます。
タイヤの溝にも行き渡るよう、流し込んでいきます。
フィキサチーフは、コンテや木炭のような定着力のない画材を画面に定着させるための樹脂をアルコールで溶かした液です。
これは、同様に定着力のないピグメント粉末を模型に定着させるのにも好都合ではないかと思い、試してみました。

アルコールなので、揮発が早く、作業性は良好です。乾燥後は、触った程度ではとれないぐらいに定着してくれるます。また、乾燥してもアクリル溶剤で溶けるので、はみ出しの修正もできます。これは便利だと感じました。

Img_1390001_2
接地面に付いたピグメントは、アクリル溶剤を含ませた筆やウェスでこすって、落としてしまいます。タイヤ側面も同様です。
乾燥後に、ピグメントを粉のまま筆にとって、はたくようにまぶして、乾いたホコリを表現しました。
これは触ればとれてしまうので、以降は慎重に扱うようにします。

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その3

Img_1267001
シャシーは、1月のモデリング会のときに組み立てました。

元々、モーターで走らせるプラモで部品も少なく、組み立てはスナップフィットですから、文字どおりあっという間に形になりました。

汚し表現をするつもりなので、完成後に手で持つことがしにくくなりますから、走らせるつもりはありませんが、一応モーターも組みこんでおきました。

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その2

Img_1254001
まずは、ボディ部品の塗装から始めます。

箱絵にのっとって、オレンジで塗ります。
タミヤアクリルのX6オレンジでベタ塗りした後、ホワイトを混ぜて明度上げた色で、徐々に階調を付けていきます。
屋根の凸部やボンネットの端など、明るさを強調したい部分に、ハイライトを加えていきます。

ボディ下部の黒い部分を塗り分けるため、マスキングしてブラックを塗装しました。

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

タミヤ ミニ4駆 ウニモグ その1

遅くなりましたが、今年最初の制作記です。

Img_1452001
話が後先になり、もう完成品の写真をアップしちゃいましたが、「コミカルミニ4駆」のひとつ、ウニモグです。

1月に開催した、「新春モデリング会」のお題にしようと、実は早くから取りかかっていました。

これを、ウェザリングしてのリアルめ仕上げで作っていこうと思います。

Img_1030556_26927219_1
イメージとしては、こんな感じ。
カッコイイですよね。

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

入荷案内

Img_1436001
モン・モデル
1/35 M2A3ブラッドレー



Img_1437001
フルインテリアキットになっています。


Img_1438001
特筆すべきは、そのボリューム!
大きさは、一般的なミリタリーキットと同じですが、箱の厚みが半端じゃないです!




Img_1440001
サイバーホビー
1/35 M103A1重戦車
ドラゴンの新シリーズ「ブラックラベル」第1弾です。

Img_1441001
車体や砲塔の鋳造表現が素晴らしいです。




Img_1442001
アスカモデル
1/24 アメリカン・バンタム偵察車
アスカらしい、非常にていねいに作られたキットという感じがします。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

ウェザリングコン、第1号です!?

ウェザリング・コンは、作品の募集期間は来月からなんですが、ショーケースの場所は確保しましたので、もう持ってきてもらっても大丈夫です。

で、早くも第1号が!
Img_1435003_2
ウソです(笑)。
店主作の、タミヤのミニ4駆、ウニモグです。賑やかしに作ってみました。
ミニ4駆ですが、ピグメントとか使って汚してるので、もう走らせられません…。

どんどん作品を募集、というか、その前にエントリーをお待ちしています。

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

「グロス・プラモ・コン」、開催します

ウェザリング・コンに続いて、「グロス・コン」を開催します。

ウェザリング、つまり汚しの正反対で、ツヤあり仕上げを楽しんでください。こちらもお題は自由に選んでください。
王道のクルマやバイクに限らず、ミリタリーキットを民間仕様に塗るのもよし、ガンプラ等のキャラものを、グロス塗装にするのもよしです。

今回も、対象はプラモデルキットのみとさせていただき、ガレージキットやメタルキットは対象外です。
参加ご希望の方は、キットを当店でお買い求めください。引き換えに参加券をお渡しします。

作品募集期間 : 6月1日~30日

エントリーは、随時受け付けております。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

2月の定休日と、「ウェザリングコン」募集期間変更のご案内

2月の定休日は、下記のとおりです。

3日、10日、17日、24日

今月は月曜の定休日以外にお休みの日はありません。
よろしくお願いします。


※「ウェザリング・コン」の作品募集期間を変更し、1ヶ月先送りとしました。

3月1日から4月末日まで、「ウェザリング・プラモ・コン」の作品を募集しています。
ジャンルを問わず、ウェザリング(汚れや色あせ・サビといった、経年変化の表現)を施した作品を募集します。

参加ご希望の方は、当店にてエントリー用のキットをお買い求めください。引き換えに参加券をお渡しいたします。

| | コメント (5)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »