« 入荷案内 | トップページ | タミヤ シュタイヤー コマンドワーゲン その1 »

2013年9月21日 (土)

入荷案内

Img_9792001 バンダイ
宇宙戦艦ヤマト2199
1/72 コスモファルコン篠原機
中身を見た限りでは、部品構成は、成型色と篠原弘樹立像以外は加藤機と同じようです。

Img_9796001
(左3点)ガイアカラー 
ボトムズカラー
グロス(ツヤあり)のミリタリー色、といってもいいかもしれません。個人的にはザクを塗るのにもよさそう、と思ってしまいました。
別売のカラーセットには、単品販売のないレッドが同梱されています。
(右)タミヤ
アクリル塗料 XF86フラットクリヤー
こんなのが出ていたとは、勉強不足で知りませんでした。デカールを傷める心配をせずにフラットコートできそうです。

|

« 入荷案内 | トップページ | タミヤ シュタイヤー コマンドワーゲン その1 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

今晩は、毎度お世話になります。
「風立ちぬ」を観て、戦闘機を真っ白滑らかツルツルにしたくなりました。
だから、彼らの凹モールドをぜ~んぶ埋めたくなりました。
それで秋の夜長は、紙やすりでひたすらゴリゴリとこすっています。
でも、瞬着で凹ラインを何度もなぞって膨らませてからこすればよかったのかなと。その方が削る量は少ないですものね。色々工夫して楽しい秋の夜長になっています。
ただ、型を模した対象を精密に史実再現性でといった方向性ではなく、もともと色やら汚しやらそれってなーにといった性癖に一層の拍車がかかった今、模型業界にきっとお友達は一人もできないだろうなあと苦笑いの夜10時半です。
また買いに行きます。その節はよろしくお願いいたします。

投稿: みうぱぱ | 2013年9月24日 (火) 22時46分

みうぱぱさん、こんにちは。

凹モールドを消すのなら、周囲を削っていてはあまりにも大変ですので、パテ等で埋めて消すのが正解かと思います。

模型は、どう作ろうが作り手の自由です。スケールモデルだから実物どおりに作らなければならないというのは、スケールモデラーの固定観念ですね。
みうぱぱさんのように、固定観念にとらわれず、楽しく作るのが何よりだと思いますよ。

投稿: Bluebell | 2013年9月24日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | タミヤ シュタイヤー コマンドワーゲン その1 »