« 営業時間のお知らせ | トップページ | バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット2 その6 <サルバーS-IV戦車> »

2013年7月24日 (水)

バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット2 その5 <サルバーS-IV戦車>

マルモコ展示かとかあって、制作記がずいぶんご無沙汰になってしまいました。

Img_9093001
サルバー戦車の続きでしたね。戦車を作ること自体かなり久しぶりなので、手順というか方法論を忘れかけてます。

まずは、エアブラシを使って、車体下部にホコリ色を吹きつけます。
このとき、ギリギリ吹きつけができるところまでエア圧を下げます。こうすると、霧の粒子が粗くなって、ビチビチと飛び散ったような表現ができます。ただ、このキットはかなりスケールが小さいので、大げさになりすぎないようにだけ注意します。

ホイールと履帯は、ピグメントをマットメディウムで溶いたものを塗りつけ、メディウムが乾かないうちにさらにピグメントをまぶして汚れを表現します。これもスケールを考え、やりすぎないように。

これが済んだら車体を組み立て(写真ではもう組み立て終わってますが)、エナメル黒でスミ入れをします。

Img_9089001
続いて、車体上面の汚し。
使うのは各種ピグメントとエナメルクリアーと溶剤です。

ピグメントは、アクリル溶剤にはある程度溶けて混ざりますが、エナメル溶剤にはまったく混ざりません。
そこで、クリアーを一緒に混ぜると、クリアーがピグメントを抱き込んでくれるので、塗料のように混ぜることができます。

こうして作った液を、スミ入れの要領で流すと、隅にたまった汚れが表現できます。
ただ、濡れているときと乾いてからでは色の見え方がずいぶん違うので、これもやはりやり過ぎに注意が必要です。

|

« 営業時間のお知らせ | トップページ | バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット2 その6 <サルバーS-IV戦車> »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 営業時間のお知らせ | トップページ | バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット2 その6 <サルバーS-IV戦車> »