« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月17日 (金)

お知らせ

明日18日(土)は、静岡ホビーショーに出かけますので、臨時休業いたします。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

入荷案内 <画筆>

Cci20130509_00000004
アルテージュ
アクアレリスト900シリーズ各種(写真内、赤枠の番手のみ入荷)

店主は、模型の筆塗りには、リス毛の筆がもっとも好適だと思っています(もちろん万能ではなく、適材適所ですが)。
柔らかくコシのないリス毛は、塗料を吸ってくれない素材へ塗料を置くように、また下層の塗膜を掻き壊すことなく塗り重ねができ、かつ含みがよいのがその理由です。これは、使ってみればすぐ実感できると思います。

当店では、ラファエルのリス毛筆を扱っておりますが、ラウンド筆しかないのが悩みでした。

Cci20130509_00000003
このアクアレリスト900シリーズは、上記のようなリス毛の特長を有する、新開発のナイロン筆です。待望のフラット筆もラインナップされています。
また、キャッツタンという耳慣れない形状の筆は、先端が特に尖った形状をしており、穂先を使えば非常に細い線が描けます。
雑誌等の刷り込みで、とにかくコリンスキー毛筆が最高だと思い込まされている(いや、実際に、コリンスキー毛は最高級の画筆材料ではあるんですよ)モデラーさんは、ラファエルのリス毛筆とともに、ぜひ一度お試しください。

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

エアブラシのFAQ

最近、エアブラシについての質問をよくいただきます。その中で、多いものを少し紹介しましょう。

Q. エアブラシの掃除はどの程度すればいいの?
A. 作業中の色替え程度であれば、カップの中をキレイに拭いて、うがい洗浄とシンナー捨て吹きで十分だと思います。
作業後の手入れも、しばらくしてすぐ使うなら上記と同じでよいでしょう。数日使わないときは、上記の掃除に加えて、ニードルを引き抜き、先端の塗料を拭き取って、できればニードルパッキンとの摺動部にグリスを薄く塗って、元に戻します。これをやっておくと、次回使用時のニードルの固着を予防できます。
「エアブラシは、後片付けが面倒」という方もいらっしゃいますが、慣れてしまえば面倒というほどのことではありません。逆に言えば、面倒と思うほどの大掃除を、毎回する必要はありません。

Q. 塗料は何倍に薄めるのが適当なの?
A. 塗料の種類と、原液の状態によって違います。「何倍にすればいい」というものではありません。
塗料の希釈の目的は、塗料(色)の濃度調整と勘違いされがちですが、基本的には、塗料の粘度(とろみ具合)を最適にすることです。これは筆塗りでも同じことです。応用として、シンナーの量で色の濃さを加減することもありますが、シンナーの混ぜ過ぎは、塗面を荒らしたりといったデメリットもあるそうです。色を薄くしたいのなら、クリアーを混ぜるのもひとつの手でしょう。
もしも原液が水のようにサラサラなら、薄める必要はありません。逆に、水アメのようにドロッとしていれば、何倍にも薄めなければいけないでしょう。つまり、原液の粘度が様々なのに、「3倍」などと決まった割合で希釈しても意味がないのです。また、いくら希釈しても、シンナーの粘度以下になることもあり得ません。
ちなみに、エアブラシメーカーの言う、エアブラシ塗装に適した粘度は、「牛乳程度」だそうです。つまり、原液の粘度に関わらず、これくらいの一定の粘度になるように調整するわけですね。

Q. エアブラシの押しボタン操作で、エアの量を調整するの?
A. エアバルブは開閉操作のみで、流量調節はできません。
時々そのようなことを書いた雑誌記事を見かけます。厳密に言えばできなくはないかもしれませんが、そのような構造にはなっていません。だからこそ、先端付近に流量調節機構を備えたエアブラシがわざわざ発売されているのです。
また、レギュレーターと流量調整機構(スピードコントローラー)は、似て非なるものです。まずはエア圧をレギュレーターで調節するのが基本です。

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

エアブラシのメンテナンス、やっております

当店でお買い上げいただいたエアブラシについては、洗浄やグリスアップといった簡単なメンテナンスを、無料で行っております(他店様でご購入のものについては有料となりますので、ご了承ください)。
「久しぶりに使おうとしたが、塗料が出ない」といった不調の際は、ぜひお持ち寄りください。

Img_8453001
やはり、「塗料が出ない」というトラブルで持って来られるケースが、最も多いです。
こちらのガンも、分解洗浄中です。
ニードルが固着して動かなくなっていたので、引き抜いて清掃し、グリスを塗布して元に戻しました。

Img_8454003
この時、ニードルがノズルのシート部に当たる感触にちょっと違和感があったので、ノズルも外して清掃したところ、中から大きなゴミの固まりが出てきました。

実はこれ、よくあるんですよ。塗料の固まったものではないので、シンナーでは溶けません。慎重にほじくり出す必要があります。
こうして、すべて元に戻し、外側の汚れを落とし、動作確認をして、作業完了です。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

5月の営業日について

5月の営業案内を更新しました。
今月は、臨時休業もあれば、早めに開ける日もあったりと変則的ですので、ご注意ください。
左サイドバー上の、店舗ブログのリンクからご確認ください。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »