« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

静岡ホビーショー その3

その他、ツールです。
Img_8694001
タミヤ
ベーシックヤスリセット(細目・ダブルカット)
表面を触った感じでは、名前のとおり目が細かく、比較的キレイな仕上げが期待できそうです。グリップも付いていますし、3本セットで、お求めやすい価格なのもウレシイですね。

Img_8695002
研磨スポンジシート(400~1500番相当)
同様の商品は以前からありましたが、タミヤから出たことで安定供給が期待できるのは、店にとってはありがたいことです。
曲面の研磨作業に、向いていそうです。

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

静岡ホビーショー その2

Img_8703001_2
タミヤ
1/32 ヴォート F4U-1 コルセア “バードケージ”



Img_8701001






Img_8702001
翼は、格納状態との選択式です(可動ではありません)。




Img_8704001
最近の、タミヤの1/32飛行機キットへのチカラの入れ具合はスゴイのですが、このキットも例外ではありません。
目を疑うほどの繊細なモールド表現です。


Img_8705001
胴体にも、リベットのモールド(しかも凹)が、驚くほどビッシリと施されています。

| | コメント (2)

2013年5月21日 (火)

静岡ホビーショー その1

18日(土)に、静岡ホビーショーに出かけてきました。
直前まで、行くつもりは全くなかったのですが、お客さんにお誘いをいただき、せっかくなのでお客さんとの親睦も兼ねて行ってきました。ホントなら店主がお客さんを誘うべきなんですけどね…。

当然、業者商談日ではなく、一般見学日になりましたので、企業ブースだけでなく、モデラーズクラブ合同展示会も見ることができます。日本中(世界中かな)から、この日のために制作した力作が集まる、ある意味企業ブースより見る価値のある展示会です。

ただ、今回は作品を見るよりも、モデラーさんとの交流を優先したので、あまりゆっくりと作品は見られませんでした。

さて、企業ブースのほうには、今年の直近の新製品が多数展示されていましたが、一般日とあってスゴイ人波で、ほとんど見れませんでした。バンダイなどでは、人気商品の前には人だかりで、展示品に近づくことすらできませんでした。残念。
かと言って、業者招待日はたしかにゆっくりと見れますが、逆に2~3時間もあれば十分だったりして、もったいないんですよね。

ということで、とりあえず、どうしても見たかった製品だけはしっかり見てきました。

Img_8712001
タミヤ
1/35 陸自 10式戦車




Img_8707001






Img_8708001
サイドフェンダーのラバー製スカートの表現がリアルでした。




Img_8710001
全体的にも、よくまとまっていて、10式らしいカタマリ感がよく再現されているように感じます。



Img_8711001
現用車両らしい、滑り止め加工も再現されています。




Img_8715001
最近のタミヤらしく、一体成型も多用されています。その他、車体や砲塔側面の小フックがモールドになっているといった声も聞かれるようですが、それは野暮というものでしょう。これをいちいち別パーツ化したら、タミヤじゃなくなっちゃいます。気に入らない人は手を入れればいいだけのことですね。

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

お知らせ

明日18日(土)は、静岡ホビーショーに出かけますので、臨時休業いたします。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

入荷案内

Img_8555001
パジコ
ラドール
キメの細かい石粉粘土です。情景や原型制作に。


Img_8553001
モデルカステン
メカニカル関節カラー 各色




Img_8552001
クレオス
ツールクリーナー改
ガイアのツールウォッシュから試しに替えてみました。

真・溶媒液
溶剤が揮発して粘度が増したり固まってしまったラッカー塗料の復活に。ただし、混ぜ過ぎ注意です。

Img_8554001
タミヤ
マークフィット(ハードタイプ)
効果が強めの、デカール軟化剤です。気のせいかもしれませんが、ハジキが少なく使いやすいと感じましたので、これもクレオスからこちらに変更です。

Img_8551001_2
ウェーブ
ヤスリスティック・フィニッシュ用

| | コメント (0)

入荷案内

Img_8544001 
アオシマ
1/24 マッドマックス2 インターセプター スーパーディティール


Img_8546001
エッチングパーツ等のボーナスパーツが付属します。




Img_8547001
タミヤ
1/35 アメリカ軍メンテナンスヤード



Img_8548001
1/35 M1A2エイブラムス TUSK2




Img_8549001
1/35 メルカバ
キットはちょっと古いですが、やっぱりカッコイイですね。

最近、プラキットの入荷比率は、明らかにタミヤが高いです。

Img_8550001_2
ラウペンモデル
陸自AFV写真集
あっという間に売り切れましたので、早速再入荷です。



Img_8558002_2
洋書
TANKART Vol.2
連合軍車両を特集したハウツー本です。
模型作りが上達したいと思うかたなら、実車の資料本を何冊も買いあさるより、ずっと役に立ちますよ。

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

入荷案内 <画筆>

Cci20130509_00000004
アルテージュ
アクアレリスト900シリーズ各種(写真内、赤枠の番手のみ入荷)

店主は、模型の筆塗りには、リス毛の筆がもっとも好適だと思っています(もちろん万能ではなく、適材適所ですが)。
柔らかくコシのないリス毛は、塗料を吸ってくれない素材へ塗料を置くように、また下層の塗膜を掻き壊すことなく塗り重ねができ、かつ含みがよいのがその理由です。これは、使ってみればすぐ実感できると思います。

当店では、ラファエルのリス毛筆を扱っておりますが、ラウンド筆しかないのが悩みでした。

Cci20130509_00000003
このアクアレリスト900シリーズは、上記のようなリス毛の特長を有する、新開発のナイロン筆です。待望のフラット筆もラインナップされています。
また、キャッツタンという耳慣れない形状の筆は、先端が特に尖った形状をしており、穂先を使えば非常に細い線が描けます。
雑誌等の刷り込みで、とにかくコリンスキー毛筆が最高だと思い込まされている(いや、実際に、コリンスキー毛は最高級の画筆材料ではあるんですよ)モデラーさんは、ラファエルのリス毛筆とともに、ぜひ一度お試しください。

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

エアブラシのFAQ

最近、エアブラシについての質問をよくいただきます。その中で、多いものを少し紹介しましょう。

Q. エアブラシの掃除はどの程度すればいいの?
A. 作業中の色替え程度であれば、カップの中をキレイに拭いて、うがい洗浄とシンナー捨て吹きで十分だと思います。
作業後の手入れも、しばらくしてすぐ使うなら上記と同じでよいでしょう。数日使わないときは、上記の掃除に加えて、ニードルを引き抜き、先端の塗料を拭き取って、できればニードルパッキンとの摺動部にグリスを薄く塗って、元に戻します。これをやっておくと、次回使用時のニードルの固着を予防できます。
「エアブラシは、後片付けが面倒」という方もいらっしゃいますが、慣れてしまえば面倒というほどのことではありません。逆に言えば、面倒と思うほどの大掃除を、毎回する必要はありません。

Q. 塗料は何倍に薄めるのが適当なの?
A. 塗料の種類と、原液の状態によって違います。「何倍にすればいい」というものではありません。
塗料の希釈の目的は、塗料(色)の濃度調整と勘違いされがちですが、基本的には、塗料の粘度(とろみ具合)を最適にすることです。これは筆塗りでも同じことです。応用として、シンナーの量で色の濃さを加減することもありますが、シンナーの混ぜ過ぎは、塗面を荒らしたりといったデメリットもあるそうです。色を薄くしたいのなら、クリアーを混ぜるのもひとつの手でしょう。
もしも原液が水のようにサラサラなら、薄める必要はありません。逆に、水アメのようにドロッとしていれば、何倍にも薄めなければいけないでしょう。つまり、原液の粘度が様々なのに、「3倍」などと決まった割合で希釈しても意味がないのです。また、いくら希釈しても、シンナーの粘度以下になることもあり得ません。
ちなみに、エアブラシメーカーの言う、エアブラシ塗装に適した粘度は、「牛乳程度」だそうです。つまり、原液の粘度に関わらず、これくらいの一定の粘度になるように調整するわけですね。

Q. エアブラシの押しボタン操作で、エアの量を調整するの?
A. エアバルブは開閉操作のみで、流量調節はできません。
時々そのようなことを書いた雑誌記事を見かけます。厳密に言えばできなくはないかもしれませんが、そのような構造にはなっていません。だからこそ、先端付近に流量調節機構を備えたエアブラシがわざわざ発売されているのです。
また、レギュレーターと流量調整機構(スピードコントローラー)は、似て非なるものです。まずはエア圧をレギュレーターで調節するのが基本です。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

入荷案内

Img_8478001
ガイカラー  ノーツフレッシュ新色各種
052 ホワイト
052 ピンク
053 オレンジ
Img_8482001
参考までに、キャップ色です。左が、従来品のノーツフレッシュです。ホワイトはハイライトに、オレンジはシャドウに相当します。

Img_8473001
ブラシウォッシュ
ポリエチレンの綿(?)が入った、筆洗浄用品です。中に溶剤やブラシエイドのような筆洗液を入れて使います。






Img_8483001
NCデカール05
ホワイトSP

ホワイト1色で刷られた、コーションデカールです。いろいろと使いやすそうな製品ですね。

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

入荷案内 

Img_8471001_2
ハイキューパーツ
(右)ペインティングクリップ・ビッグヘッド




Img_8472001
左のレギュラー品に比べ、大きいタイプのクリップが使われています。
また、ギザがないので、部品に傷をつけることもありません。

Img_8476001
デカールフィクサー
軟化剤成分を含まない、液体デカール糊です。シルバリング防止効果があります。
成分が改められ、界面活性剤が添加されました。
これにより、貼付面に塗った本剤がはじかれて水玉になってしまうのを防ぎます。当店からそういう要望を出しましたところ、驚いたことにさっそく対応していただきました。

Img_8474001_2
ホビーベース
計量カップ(8個入り)
注ぎ口、目盛付きです。

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

フッ素コーティングのピンセットは、使えます!

先日入荷した、エンジニアのフッ素コーティングピンセット
入荷数に限りがあるため、すべて商品として、自分で試す分は確保できませんでした。そのため、未だに真価が分かりませんでした。
でも、今日お買い上げくださったお客様が、わざわざ店頭ですぐ開封して下さったので、ようやく試すことができました。

さっそくマスキングテープを切ってつまんでみましたが、ホントに糊面がくっつきにくいです。これはちょっとした感動でした。
もちろん、まったく付かないわけではありませんが、通常のピンセットに比べれば雲泥の違い。特に小さく切ったテープでは、作業性がかなり上がりそうです。

次回入荷時には価格が変わりますので、ご興味のある方はどうぞお早めに。残りわずかです。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

入荷案内

初心者の方や未経験の方にも気軽に作ってもらえそうなキットも、少しだけですが導入しています。

Img_8470001
コミカルミニ四駆
ウニモグ
こちらはスナップフィットですので、接着剤不要です。
ユーモラスな形からか、意外と人気で、入荷すると不思議と売り切れます。
組み立ては子ども、塗装は大人と役割分担をして、親子で作っていただくのも楽しいかと思います。
また、本格的に塗装に凝るのも楽しいでしょう。ツヤ消し仕上げにしてウェザリングなんかしてみてもカッコイイですよ、きっと。

Img_8469001
1/48 ケッテンクラート
本体は、完成するとわずか6センチ。手のひらに収まってしまうミニサイズです。
慣れれば2時間もあれば完成します。

Img_8468001
1/48 2号戦車A~C型

これらの小スケールモデルを、エナメル塗料の筆塗りで仕上げられないものかと画策中です。
もしうまくいきそうなら、これで親子プラモ教室をしたいと考えています。
子供向けのプラモデルというと、どうしてもガンプラやミニ四駆などのスナップフィットキットを思い浮かべがちですが、ある意味、作れて当たり前。やはり、接着剤を使って作るプラモデルをうまく作れた喜びも味わってほしいと考えています。

| | コメント (0)

入荷案内 <タミヤ1/35MM>

輸入プラモもいいんですが、やっぱりタミヤのキットは外せませんね。
いろいろと補充しました。

Img_8462001
タイガー1型 初期型
ずっと、唯一の初期型のキットとして重宝されてきたものの、最近になってサイバーとズベズダから新製品が(しかも安くで)相次いで発売され、一気に過去のものにされてしまいそうですが、やはり組みやすさと安定供給はタミヤならでは。
物足らないかたは、じっくり手を入れるもよし。

Img_8463001
タイガー1型 極初期型




Img_8496001
ストームタイガー
上部戦闘室表面の鋳造表現が実に見事で、未だにこれ以上のキットを見たことがありません。名キットです。

Img_8464001
キングタイガー(ヘンシェル砲塔)アルデンヌ戦線
オートバイと専用フィギュアが付いているだけでなく、段なし防盾などのパーツが含まれている、お得なキットです。オートバイの部品も、このキットのみに入っているパーツがありますよ。
ただ、付属のベルト履帯は、ちょっと短めでパツパツに張りつめてしまいますので、別売の組み立て式がオススメです。

Img_8465001
ヤークトタイガー中期生産型 オットー・カリウス搭乗車
こちらも、オートバイと専用フィギュアが付いた、お得バージョンです。
サイドフェンダーを外した、迫力のある姿を再現するならこのキット。

Img_8467001
ロシア JS-2




Img_8466001
イタリア セモベンテ
迫力の重戦車もいいですが、こういう豆タンクも気軽に作るにはいいでしょう。
新規の履帯とフィギュアをセット。


| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

入荷案内

Img_8459001 
MENG MODEL
ピックアップトラック w/ZU-23-2



Img_8460001
ピックアップトラック(軽武装タイプ)
こちらは再入荷です。



Img_8461001
AFVクラブ
チャーチルMk.3 オードナンスQF75mm Mk.5砲装備型

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

エアブラシのメンテナンス、やっております

当店でお買い上げいただいたエアブラシについては、洗浄やグリスアップといった簡単なメンテナンスを、無料で行っております(他店様でご購入のものについては有料となりますので、ご了承ください)。
「久しぶりに使おうとしたが、塗料が出ない」といった不調の際は、ぜひお持ち寄りください。

Img_8453001
やはり、「塗料が出ない」というトラブルで持って来られるケースが、最も多いです。
こちらのガンも、分解洗浄中です。
ニードルが固着して動かなくなっていたので、引き抜いて清掃し、グリスを塗布して元に戻しました。

Img_8454003
この時、ニードルがノズルのシート部に当たる感触にちょっと違和感があったので、ノズルも外して清掃したところ、中から大きなゴミの固まりが出てきました。

実はこれ、よくあるんですよ。塗料の固まったものではないので、シンナーでは溶けません。慎重にほじくり出す必要があります。
こうして、すべて元に戻し、外側の汚れを落とし、動作確認をして、作業完了です。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

5月の営業日について

5月の営業案内を更新しました。
今月は、臨時休業もあれば、早めに開ける日もあったりと変則的ですので、ご注意ください。
左サイドバー上の、店舗ブログのリンクからご確認ください。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »