« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その7

Img_8151001
ベルト部分を、XF49カーキで塗り分けます。
もう少しグリーンっぽい色でもいいかもしれませんね。
下塗りなので、それほど几帳面に、キッチリと塗る必要はありません。

このフィギュアは、いよいよ老眼になり始めた私の眼にもやさしいサイズです。


筆塗りには、ラファエルのリス毛筆を使います。プラモの塗装にはこれがバツグンに使いやすく、もう手放せません。お客様にも、基本的には一番にオススメいたしております。

模型業界では、コリンスキー毛の筆(特にウィンザー&ニュートン製)が最高だともてはやされています。たしかにコリンスキー毛の筆は、筆の中では最高級の品質ですが、模型塗装全般に最適とは限りません。やはり適性があるのです。

コリンスキー毛の特長は、含みの良さと適度なコシの強さです。また、高級筆であるため大抵は作りもよく、穂先がしっかり揃います。そのため、穂先を利かしての微細な描き込みでは他の追随を許しません。フィギュアの眼入れなどがそうですね。
しかし、少し大きい面を塗るために筆圧をかけて塗ると、塗料を掻いてしまい、塗料がうまく乗りません。
プラスチックは塗料を吸ってくれないので、塗料を塗りつけるのではなく、乗せるように塗ることが大切なのです。

リス毛筆は、含みがバツグンによいのと、毛が柔らかく、頼りないほどにコシがないことが特長です。これが、乗せるように塗るというプラモ塗装の特性にはピッタリなのです。
下の塗膜を壊さないので、慣れれば、溶剤のきついラッカー塗料でも重ね塗りができるほどです。

ちょっと大げさかもしれませんが、プラモデラーでこのリス毛筆の使い心地をご存じないのは、不幸だと申し上げておきましょう。

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その6

色合いがちょっと地味すぎる気がしてきたので、配色を一部変えて塗り直しました。
Img_8124001
上着をXF60ダークイエロー、レギンスをXF57バフにしました。
タミヤの、アメリカ兵フィギュアの指定色どおりです。

なお、下塗りにタミヤカラーを使うことで、上塗りに使うエナメル塗料の色との整合性が図れるので便利です。

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その5

Img_8105001
下地塗装をしました。
塗料は、すべてタミヤアクリルをエアブラシで塗装しました。
こうすると、あとでタミヤエナメルを筆で上塗りをする際に、ザラザラした塗面に塗料が引っかかってくれるのです。

上着はXF57バフ、ズボンはXF52フラットアース、レギンスはXF55デッキタン、靴はXF10フラットブラウンです。

肌は、普通にXF15フラットフレッシュで塗りましたが、XF59デザートイエローあたりでも悪くないでしょう。

マスキングしないで吹き分けているので、多少のはみ出しはありますが、この時点では特に問題ありません。気になるようなら筆でタッチアップしておきましょう。
アネスト岩田のエアブラシHP-BPは、たいへん高精度で、マスキングなしでもこの程度の塗り分けができます。

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その4

Img_8097001
全体にサフを吹きます。
私は、基本的にタミヤのファインサフを愛用しています。キメが細かいので、表面が荒れたりせず、厚吹きにもなりにくいのでオススメです。

Img_8104001
下地の下地として、タミヤのライトサンドを吹きます。
暖色系の明るい色の下地として、グレイより発色がよくなります(お客様に教えていただきました)。
私、この色は好きなんですが、こういう効果には気付きませんでしたね。

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その3

Img_8069001
こめかみのヒケを埋めたら、サフを吹いて状態を確認。
はみ出しや凹凸を、ナイフや紙ヤスリで整えてはサフ吹きを繰り返します。
だいたい自然な感じになりました。

Img_8073001
右側も同様に作業しました。
あと、アゴの割れ目をちょっと広く、またアゴの下まで伸ばしました。

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

新商品情報 <クレオス ゲルクリーナー>

Img_8033001 
クレオス
ゲルクリーナー 893円

ゲル状の粘着式クリーナーです。
問屋さんから届いて初めて、発注していたことに気付きました…。

単に削りカスを掃除するだけなら、歯ブラシとかでいいんじゃないの?
というわけで、これは使ってみないとオススメもできないな~と、早速試用です。

Img_8030002
封を開けると、なんだかスライム状の物体が…。
表面は、液体のように滑らかです。



Img_8045001
これを、適量ちぎって(意外と力がいります)…、




Img_8046001
指先で少しこねます。
さぞネチャネチャした感触かと思いきや、指にくっつくこともなく、むしろサラッとした不思議な感触です。こんなので、ゴミが取れるのかと思うほどです。

Img_8044001_2 
では、まずはモデルに付いた削りカスの除去。




Img_8048001_2 
指先でグリグリと転がすようにして押し付けます。
指でつまんでペタペタやるより、このほうが良さそうです。


Img_8049001_3
このとおり、ビックリするほどキレイになりました。
逆に、ゲルのほうがモデルに残るということも、特になさそうです。


Img_8057001_2
続いて、ヤスリの目に詰まった削りカスの除去。
歯ブラシとかで掻き落とすのが一般的ですが、ヤスリにはあまりよくありませんね。


Img_8058001_2
同様にグリグリやります。





Img_8060002
めっちゃキレイに取れます! ちょっと感動的なほどです。刃を傷める心配もありません。

この商品の一番いいところは、削り粉をフッ!と吹き飛ばさずに済むようになるので、机や床が汚れないことです。また、使い捨てではないので、使い終わった後それほど汚れていなければ、ボトルに戻せばOK。かなりの量が入っているので、価格相応の値打ちはあると思います。
ちなみに、戻した分は残りの分と一晩で元通り同化していて、ちょっと不気味です…。

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その2

こめかみの陥没は、ヘルメットを被せるとほとんど見えなくはなります。
とは言え、もはやヒケというレベルではない、あまりにも尋常でない深さなので、さすがに放っておくのはどうかと思い、パテで埋めておきます。この深さと大きさでは、ラッカーパテは不向きなので、光硬化パテを使うことにしました。こちらも、一度に厚付けはできないのですが、ラッカーパテと違ってヒケが出ませんし、硬化が早いので作業ははかどりますね。

Img_8041001
何度かに分けてパテ埋めし、軽く削ってならします。




Img_8043001
左側ほどひどくありませんが、右側にも同様のヒケがあるので、こちらも埋めておきます。

この後、サフを軽く吹いておきます。光硬化パテは半透明なので、表面確認のためのサフ吹きは必須です。

| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

ファインモールド 1/12 アメリカ陸軍歩兵 ロジャース  その1

来月開催の「初歩のフィギュア塗装入門講座」に向けて、私も準備をしなければなりません。
そこで、在庫(私個人の、です)の中から、お題のワールドファイター1体を使うことにします。私、個人的にこのシリーズが好きでして、今までに2体作り、積みプラでシリーズコンプリートしています。だって、箱絵も説明図も鳥山明描き下ろしだし、プラモとしてもよく出来てるし、とても魅力的な製品でしょ?

Img_8024001
選んだのは、こちらのアメリカ兵です。
軍服が迷彩じゃないので、お題として説明しやすいと思ったからです。



Img_8025001
中身は、価格からするとあっさりしてます。まあ、ある意味、ファインらしいですが…。




Img_8026001
鳥山氏による解説図です。





Img_8028002_2
で、さっそく組み立て。
フィギュアですから部品数は多くはないので、すぐ形になります。
ただ、部品の合いはよくないところもあるので、溶きパテを流して埋めます。
頭部は、塗装のことを考えれば、ここで接着しないほうが塗りやすいかとも思うのですが、首と頭の間で分割されており、塗装後では合わせ目ができてしまって「着ぐるみ」のようになってしまうので、先に接着してしまいました。

Img_8029002
頭部が大きな1パーツなので、左のこめかみに、びっくりするぐらい大きなヒケがあって、陥没しています。 まるで、ケンシロウに秘孔を突かれた悪党みたいです。
箱絵のイメージとは少し違って、白人っぽい感じです。

| | コメント (2)

2013年2月14日 (木)

「初歩のフィギュア塗装講座」開催のご案内

以前からお客様よりご要望の多い、フィギュア塗装講座を下記のとおり開催いたします。
不肖店主が講師役を務めさせていただきますので、高度な内容ではありません。あくまで「とっつき」の部分だけです。店頭の、店主作のフィギュア作品を見て「まずはこれぐらいが目標」と思っていただける方が対象となります。ある程度塗れる方にはまったく物足りないものになりますよ。

日時 : 3月24日(日) 13時から
場所 : 当店工房


お題として、ファインモールド「1/12 ワールドファイターシリーズを使用します。参加ご希望の方は、受講費込み2500円で、お好きなフィギュアをご購入(取り寄せもOK)ください。
どうしてもイヤだという方は、任意のフィギュアをご購入またはご持参ください。その際は、受講費として別途1000円いただきます。

当日は、塗装の最初から始めていては終わりませんので、組み立てと下地塗装(基本彩色)まで済ませておいてください。

それでは参加をお待ちしております。

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

草生郵便局 模型展示会

Cci20130129_00000001
来たる5月1日より、津市の草生(くさわ)郵便局にて、毎年恒例の模型展示会が開催されます。

郵便局と模型とは、まるで接点がないように思いますが、ここの局長さんが大の模型好き兼モデラーさんで、局長権限というか職権乱用で展示会を始めたんだそうです(?)。

私の店も、協賛(というより「共感」でしょうか…)という形で協力させていただきます。また、私個人も、タミヤの1/24ニュービートルを使ったワンメイクモデリングに参加予定です。

昨年の展示会は拝見してきました。大規模ではありませんが、片田舎(失礼)の郵便局で人知れず行われているとは思えないほどの作品数で、なかなか盛況なんだそうです。お近くの方もそうでない方も、ぜひ足をお運びください。

| | コメント (2)

2013年2月10日 (日)

ブログ統合のご案内

今までは、趣味である制作記事は直番ブログ、店舗情報は店ブログと2本立てとしていましたが、なかなかネタがなかったりすると更新が滞ってしまいます。
また、プラモ作りはあくまでも趣味でしたが、プラモ屋を始めた以上そういうわけにもいかなくなりました。そのため、直番ブログに記事をアップしようと思うと、そのためにプラモを作らなければならず、それでは本末転倒です。
そこで、ブログを統合し、店舗情報もこちらにまとめていくことにしました。
タイトルも、個人の「Bluebell」から「Bluebell Hobby」へ変更し、心機一転です。

そんなわけで、これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

入荷案内 <ミリタリー>

サイバーホビーの1/35再販品、入荷しました。

Img_8002001
4号突撃砲中期型




Img_8003001
4号対空戦車ヴィルベルヴィント初期型 ツィンメリットコーティング済み仕様



Img_8000001
4号駆逐戦車ラングL/70(V) ツィンメリットコーティング済み仕様



Img_8001001
VK.45.02(P)H型 試作重戦車
アルミ製砲身付き



Img_7998001
対戦車自走砲 マーダー3 H型 38(t)戦車 E型車台仕様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

入荷案内

Img_7987001
バンダイ
宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス艦セット1



Img_7991001
HGUC ネモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入荷案内

Img_7988001_2
サイバーホビー
1/35 タイガー1初期型
タイガー1初期型のキットはタミヤしかありませんでしたが、これで選択肢が増えました。
新規部品は初期型用のパーツを成型したランナー1枚と車体だけで、大半のパーツはドラゴンの既存製品(極初期型・後期型・白箱初期型等)から寄せ集めていますが、そのおかげで驚異的な低価格に抑えられています。

Img_7990001
1/35 4号駆逐戦車L/70(V)ラング アルミ砲身付き
ライフリングを切ったアルミ砲身付きのスペシャル版です。

Img_7989001
ドラゴン
1/35 マーダー2対戦車自走砲 中期生産型


Img_7985002
ブロンコ
1/35 アメリカ トラッククルー



Img_7986002
リッチモデル
1/35 家畜セット Vol.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »