« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

今年1年を振り返って

GTRが自分としてはうまくでき、気をよくしていたので、年の最後にもうひとつは作って終わりたいと思っていたのですが、ちょうどやってきた寒波のおかげで店内がひどく寒くて(私は寒がりなんです)、とてもプラモなんて作る気になれませんでした。そのため、ブログの更新もすっかり怠けてしまいました。

今年のプラモ作りを振り返りますと、得意のAFVは意外と少なく、代わりにバイクやクルマという光りモノが多かったですね。
また、お城や大型の飛行機モデルなど、今まで手掛けたことのなかったプラモを作る機会があり、たいへん興味深かったです。まあ、どれも大した出来ではありませんが。

今年はガンプラからのスタートとなりましたが、来年もそうなりそうです。それに、やっぱりクルマ(ツヤあり)も、せめて一つは作ってみたいです。

読者の皆様には、今年も1年間、相変わらず進歩のない、拙い模型制作記にお付き合いくださり、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。それではよいお年をお迎えくださいますよう。

| | コメント (4)

2012年12月27日 (木)

入荷案内 <ガイアノーツ>

Img_7884001_3
ガイノーツ
UVジェルクリア
付属のLEDライトで40秒で硬化する透明樹脂です。
小さいクリアパーツを自作したり、メーターのガラス表現に使ったりと、アイディア次第で様々に使えるスグレモノ。
こちらも人気商品です。お早めに。


Img_7898001
メタリックマスター溶剤
金属粒子を均一に分散し、より輝度を高める効果を持った溶剤です。
エアブラシでの使用のほか、リターダー効果もあるので筆塗りにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

入荷案内 

Img_7889001
先日紹介し忘れました。
NCデカール ピンク
レッドよりコントラストが弱いので、意外に下地を選ばず使える色かと思います。


Img_7896001
スジボリ用ガイドテープ3mm幅
新しくなって再入荷です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入荷案内 <ハイキューパーツの簡単LED>

最近流行りのLEDを使った電飾工作に挑戦したいけど、ハンダ付けがいるし、なんだか難しそうで敷居が高い…そう感じているモデラーさんに、コネクターで繋ぐだけで簡単に配線できるLED電飾用の部品を取り揃えてみました。
電子部品屋さんへ行って買ってくるより割高ではありますが、とりあえず一度簡単な電飾に挑戦したい方にはピッタリかと思います。
Img_7890001
(左)超小型白色LED

(右)調光ユニット
簡単に光量を可変調節できる部品です。明るく光らせたくないときに。

Img_7891001






Img_7892001
(左)3分岐ハーネス
電源を、3個までのLEDに分配します。
(右)スイッチ付き小型電池ケース
電源となる、小型のボタン型電池ケースです。


Img_7893001




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

年末の営業のご案内

年内は、当初29日までとしておりましたが、30日が日曜日ですので、正月前の最後の駆け込みもあろうかと思い、30日まで営業させていただきます。ご利用をお待ちしております。

新年は、1月6日を仕事始めとさせていただく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入荷案内 <ハイキューパーツ>

Img_7882001_2   
ペインティングクリップ
材料を買ってきて自作できないモノでもありませんが、 材料費と手間を考えたら安いと思います。
店主も使っていますが、手放せません。人気商品です。








Img_7883001_2
ピンバイス
4.2ミリのドリル刃まで、チャック交換なしに使えるピンバイスです。
4.2ミリなんて刃を使うことはまずないでしょうけど、それよりよく使う範囲の刃をカンタンに交換できるメリットのほうが大きいと感じます。
店主は今これしか使っていません。
長らく売り切れていましたが、ようやく再入荷しました。



Img_7888001_2 
マイクロスコヤ
模型作りの直角出しに便利なサイズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

入荷案内

Img_7875001
タミヤ
1/12 NSR500 '84
フジミが先鞭をつけた80年代レーサーですが、ハセガワがYZRで追随したかと思ったらタミヤまで…。どうしたことでしょうかね?
完全にオジサン狙いかと思いますが、実車のバイクもそうですが新規の若者を取り込まないと、明日はありませんよ。
ただ、キットのほうは、カウルの縁の処理は薄々攻撃バレバレですが、薄さ表現はバッチリです。
また、各モールドのエッジのシャープさは素晴らしく、作ってみたくなります。

Img_7878001
1/35 M1A2 SEP TUSK2
最近はタミヤも5000円の大台に乗ったキットが増えましたが、前に出た4800円の某キットに比べ、200円増でもパーツ数は大幅に増え、ボリューム感満点でお買い得感があります。

Img_7877001
1/35 M109A2パラディン
イタレリの車両キットに、タミヤの(たぶん)ブラッドレーのアクセサリーとフィギュアが同梱された商品です。

Img_7876001
ドラゴン
1/35 セクストン2



Img_7879001
ファインモールド
1/35 陸自73式トラック(無反動砲搭載)



Img_7880001
1/35 帝国陸軍 行軍セット
数少ない日本軍兵のフィギュアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

入荷案内 <ガンプラ>

Img_7859001
バンダイ
HGUC ガンダム・デルタカイ



Img_7874001






Img_7863001
HGUC「ファーストシリーズ」いろいろ。
シャア専用ゲルググ



Img_7864001
量産型ザク




Img_7866001
ジオング




Img_7867001
ガンダム
やっぱり人気があります。再入荷です。



Img_7868001
ガンキャノン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

入荷案内

Img_7861001
フジミ
1/24 フェラーリF12ベルリネッタ



Img_7862001
ミニアート
1/35 ドイツ戦車兵 アフリカコープ



Img_7871001
クレオス
GXクリアシリーズ
あえて全色は取り揃えておりません。他にはない色だけ入れてみました。

Img_7869001
タミヤ
1/24 ニュービートル
ワンメイクモデリングにエントリーされた皆さん、入荷しましたよ~。期間は約半年あります。頑張って、個性あふれる作品に仕上げてください! 店主も作戦中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

入荷案内

Img_7837001 バンダイ
MG νガンダム Ver.Ka
箱絵がめっちゃカッコイイです。手のパーツがスゴイことになってますね。




Img_7840001
ミラーモデル
1/35 CMP シボレーC15TA装甲車



Img_7842001
組み立て説明図はCD-ROMだそうです。パソコン持ってない人はどうすればいいんでしょうか?
レジンパーツ同梱です。



Img_7843001
1/35 CMP シボレーC15Aトラック




Img_7844001






Img_7838001
タミヤ
1/20 レッドブル・ルノーRB6
「デカールだけ欲しい」というかたは、アフターで単品販売されませんのでご注意を。


Img_7847001
1/35 マチルダMk.3/4





Img_7848001
1/35 チャーチルMk.7




Img_7846001
スプレーワーク ペイティングスタンド
タミヤの他のツール同様、隠れた逸品です。なぜもっと宣伝しないのでしょうか? たいへん便利です。


Img_7845001
アオシマ
1/24 ニッサンGT-R(R35)エゴイスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R34) Vスペック2 その14 <ちょっと修正>

先日、私のお店のお客様と模型持ち込みの忘年会をしたのですが、その席で、同じR34のGTRが2台揃いました。

Img_7818001
クルマは同じですが、プラモのメーカーが違います。
奥の白いのがタミヤで、手前のゴールドの作品がアオシマです。

2台並べて見比べると、実は違い(間違いという意味ではありません)が結構あってビックリしました。
アオシマのほうが、全体のフォルムやエッジがシャープで、カチッとしつつも伸びやかな印象です。
対してタミヤは、プレスラインに丸みがあって、前後のオーバーフェンダーの張り出しが大きく、幅広でボリューム感を強調している感じがします。
どちらも筋肉質なのですが、例えるならアオシマはアスリート体型、タミヤはボディービルダー体型という感じでしょうか。
ルーフの長さは明らかに違っていて、タミヤよりアオシマのほうが数ミリも長いです。ピラーの傾きやドア上端のラインも違うので、サイドガラスの全体の形状が異なっています。
プラモデルは、スケールモデルでも必ずデフォルメが施されていると聞きます。メーカーによって、解釈がこんなに違うんですね。たいへん興味深かったです。

ところで、この2作品では眼(ヘッドライト)の雰囲気が何か違いますよね? よく見ると、ライトのハウジング内が、私のはボディ色なのに対し、お客様のはブラック塗装してあるんですよ。
「いや、こんなところにブラックの塗装指示はなかったはず」と思いましたが、たしかにブラックのほうが正しい気がします。それに何より、こっちのほうがカッコイイですよね。

で、会が終わって帰ってから箱絵を確認したら、やっぱり黒くなっています。う~ん、今さら気付いても、もうレンズ接着しちゃったしな~…。
でも、気付いてしまったら気になって仕方がありません。
そこで、失敗も覚悟で、レンズパーツをデザインナイフで剥がしにかかりました。シリコン系接着剤を使ったことが幸いし、無事剥がすことに成功。内側をタミヤエナメルのX18で塗装し、改めて接着し直しました。

Img_7856001
明らかに精悍な顔つきに。よかった、よかった。




Img_7855002
精悍というより、GTRらしい凶悪な雰囲気になりました。悪いほうの魔人ブウみたい?

| | コメント (0)

ブルーベルホビー忘年会2012 報告

昨夜は、弊店主催の初めてのオフ会である「ブルーベル忘年会」でした。

お客様から、すぐ近くの料理屋さんをご紹介いただき、各自模型作品を持ち込んで、半分展示会のような飲み会となりました。

Img_7816001
集まった作品です。初お目見えのものからすでに見たことのあるものまで、上手い具合にノンジャンルで集まりました。
料理がまったくありませんね? そう、模型を並べるためにわざわざテーブルを空けてくださったんですね。なんとご理解のある、ありがたいお店でしょうか!

Img_7819001
1/24のR34のGTRは、私のタミヤとお客様のアオシマの競作となりました。
同じクルマのキットでも、メーカーが違うとこうも味付けが違うものかと思うほどプロポーションに差があり、一同感心しきりでした。ルーフの長さやピラーの傾きなんて、明らかに違いますからね。
タミヤは各部のエッジが丸く、また前後フェンダーの張り出しも大きくてボリューム感を強調した感じで、幅広のマッチョに見えます。対してアオシマはプレスラインがシャープな印象で、個人的にはアオシマのほうが実車らしいように感じました。

後ろのミウラも同じお客様の作品ですが、GTRは旧作ミウラは新作で、この間での上達ぶりがハッキリ見てとれる上質な作品です。(ご本人は謙遜しておられますが)。

Img_7820002
1/72の戦闘機。飛行機に疎すぎる店主は、なんという飛行機か知りません(聞くのを忘れていました)。
たいへん小さい、可愛らしい作品でした。
ていねいな迷彩塗装です。


Img_7825001
1/144 HGUC シナンジュ。私がもっとも作ってみたいガンプラのひとつです。
ツヤ消し仕上げなんですが、実はパール塗装という、凝った塗装が施されています。


Img_7831001
1/100 MG グフ・カスタム。





Img_7836001
塗料の研究に余念のない作者さんの作品だけあって、ガトリングガンの銃身のメタリック仕上げが見事。ちょっと見たことのない質感でした。



Img_7828001
1/35 UC.HG ホバートラック。
UCハードグラフのキットは、ミリタリーモデラーには「ガンプラ」という偏見があり、またガンプラモデラーには塗装が必須という敷居の高さから、あまり作品を見る機会がありませんでしたが、こうして完成品を見せてもらうとなかなかおもしろいキットです。
Img_7833001
ちょっとスケール的には大味で、あちこちの造作がいちいちデカイので、1/25ぐらいに感じてしまいます。作品は、実にセンス良く現用車両風の塗装とウェザリングでまとめられていて、自分も作ってみたくなりました。

模型ばかり見ていると飲み会そっちのけで、食事がまったく始まりそうにありませんでしたが、料理もたいへんおいしくいただきました。

話の中で、今後のイベント案がいくつか出ました。以前から考えてはいたものの実現できていなかったものについては賛同が得られてありがたかったです。
とりあえず、時期は未定ですがフィギュア塗装講座は開催決定です。講師役は、ホントはフィギュアの達人にお願するつもりだったのですが、なぜか私でいいということになってしまいました。お題や時期が固まりましたら、追ってお知らせいたします。

それから、タミヤの1/24ニュービートルのワンメイクモデリングも決定です。これは弊店主催ではないのですが、来年5月までに作って某展示会に出品します。出品条件はただひとつ、弊店でキットをお買い上げくださること(すでにキットをお持ちの場合を除きます)です。エントリーされた方々、もう商品は手配してしまいましたよ! 酔った勢いだったから覚えていない…というのは無しでお願いします。

こうして、たいへん楽しい夜は更けてゆき、4時間ほどでお開きに。ぜひまたこういう場を持ちたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

ブルーベルホビー忘年会2012

この1年間のご愛顧に感謝して、忘年会を下記のとおり企画しました。
お店に人数の予約を入れるため、参加ご希望の方は、事前に店主までお知らせいただくか、コメントを入れてください。ゴメンナサイ。いったん締め切らせていただきました。ただ、急きょ参加ご希望の場合は、なるべくお早めにお知らせください。

日時 : 12月15日(土) 17時より
ところ : キッチンかどき(弊店から西へ100m)
集合場所 : クルマのかたは現地集合してください(「飲むなら乗るな」ですよ!くれぐれもお願いします)。お店の場所が分からない場合は、先着2台までブルーベルホビーに停めていただけます。
徒歩や自転車のかたは、ブルーベルホビーへご参集いただいても結構です。                                          

なんと、マスターさんの計らいにより、模型作品持ち込みです! 模型を肴に語りましょう。

(お願い)
この忘年会は、あくまでもお客様どうしの親交を深めていただくための会ですので、弊店をこれまでにお買い物でご利用になったことのない方およびこれからもそのご予定のない方の参加はご遠慮ください。(丸之内モデラーズカンパニーの集まりではありませんので、ご了承ください。)
ただし、知り合いのモデラーさんを連れてきていただくのは大歓迎です。

12/11現在8名様(店主除く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

タミヤ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R34) Vスペック2 その13 <完成>

サイドミラーは、ミラー面にお約束のミラーフィニッシュを貼りつけ、窓に接着します。接着には、無色透明のシリコーン系接着剤を使ってみました。
この接着剤は、無溶剤タイプなのでプラや塗装面を侵しません。そのため、万一ハミ出しても、硬化後にピンセットでつまんで引き剥がせるので便利です。ただし、接着力自体はしっかりありますが。

Img_7744002
ヘッドランプの接着も同様です。





Img_7741001_2
仕上げに、グレイでパネルラインにスミ入れします。




Img_7760001
最後にナンバープレートを取り付け、完成です。
ナンバープレートには、黒地にGTRのロゴのデカールを貼るようになっているのですが、ホイールやスポイラーのリップが黒でかぶってしまうので、クレオスのメタルカラー・アルミで塗装して磨き、アルミ板風にしてみました。以前作ったドゥカティ916のときと同じです。

Img_7808001 
缶スプレーで塗装しましたが、十分ピカピカで満足です。




Img_7793001
ただ、白だからかちょっとオモチャっぽい感じにはなるので、なにか一工夫するといいのかもしれないなあなどと思っています。



Img_7791001






Img_7782002






Img_7785001
次のカーモデルは、反対に黒塗りのセダンでも作ってみたいです。実車の塗装でも黒は難しいらしいのですが。

| | コメント (2)

入荷案内 <情景素材>

売り切れておりました、ターナーの水面表現用素材「グレインペイント・アクア」が入荷しました。
人気の高い、海面表現に適した青色系クリアを取り揃えました。各色420円です。
どれも乳白色をしていますが、乾くと透明色になります。

Img_7812001
ブルーダーク
ブルーライト




Img_7813001
ブルーディープ
クリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

タミヤ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R34) Vスペック2 その12

Img_7731001
いよいよボディを被せました。これでようやく形になりましたね。
パールホワイトのボディカラーに黒のホイール、なかなかカッコイイじゃないですか! 満足です。
ウィンドウのパーツは、ほとんど隙間なくピッタリと収まります。このあたりは、さすがタミヤというべきでしょうか。

Img_7734001
バンパー左右のフォグランプ(かな?)は、やはりミラーフィニッシュで裏打ちして接着。ランプ反射板の質感再現は、これが一番だと思っています。


Img_7735001
バックランプとリアフォグも同様です。
それにしても、 光が当たれば結構パールらしく輝きますね。

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

タミヤ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R34) Vスペック2 その11

Img_7719001
リアのコンビネーションランプも最後の難関です。小さいほうのランプの中をオレンジで塗り分けないければいけませんが、なにせクリアパーツなので、一瞬「一体どうしろと?」と悩んでしまいました。
結局、まずはオレンジのところをマスキング液でマスクして、クリアレッドをエアブラシで塗装しました。クリアカラーは塗りムラが出やすいので、エアブラシはまさにうってつけの道具です。
マスクを剥がすとこのとおり、真ん中だけキレイに残りました。

Img_7720001
この中をクリアオレンジで筆塗り。
ところが、周りの赤に引っ張られるように全然オレンジに見えません。
そこで、オレンジを溶剤で落として、クリアイエローで塗り直しました。

Img_7724001
裏側のメッキパーツに合わせると、クリアイエローで塗ったとは思えないほど普通にオレンジに見えますよね。



Img_7726001
ハイマウントランプ(かな?)は、デカールを貼って再現するようになっていますが、さすがにそれでは物足りないので、ミラーフィニッシュを貼った上からエナメルのクリアーレッドを盛るように塗りました。多少はみ出ましたが、乾いた後コンパウンドで削り落しました。

これで終盤の難所を越えました。完成までもう少しですね。

| | コメント (4)

2012年12月 4日 (火)

タミヤ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R34) Vスペック2 その10

作業場所が家から店に移って、ニオイを気にする必要はなくなったものの、冬になると寒くて仕方ありません。おかげで、作業の進捗が遅れ気味です。

Img_7712001
窓枠は、タミヤエナメルのX18で筆塗りです。AFVと違い、上からさらに塗料を浴びせかけることをしないので、筆塗りのしやすいエナメル塗料の出番は多いですが、塗膜はたいへん弱く、触るとすぐ剥がれてしまうのは要注意ですね。
ボディ前のスポイラーのリップを黒で塗り分けます。せっかくここまで上手く来ているので、ここで失敗すると台無しです。たいへん緊張する作業となりました。
テープとマスキング液で念入りにマスキングしてエアブラシで塗装しました。

Img_7717001
下地がツルツルなので塗料の食い付きが悪く、マスクを剥がすときに塗膜もいくらか持っていかれました。それに、マスキングに少しすき間があり、吹き漏らしも出てしまいました。
とはいえ、溶剤で拭くわけにもいきませんので、爪楊枝で軽くこすり落とし、コンパウンドで削り落としました。

また、白との境目が少し甘かったので、筆塗りでキッチリとタッチアップしておきました。

| | コメント (0)

2012年12月 1日 (土)

今月の営業のご案内

今月から、営業時間は15時~21時となります。
また、第2、4日曜を10時開店としました。
詳しくは下記カレンダーをご参照ください(随時更新していますので、ご確認ください)

12月の営業予定
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

9日
23日は、10時より営業いたします。
15日はブルーベル忘年会のため、17時までの営業となります。
16日はイベント参加のため、17時頃からの営業となります。
赤字の日はお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むしろ実用品かも

Img_7696002
タミヤ
タミヤセメント(ABS用)

ABS樹脂は、PS樹脂に比べて弾性があり衝撃に強い特長があります。
プラモデルでは、折れやすい艦船キットのマストやガンプラのフレームなどに使われていますが、家電や日用品にも多く使われているので、このABS用接着剤は、実は家庭用としてもたいへん役立ちます。

ABS用接着剤と言えばセメダイン製を思い浮かべますが、これは瞬間接着剤やエポキシ接着剤のように、接着力だけでくっつけるタイプみたいです。
これに対し、タミヤ製は、プラ用接着剤みたいに溶着するようで、たいへん強力な接着力があります。店主は、割れた洗濯機のフタを直すのに使いましたが、セメダイン製では十分接着できなかったところが見事にガッチリくっつきました。実にオススメです!

最近のタミヤ製品には、こういったツールやマテリアルに隠れた逸品がありますね。もっと宣伝してもいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »