« 入荷案内 | トップページ | タミヤ エレファント その4 <ツィンメリット・コーティング> »

2012年8月12日 (日)

タミヤ エレファント その3 <ツィンメリット・コーティング>

それではコーティング開始です。
Img_6726001
前から取りかかりましたが、いきなり最難関の場所です。とにかくジャマなものが多すぎますね。
シャックルの取り付け基部(A7部品)を先に付けてしまったのは失敗でした。これはパテを貼った後に取り付けることを強くお勧めします。
尖頭ボルトの周りを絞るような刻みを付けるのは、カステンのローラーでやるにはRが小さすぎて無理がありました。マイナスドライバーかなにかでやったほうがよさそうです。(パテを貼ったところでお客様がご来店になってしまい、接客中にパテが固まってしまったので一度やり直しました…。)

組み立てやすさを優先するというのなら、コーティングをしなければならないと分かっているキットなのですから、ただ部品数を減らして組みやすくするより、コーティングがしやすくなるよう考えて設計してほしかったです。これでは、従来の他社品と何も変わりません。
素人考えで恐縮ですが、例えば尖頭ボルトを別部品にしておけば、部品数は増えますがコーティングは格段にラクになり、トータルでは作りやすくなるのではないかと思います。
今になって、しかもコーティングのモールドのないエレファントをこの高価格でキット化するなら、それぐらい今までにないエポックメイキングなものを目指してくれてもいいと思います。

Img_6729001
後部です。
ここのシャックル基部もジャマなだけでした。
後から付く部品のダボ穴を、忘れず復元しておきましょう。


Img_6731001
変則パターンが特徴的な左側面。模型的にも面白いですね。




Img_6732001
右側は普通のパターンです。





Img_6733001
斜め前。
ここも丸く縁取るようにパターンを刻みます。

コーティングするところはまだありますが、これでひとまず1日置き、ここまでのパテを硬化させてから戦闘室のコーティングに進もうと思います。

|

« 入荷案内 | トップページ | タミヤ エレファント その4 <ツィンメリット・コーティング> »

タミヤ エレファント」カテゴリの記事

ツィンメリット・コーティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | タミヤ エレファント その4 <ツィンメリット・コーティング> »