« 果たしてコレは愛情の証なのか… | トップページ | AKインタラクティブ製品のデモ作品 »

2012年6月14日 (木)

『i-modellers』7号に寄稿しています

ウェブマガジン『i-modellers』第7号に、拙作記事を寄せております。まだ制作を始めたばかりで、記事も制作についてはまだ触れていませんが、よろしければご覧ください。

今回は、タミヤのパンサーG初期型を制作することになりました。この頃のパンサーはツィンメリットコーティングがまだ施されていましたので、当然そちらの再現も行っていきます。とはいえ、相変わらず「スケールモデラー」ではなく、あくまで「プラモデラー」としての記事ですけど。
また、先のタイガー1型の記事同様に動画による実演もいたします。せっかくのウェブマガジンですから、紙媒体との違いを出さないと面白くないですからね。その最たるものが「静止画(写真)か動画か」の違いだと思っています。
コーティングに限らず、ちょっとしたことだけど写真と文章では伝わりにくいような作業も動画にできればいいかなと思っています。

それでは、今回もよろしくお願いします。

|

« 果たしてコレは愛情の証なのか… | トップページ | AKインタラクティブ製品のデモ作品 »

i-modellers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 果たしてコレは愛情の証なのか… | トップページ | AKインタラクティブ製品のデモ作品 »