« 入荷案内 | トップページ | ダンボール戦機を作ってみる その1 »

2012年5月13日 (日)

タミヤ M4A3E2ジャンボ ~ヘアースプレー技法に挑戦~ その1

ここのところガンプラ、クルマ系、飛行機と、AFV模型制作からすっかり遠ざかっています。一体どれぐらいAFVを作っていないのだろうとブログを遡ってみると、なんと昨年8月の『i-modellers』記事用の情景を作ったのが直近です。

それが、先日AKインタラクティブのミゲル・ヒメネスのハウツーDVDを見て、一気に「AFV作りたい病」が発症してしまいました。
このDVDは、とにかく塗装法に徹した内容で、工作には全く触れていません。内容的には私に言わせればハウツーものというより「マジックの種明かし」に近い内容で、様々なテクニックが非常に明快に解説されています。日本語は一切出てきませんが、画像だけでも十分な情報量で、たいへん有意義です。
この中で登場する、ヘアースプレーを使った塗装剥がし、いわゆる「ヘアースプレー技法」を試してみようと思います。

私は、模型に模型用でもなく画材でもない「化粧品」を振りかけることへの抵抗感もあって、今までやってみようとは思いませんでした。また、効果もちょっと大げさすぎるような気がしていて、この技法には懐疑的でした。
でも、このDVDを見て、あまりに鮮やかな手技に魅せられ、急に興味が湧いてきたのです。

とりあえず練習というか実験ですので、高価なキットで試す余裕はありません。そこで、頂き物のキットに実験台になってもらうことにしました。タミヤのM4A3シャーマンです。これに白の冬季迷彩を施し、ヘアーースプレー技法でその剥がれを再現してみようと思います。

Img_5931001
ということで、組み立てはもう手抜きもいいとこで、パーティングラインどころかゲート痕の処理すらしていません。ひたすらニッパーと接着剤だけでどんどん組み立てます。とにかく目的はヘアースプレーを使った塗装ですから、まったく気にしません。
さすがに作りやすいタミヤ製品。おまけに古い製品なので部品点数も少なく、TV映画を見ながら3時間足らずで完成。ガンプラのHGUCを作るより簡単かもしれません。ストレスなく組み上がってくれるおかげで、目的がぶれずに済みます。

|

« 入荷案内 | トップページ | ダンボール戦機を作ってみる その1 »

タミヤ M4A3E2ジャンボ」カテゴリの記事

ヘアースプレー技法」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
よくぞチャレンジを決意してくれました~(パチパチ)
私も興味あるモノの敢えて知らん顔していました。
詳しいレポート期待してますよ!

投稿: コウ | 2012年5月13日 (日) 08時29分

コウさん、こんにちは。
今まで写真でしか見たことがなかったので、ちょっと食わず嫌い状態でしたが、動画の説得力は偉大です。
冬季迷彩自体も初めてですので、まあどんなふうになるか、ものは試しということで…。

投稿: Bluebell | 2012年5月13日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | ダンボール戦機を作ってみる その1 »