« タミヤ M4A3E2ジャンボ その4 <冬季迷彩剥がし> | トップページ | タミヤ M4A3E2ジャンボ その5 <再度、冬季迷彩剥がし> »

2012年5月16日 (水)

ダンボール戦機を作ってみる その3

それでは、早速制作開始。
Img_1540001
塗装しながら組み立てます。
色は成型色に準じた色で、ただメタリック感のある仕上げにしたいので、白っぽいところはガイアのスターブライトジュラルンミン、黒いところはクレオスのメタルブラックにしてみました。中間のグレイっぽいところだけはいい色が思い浮かばず、ソリッドのミッドナイトブルーにしました。今のところすべて筆塗りです。
とはいうものの、部品も少なく、あまりにも作りやすくできているので、あっという間に頭部ができました。

Img_1541001
ここで、塗装法を替えました。大きい部品が出てきたので筆塗りではメタリック色が塗りにくいのと、よく考えたら成型色で色ごとに分けられているわけですから、ランナーに部品が付いた状態でスプレー塗装すればいいということに気付きました。
そう言えば昔はみんなこうやって塗装してましたね。
今回はシルバーにビン塗料を使ってしまっていたので仕方なくエアブラシを使いましたが、この方法なら缶スプレーを使えば同様に塗装できます。

塗料が乾きの早いラッカーのおかげもあって、どんどん進みます。こうして一気に胴体も完成です。
背中の背骨のような模様はシールでも再現されないようで、ここだけは時間をかけて慎重に彩色しました。


|

« タミヤ M4A3E2ジャンボ その4 <冬季迷彩剥がし> | トップページ | タミヤ M4A3E2ジャンボ その5 <再度、冬季迷彩剥がし> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンボール戦機を作ってみる その3:

« タミヤ M4A3E2ジャンボ その4 <冬季迷彩剥がし> | トップページ | タミヤ M4A3E2ジャンボ その5 <再度、冬季迷彩剥がし> »