« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その9 <塗り直し中>

失意の中、気力を振り絞って塗り直しをしております…。
先は自分でもなにかオカシイと思う順序で塗ってましたので、今回はルーフからピラー、ボディと塗っていくことにします。

現在ピラーまで塗り終わり、マスキングをするため乾燥中です。

| | コメント (6)

商品案内 <トレカット、トレカード>

先日タミヤのドゥカティを制作したときに、あるツールの検証をしていました。
これがなかなか使いやすくて、他に似たものがないということで商材として導入してみました。

Img_1406002
コバックス
トレカット(フィルム研磨剤) 
800番(黄)、1500番(ピンク)、3000番(黒)

専用樹脂製台紙 トレカード(半透明)

本来の用途は、実車の自補修でブツ取りに使うものです。研磨用クロスのように柔らかすぎず適度な張りがあるので、点ではなく面で研ぐことができます。また、丸めたときに紙のように折れ曲がらないので、逆Rの部分を磨く際にもやりやすいです。
空研ぎ用ですので水研ぎのように乾かす必要がなく、すぐに研磨の状態が確かめられます。

裏面は糊面になっており、専用の樹脂製台紙「トレカード」に貼り付けて使います。このトレカードとのコンビが使いやすく、角を研ぎすぎて下地が出てしまったり、面ではなく逆に点で研ぎたいときにも便利です。
模型ならではの使い方として、小さく切って直接指に貼って使うのもいいと感じました。

トレカードは、カードというわりには薄くしなやかで屈曲性が高い反面、スポンジのような弾力はないのが特徴です。

販売価格は、トレカットはよりどり3枚で税込263(単品では税込105円)、またトレカードは税込525円/1枚です。
ぜひお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その8 <いい湯…なわけがない>

塗装が乾き、クリアがけをしました。
戻りムラが出ないように最初はドライ気味に薄く塗り、いきなりのウェットコートは避けます。順調に3回ほど塗り重ね、最後にウェットに仕上げてさあ終了!…のはずが、なんとここまで来て持ち手ごと転倒!! ペンキ塗りたて状態のボディーには見るも無残にホコリがベッタリと!! マジで泣きました。己の愚かさを嘆きました。ですから写真なんかありません。

しかし、やってしまったもんはしょうがないので、まずは落ち着いてとにかく乾かすことに。リカバリーを考えるのはそれからです。
とはいうもののダメージは(塗面もココロも)結構深刻で、正直言って修正するよりパーツ請求して塗り直したほうが早そうです。
ところが、よく考えたらボディーパーツだけでは済まないんですね。ルーフスポイラーが別部品でして、パーツ請求するならこの部品を含んだランナーも必要です(それもこの部品だけのために)。あまりのショックに気を失いそうにになりましたよ。金額的にも結構かかってしまいます。
そこで、とにかく修正する方向に気持ちを固め、乾くのを待ちます。

ここで、「AFV作りたい病」が悪さをするのです。
「完成品見本なんかにいつまでも時間かけられるか! 早いとこ仕上げて次のを作りたい」という思いから、つい待ち切れずに修正を始めてしまいました。
ホコリをペーパーで取り除き、荒れた面をならします。そして、傷のひどい所はボディー色の塗料を筆でタッチアップして最後にエアブラシで軽く吹いて終了…のはずでした。

ところが、修正を急いでまだ十分にシンナーが飛んでいない塗面に塗料を吹いたため「戻り」が発生。さらに塗面が荒れてしまいました。おまけにルーフに指紋まで付いてしまい、もう泣きっ面に蜂とはこの事です。

結局ここで修正はギブアップ。そうかと言ってパーツ請求なんてしてられません。そうなると選択肢はひとつだけ。哀れなボディーさんには「シンナー風呂」に浸かってもらいました…。深い深いタメ息が店内に空しく響きます…。

| | コメント (0)

入荷案内

Img_1362002
フジミ
エヴァRT 初号機 ZX-10R 2011 4,200円




Img_1363002
エヴァRT 弐号機 ZX-10R 2011 4,200円
こちらはスポット品です。




Img_1364002
アオシマ
NSR250R '88 3,024円
青のストライプと選択可能です。



Img_1365002
EBRRO
ロータス72C(1970) 4,872円




Img_1368002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その7 <ボディー塗装>

Img_1357001
ルーフはホワイトにして、爽やかな感じにしたいと思います。




Img_1405001
乾燥後、マスキングしてピラーを黒で塗装します。
塗料がクレオスだったりガイアだったりするのには意味はありません。手持ちの塗料を使っているだけですよ。

これで色分けは終了です。マスキングを剥がして吹きこぼれ等を修正したら、クリアがけに備えてよく乾かします。

この後、ミグのDVDを見て感化され、「AFV作りたい病」を突如として発症。
ところが、そのせいでとんでもない悲劇に襲われることに…。

| | コメント (0)

入荷案内

Img_1359002
アカデミー
1/35 ヘッツァー後期型 2,520円

迷彩パターン切り抜き済みのマスキングシートが入っています。

Img_1361002
1/72 B-17G 15th Air Force 2,520円





Img_1360002
サイバーホビー
1/72 九九式艦上爆撃機 2352円




Img_1369002
バンダイ
HGUC140 ネモ(ユニコーンVer) 1,260円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

AKインタラクティブ商品の取り扱いを再開します

ワケあって(いや、ホントはまったくワケがわからないまま)取り扱いが出来なくなっていました「AKインタラクティブ」商品につきまして、なんとか再開のメドが立ちました。いやいや、ホントに苦労しましたよ…。

Img_1399001
いつの間にか豊富になった商品群の中から、とりあえず各種ウォッシュ液とピグメントが入荷しました。
ウォッシュ液は、一度店主も試してみて、MIGプロダクションズの元祖ウォッシュシリーズと比較してみたいと思っています。MIGプロダクションズの商品は、色味はたいへんよくできていたのですが顔料が分散が悪くて沈澱しやすく、かき混ぜても混ざらないという難点がありました。

ピグメントは、MIG製品に取って代わるものとは思っていません。それほどMIGピグメントは優秀な製品です。
ただ、AKのほうが若干安いので、たくさん使いたい色についてはこちらも選択肢に入ってくるでしょう。

ハウツーもののDVDも2種類入荷しています。
こちらは、ミゲル・ヒメネス氏自身が各種技法を丁寧に実演して見せてくれる、素晴らしいDVDです。音声・字幕ともに日本語はありませんが、映像を見ているだけでも意図は分かると思います。AFVモデラーなら必見です。店主もこれで目からウロコがボロボロ落ちましたよ。
ただし、記録方式がヨーロッパのPAL方式ですので、日本国内用のNTSC方式のDVDプレイヤーでは規格が違うため再生できません。くれぐれもご注意ください。
パソコンのDVD再生機能や、海外製の、廉価なポータブルタイプのプレイヤー等で再生可能です。お買い求めをご検討の方は、あらかじめお持ちの機器をよくお確かめの上でのご購入をお願いいたします。

それから、ヴァレホの水性アクリルの透明タイプのウォッシュも入れてみました。これは使ってみるのが楽しみです。おそらくヒストリカルやウォーハンマー系のフィギュアペインターの方ならご存知かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その6 <ボディー塗装>

ボディーの塗装色指示は、キットではホワイト1色のみ。パッケージの作例写真にはレッドに塗装した物も。でも、実車ではそんなに少ないはずはありません。
ネットでカタログを見てみましたが、正直パソコン画面では(色味にしてもウェブ構成にしても)見にくいので、わざわざディーラーへ行ってカタログをもらって来ました。
ハセガワってどこかユーザーに冷たいというか、「キットにするところまではしてあげたから、あとはモデラー側で工夫してやってね」と突き放すようなところがありますね。「キットは完ぺきなわけなんかないんだから、至らないところを解決するのも模型作りです」と押し付けるような雰囲気がどの製品にも感じられるのが気に入りません。

結局カタログを見たら、予想通りやっぱりカラフル。ただ、どの色も微妙な色あいで調色は簡単そうではありません。かといって白ではつまらんし赤はつい先日バイクに塗ったところだし。そこで、調色済みのカーモデル色が揃う缶スプレーカラーの中から、近そうな色を探しました。

Img_1338001_2
ビン塗料でエアブラシ塗装もよいのですが、やはり手軽さと広い面のベタ塗りには缶スプレー。今回は「トゥルーブルー」という色に合わせてタミヤのTS54をチョイス。実車よりちょっと青みが足りませんが、まあよしとします。

メタリックカラーは色ムラが出やすいので注意が必要です。吹き付け2回目までは捨て塗りのつもりで薄く吹きます(ムラになっても気にしない)。3回目あたりから色を乗せるぐらいの気持ちで吹きます。そして、5回目くらいでムラをとって全体の色を均一にしていきます。
ただし、メタリック色は近くからじっとり濡れるように吹くとメタリック粒子が動いて吹きムラになってしまうので、気持ち遠目からややドライ気味に塗ります。そのためツヤはあまり出ませんが、あとからクリヤーをかけてツヤを出します。

| | コメント (0)

これもバッティングですか?

MENG MODELから鳴り物入りで発売予定のメルカバMk.3Dですが、どうやらホビーボスからも出るようです。ただしめっちゃ高いけど。
みんな好きなんですねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

臨時休業のお知らせ

4月30日(月)は祝日ですが、 棚替えのため臨時休業させていただきます。
ご不便をおかけいたして申し訳ありませんが、どうかご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その5 <ボディー塗装>

次の工程に進む前に、ここでボディー部品を塗装します。

Img_1323001
ボディー部品は白で成型されています。光が透けるととってもオモチャっぽくなってしまうだろうと、ガイアの銀サフで裏打ち塗装することにしました。

この銀サフは遮光性に優れているので、カーモデルや飛行機モデルの透け防止にはもってこいです。サフですから本来表に塗装するのですが、せっかく白の成型色ですし遮光が目的ですので裏から塗りました。
写真下半分が塗装済みです。違いは一目瞭然ですね。

Img_1332001
表は軽く足付け研磨だけしてサフは吹きません。
車体色から塗ることにして、余分なところに塗料がつかないようにマスキングしておくことにしました。
60ミリ幅のマスキングテープは、こういう広い面積も一度に覆うことができて便利です。

でも後で気付いたんですが、塗る順序が何だか不効率だったような気がします。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その4 <シャシー完成>

Img_1299001
シャシーの組み立てが終わりました。
説明図には、「1、2、3…の順に」と書いてありますが、あまり気にしなくてもよいようです。(むしろ、いろんな数字が図中にあふれているので煩雑でしょうがないです。)
特にフロントのストラットはステアが切れるよう接着しないので、次の工程のサブフレームで挟みこむ時に取り付ければOKです。

マフラーや排気管は、指定色どおりに塗装しました。

Img_1292001
ホイールを塗装してから気付きましたが、中心のカラーが別部品(9)になっています。一体で成型できるのに、何の意味が…?

| | コメント (0)

入荷案内 <再入荷>

(再入荷)

Img_1279001
フジミ
パンテーラ 3,192円




Img_1280001
バンダイ
ダンボール戦機
018 LBX アキレスディード 840円

024 LBXトリトーンも新入荷したのですが、アップする間もなく売り切れてしまいました。

HGUC 137 ザク1スナイパータイプ ヨンム・カークス機 1,344円

Img_1282001_2 
エグザクト
カービングナイフ 2,520円



その他、売り切れ中でしたサフやカラー類もすべて揃いました。
カラーは今月中がお買い得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

入荷案内

Img_1275001 
アオシマ
1/24 Sパーツ タイヤ&ホイールセット各種 588円

Img_1278001
メルセデスSL65AMG ブラックシリーズ 3,360円

新製品ではありませんが。



Img_1281001
ドラゴン
6451 1/35 1号戦車A型4次生産車 2,688円




Img_1283001
ファインモールド
ナノアヴィエーションシリーズ
ABS樹脂製の、超絶モールドのシートベルト部品です。ABS製ですがプラ用接着剤で取り付けできます。日本軍機、ドイツ軍機用 
1/48用 1,092円
1/72用 1,008円

Img_1286001_2
ローデン
2012年版カタログ 1,155円

店用に頼んだのですが、中身を見たらあまりにも上質でもったいないので、店頭に出すことにしました。





Img_1289001
カタログというよりはパッケージ画集という感じですが、どれも大変美しい絵と印刷で、見ていて飽きませんね。




あと、クレオスのMrカラー用うすめ液とレベリングうすめ液の110ml入りビンを取り揃えることにしました。筆洗い用などで少量必要な場合や普段使いには、置き場所を取らないので便利です。
うすめ液関連商材は、どうもガイアよりクレオスのほうが信頼できる気がします(「溶剤」と「うすめ液」をちゃんと区別している点でも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その3

Img_1243001
シャシー裏側の塗装をしておきます。意外に塗り分けが多いんですね。ハサガワの説明図は、数字が多いのと網がけが濃くて見にくいです。
それにしても、318レドームなんて色を使うとは…。

Img_1247001
黒とシルバーを塗って完了。
ところで、私、Mrカラーの8シルバーを食わず嫌いで使っていませんでしたが、使ってみると実はたいへん素晴らしい色で、使いやすい銀だということを今さらながら知りました。
タミヤエナメルのX11にもっとも近いラッカーの銀ではないでしょうか。
ただし、希釈する際はクレオスの「レベリングうすめ液」を使うことをお勧めします。レギュラーのうすめ液やガイアのラッカー溶剤では一部の顔料がうまく分散されません。

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

お勉強中

Img_1254001
図書館でこんな本を借りてきました。
自補修作業のための本なので、書いてあることすべてが模型作りに活用できるわけではもちろんありません。
でも、これを読むと、我々モデラーはいかに塗装や塗料について中途半端な知識しか持っていないかがよく分かります。

「A社からこんなキットが出る」とか「B社のキットはアソコとココが間違っている」といった情報や、「この戦車はいつの時代にこんな背景で何両生産されて…」といったマニアックな知識集めはユーザーさんに任せて、私は模型屋としてこういう知識や技術を身につけていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その2

Img_1237001
室内の面倒な塗り分けは、コンソール周りとドアトリム等です。メーター周りをクリアすれば、あとはそれほど複雑ではありません。黒鉄色の指定の部分は、メタルブラックに少量のシルバーを混ぜてみました。

Img_1238001
箱組みにして室内は出来上がりです。ガイアカラーのフラットブラックは質感がスムースで、上品に仕上がりますね。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

入荷案内

Img_1228001
ドラゴン
6612 4号突撃砲後期型 4,200円

値段が高いよ!!


Img_1231001
さかつう
洋白帯板各種 315円





Img_1233002
ガイアカラー
バーチャロンカラー 各315円
(左)VS-05 フレッシュミントグリーン
(右)VS-04 フレームメタリック(1) 

フレームメタリックは微妙にパープルがかったように見え、焼けた金属の質感にも使えそうな感じ。

Img_1234001
(右)072 ニュートラルグレイ2 210円

左の071同様、明るいグレイです。赤や青といった鮮やかで濃い原色系の下地に、白より好適かと思います。


Img_1235002
ハイキューパーツ
ネオジム磁石 2×2×1mm角型 260円
他のサイズも発注してあったんですが、これしか入ってきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー その1

カーモデルの楽しさが少し分かってきた惰性を利用してでもここらでちゃんと完成品見本を作製します。

Img_1211001
比較的新しいキット、「ミニ・クロスオーバー」です。実車自体も新しめの車種ですよね。




Img_1214001
まずはコクピット周りから組み立て始めます。ハンドル位置は左右が選べます。今回は右ハンドル仕様を選択しました。
内装は基本的に黒ベースですので、ここでフラットブラックを塗装します。
前席の部品の合いが、残念ながらもう一つで、少しパテ埋めが必要です。後席はフロアと一体成型です。

Img_1227001
コンソールは細かい塗り分けが必要で、初心者にはちょっとハードルが高いかも。特にセンターメーター内の下1/4ぐらいはかなりのスキルを要求する塗り分けで、あまりキレイに塗れませんでした。
組んでしまえばほとんど見えなくなるので、まあ出来栄えはあまり気にしなくてもいいでしょう…。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

たいへん苦渋の決断です

弊店は開店以来、店内の全商品(一部対象外あり)を基本的に1割引きにてご提供してまいりました。これは、いろんな意味で適正価格を守りたいという考えからそのようにさせていただきました。
また開業前から、ただ商品をバラまくだけの量販店や通販に対し商品だけではなく正しい知識や情報を提供したりして差別化を図っていくことで、割引に頼らない店でありたいと思ってきました。

しかし、いざ開業してみると、メーカー自らが値引きをあおり、もはやメーカー希望価格(いわゆる定価)など完全に形骸化してまさに「あってないようなもの」になり下がっていることに気付きました。プラモなんて値引きされていてナンボで、「値引きしていない模型店は利用価値がない」なんて言葉まで囁かれるほどです。
売れ残った長期在庫の処分どころか、発売前の新商品ですら3割引きなんて、どうかしてます。「最近のプラモは高すぎる」と皆さん口を揃えておっしゃいますが、値引きされるのを見越して高めに値付けしているのでは?と勘ぐってしまいたくなります(あ~こんなコト書くとまた村八分にされるかも…)。

これに店の中身で対抗しようなんて、思い上がりもいいところでした。プラモはもはや2割引きが「定価」でそこからが本当の値引きと言っていいほどです。そうなると1割引きでは「割引」どころかむしろ「定価以上」であり、そんな値段で買ってくださっているかたに申し訳なく思えてきましたよ。

そこで弊店も、プラモデルは一部の商品を除いて2割引きとすることにいたしました。新しく入荷した商品からすでに実施しております。また、在庫品につきましてはご精算時にレジにて調整させていただきます(詳しくは店内のポップをご覧ください)。
その代わり、塗料等マテリアル関連商品の割引販売は、申し訳ありませんが4月末をもって取りやめといたします(今月内でも在庫がなくなったものから順次新価格に改めさせていただきます)ので、なにとぞご容赦ください。

今までお買い上げくださってきたお客様から「最初からそうしろよ!!」というお叱りの声も聞こえてきそうですが、こちらとしても悩みに悩んだ末の決断でしたことをなにとぞご察しくださいますよう、お願い申しあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

エアブラシ講習

本日16日は月曜なのでお休みなのですが、特別にエアブラシの講習をしていました。

店主と創業塾つながりのかたで、エアブラシでネイルアートをされるということで先日ハンドピースをご購入くださったのですが、エアブラシのイロハが分かっていないのでうまく使えないから教えてほしいということで講習を頼まれていました。

それなら、ほかのお客さんがみえない定休日のほうが都合がいいだろう(ヘンな意味じゃなく…)ということで、今日来ていただきました。

私のほうで講師役をさせていただいたのですが、内容的には過日のマルモコ・エアブラシ講習会に準じて行いました。このときの様子をずっと横で見ていたのと、録画してDVDに記録してあったのが役に立ちましたね。

Img_1219001
見よう見まねでしたが、エアブラシの操作方法から始まって、点を打ち、線を引き、面を塗り…と一通りの実技を指導し、やってもらいました。
紙とプラスチックとの違いを感じていただくためにラミネーターのフィルムを使った実技と、最終的な目的であるネイルチップへの塗装(塗装っていうのかなぁ)にも挑戦していただきました。

あ、最後に球を描く練習してもらうの忘れた!! ちゃんと自作のマスクも用意してあったのに…。

もちろん、一般のお客様でもエアブラシに限らずレッスンを承ります。プラモ作りで何か分からないことがありましたらお気軽に声をおかけください。分かる範囲内でですが精一杯ご協力いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次はハセガワの準新作「ミニ・クロスオーバー」です

「ドゥカティ916」は純粋に個人的な制作でしたが、次はサンプル供与を受けましたハセガワの「ミニ・クロスオーバー」を制作します。
続けての「ツヤありモノ」ですが、お客様とのコミュニケーションやケーターハム~バイクの制作のおかげで制作意欲が落ちません。サンプル供与品は、受け取った以上は作らないわけにはいきません(と言いつつ、実はこれまでハセガワさんには不義理をしていますが…)。これを維持しているうちに作ってしまおうと思います。

少し前に作ったファインの製品と同様、あくまで完成品見本ですから、余計な手間をかけずに素直に作ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

ドゥカティ916、完成しました

店内で制作中でした、タミヤの1/12オートバイ「ドゥカティ916」が完成しました。
バイクは出戻り後3台目で、ツヤ出し模型作りの習作としても3個目ですが、我ながら自分の実力では精一杯の出来だと思っています。
よろしければまたご覧になりに来てください。
制作記は裏ブログでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その11 <完成>

後半は作業が繊細になってくるため写真を割愛して記事も駆け足になりましたが、外装パーツを取り付けて完成しました。

Img_1197001
なかなかよく光ってイイ感じじゃないですか!? やっぱりツヤがある模型は見栄えがしていいですね。
カーモデラーさんがツヤ出しに夢中になる気持ちが少し分かった気がします。やった分だけ還ってきますからね。

Img_1199001
拙作ながら眺めていて飽きません。ニヤニヤしてしまいます。

それにしても、高品質で多彩な金属色のおかげで豊かな金属表現が可能になりましたね。

Img_1208001_2

アオシマのニンジャと違って、捻りや歪みがなく組み上がるのはさすがタミヤ。20年も前のキットとはいえ感心します。
ただ、残念なのがバックミラーの取り付け。塗装してから接着するしかないのにダボがありません。塗装前には接着位置のケガキがありましたが塗装後は当然見えませんし、何より塗膜の上にイモ付けです。
おかげで位置は決まらないし瞬着に頼るしか思いつかず一発勝負だし、「なんでここだけこうなんだ!?」と思ってしまいます。

Img_1202001_2
ナンバープレートには「DUCATI」の文字のデカールが用意されていますが、あえて使わず金属板っぽく塗装してカスタムパーツ然としてみました。
ミラーの鏡面とフロントフォークのインナーパイプ、またテールランプの裏打ちに、ミラーフィニッシュを使いました。

Img_1205001_2
後ろから見ても、よれたりしていないのが分かります。こういうのがガタガタだとホントに興ざめしてしまうんです。




Img_1206001
この後、カウルやスクリーンを留めているリベット(ピンかな)をシルバーで塗り、スミ入れをしておきました。そのとき手が滑ってバイクを倒してしまい、ミラーが吹っ飛んでつけ直しました…。

Img_1209001
バイクプラモは、空間にパーツを配置していく過程が難しくも楽しいです。タミヤのキットはもちろん省略も多いので物足らない人もあるでしょうけど、それ故にきちんとカタチが出来上がるという嬉しさが味わえます。実際、タンクの下なんてスカスカですからね。

でも、少ないパーツ数で精密な立体模型が作れるという点では最高に楽しいプラモデルです。 こんな複雑なカタチのものを素人がスクラッチできるはずがありませんから、まさにプラモデルとしての魅力が詰まっています。どうしてみんなもっとバイクプラモを作らないのか、不思議でしょうがありません。
私のプラモ仲間である『プラモ日記』根生さんも、バイクを作っている時の制作記がもっとも生き生きとして楽しそうですよ。

| | コメント (4)

2012年4月14日 (土)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その10 

カウル類を磨き終えたら、いよいよラストスパート。残っている細部のパーツを組み付けていきます。

Img_1187001
足周りを取り付けると一気にバイクらしさが出ます。とても嬉しい瞬間ですが、同時に達成感もあるので「もうできたつもり」になってしまうキケンもはらんでいます。
ここから各部のパイピングや細部の塗装といったメンドクサイ作業が目白押しです。気を抜かずにいきましょう。

Img_1188001
とはいうものの、やっぱりカッコイイですね!! エキパイ~マフラーはいい感じで塗装できました。



Img_1193001
メーターは、デカールを貼って乾かした後、ハイキューパーツの「瞳用ジェルクリア」を盛ってガラス面を表現します。クリア塗料より肉厚にできるので、より実感が出ます。しかも短時間で硬化できます。超オススメ!!

あとはカウル類を取り付ければ完成です。

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

弊店オリジナル商品のご案内 <木製飾り台>

実は少し前から「オリジナル商品を作ろう」と企んでおりまして、とりあえず試作品が完成しました。

それがこちら、木製の飾り台(作品展示用ベース)です。
従来の汎用デコパージュ台では模型に合うサイズの物が少なく、また私の住んでいる地域ではそのデコパ台ですらなかなか手に入りません。そこで、板を切って自作するしかありませんでした。
しかし、特に見栄えのする、いわゆる「立ち上げ」のあるベースとなると、木工が得意だったり好きだったりするモデラーさんでないとなかなか作れるものではありません(雑誌では簡単そうに作り方が紹介されてますが)。

Img_5873001
商品は、加工済み・未塗装の部材のみで構成したキット状態での販売を予定しており、作る楽しみも盛り込みたいと考えております。また、ご希望があれば写真のような完成状態での販売(別途加工費が必要です)も検討しております。
ちなみにこちらは作例としてマホガニー色のステインで着色後、中塗り・研磨を経て半ツヤ仕上げにしてみました。

Img_5871001
こちらは、チェスナット色で同様に塗装しました。また、天板は合板です。

この飾り台は地元の本職の木工職人さんに制作を依頼した完全手工品で、角は立ち上げ部まで小口が見えないよう接合されており、たいへん丁寧な作りになっております。材料は地元産の杉材です。
また、全体が中空で天面が一枚板になっているため、台の裏側から作品をボルト等で固定することが可能です。

この試作品の飾り面の寸法はW230mm×D150mm、高さは50mmです。 参考までに、いろんな模型を置いてみましょう。
Img_5877001
1/35タイガー1です。
単品作品でも、立ち上げがあるだけで作品らしく見栄えがよくなります。



Img_5878001
こちらが色違いです。





Img_5880001

次はこのような小情景の場合です。




Img_5881001
そのまま載せただけですが、高さが出ることで「作品らしさ」が一気に増すのがお分かりいただけるかと思います。



Img_5883001






Img_5885001
せっかくですから何でも置いてみましょう。





Img_5894001
クルマやガンプラの場合は、あえて木目は生かさず黒塗り仕上げ等にしたほうがカッコイイかもしれませんね。

いかがでしょうか。
つきましては、まずは10個程度をモニター価格として2,800円で販売したいと考えております。
サイズにつきましては、最大で2辺の合計(W+D)が600mm(例: W300×D300、200×400、100×500等)まで任意でセミオーダー可能です。
ご希望の方はぜひお申し付けください。受注制作のためいくらか納期を頂戴しますので、あらかじめご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その9 <クリアー層の研磨>

乾燥に数日かけ、研磨をしていきます(実際の作業から少し遅れて記事を書いています)。

Img_1175001
研磨前の状態でも、幸いなことに塗面はそれほどひどくは荒れていません。ですので、全体を一様に研磨するのではなく、まずはデカールの段差を消すことを目的としてやってみたいと思います。

Img_1178001
ここで、下地処理でも活躍した新兵器が再登場です。
実車の自補修用のフィルム研磨材で、本来の用途は塗面に付着したホコリ等によるブツをさらうためのものです。
しっかりしたフィルムと、柔軟性・屈曲性は高いがスポンジのような弾力はない特殊樹脂製の専用台紙とのコンビネーションが抜群で、デカールの出っ張った部分だけをピンポイントに研磨できます。

Img_1180001
台紙に貼り付けるため裏側は糊面になっています。そこで指に直接貼って使うこともできます。この際も、フィルムの厚みが幸いして「点」ではなく「面」で磨くことができます。小さく丸めても紙ヤスリのように折れ曲がらないため、逆Rの部分にも便利です。
また、紙ヤスリに比べて研磨面の凹凸を感じ取りやすいのも特長です。

Img_1184001
段差をある程度なくしたら面全体を研磨してやると、デカールがクリアー層に埋まってみえます。

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

再開しています

先月より一時休載していた店主の「直線番長ブログ」ですが、しんどい時期をようやく脱し、模型制作と記事更新を再開しています。
あまりマメな更新はできませんが、よろしければどうぞそちらも見てやってください。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅くなりましたが、ご挨拶です

以前の記事で一時休載のお知らせをいたしましたが、しんどい時期は何とか脱しました。おかげ様で今こうして制作と更新もなんとかできるようになってきましたので、あらためて再開したいと思います。
以前のように毎日の更新は時間的にも難しいですが、定期的な更新を心がけるようにしていきたいと思いますので、またよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その8 <クリアー塗装>

基本色をしっかり乾燥させたらクリアーコートです。
ガイアのEXクリアーを使うつもりでしたが残りが少なく、商品在庫も最後の1本なので、これをおろして使ってしまうわけにはいきません(食べ物屋さんが、客に出すはずの食材を賄いで食べ尽くしてしまうようなもんですからね)。

そこで、久しぶりにクレオスのGXクリアを使うことにしました。このクリアも、実は大変肉持ちのよい、厚塗りに適した塗料なのですよ。

Img_1167001
クリア吹き付けは、アネスト岩田の平吹きガンで塗装しました。とにかく勝負が早いですね!!
垂れないようにだけ細心の注意を払ってじっくり塗料を乗せていくと、ジットリと濡れたような塗装面が出来上がっていきます。

ところが、いくらなんでも一気に厚く塗りすぎました。おかげで、サイドのカウリングの凹モールドが埋まり気味になってしまいました…。
調子に乗って、ちょっとやってしまいましたね、ワタクシ。

とにかく、やっちゃったもんはしょうがないので、まずはしっかり乾燥させます。乾けば溶剤が飛んで少しは薄くなるはずです。

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その7 <車体色の塗装>

さて、サフも十分乾燥しましたので、いよいよ車体色を塗装します。

Img_1164001
クレオスのモンザレッドをひたすらベタ塗り。
平吹きハンドピースの使用も考えましたが、今回は0.3ミリ口径のエアブラシで吹きました。
とはいえ、思いのほかうまく吹けたので、この時点でほとんどユズ肌は見られませんよ。

その後しっかり乾燥後にデカールまで貼ってあります。
デカールが乾いたらクリアがけです。

| | コメント (0)

抑え込み!!

Img_5911001
帰宅してからは何事もなかったように元通りの生活に戻ったもみじさん。
お気に入りの高台でトキくんとたわむれ中。



Img_5913001
しかし、よく見るとけっこうしんどそうな体勢に。




Img_5919001
ま、幸せそうだからいいか…。







| | コメント (2)

2012年4月 8日 (日)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 <ちょっと休憩中…>

4月に入ってもなかなか暖かくなりませんね。現在プラモ制作は道具がある店でのみ行っているのですが、正直結構寒いので、塗料の乾燥も遅めです。
サフをしっかり乾かすために念のため乾燥時間を長めにとっていますので、作業は停滞中。しばしお待ちを。

| | コメント (0)

入荷案内

Img_5856001 
AFVクラブ
IDF ショットカル 3,591円




Img_5857001
M42A1ダスター 5,197円





Img_5851001_2
パッションモデル
P35-079 ドイツ軍ギア&デカールセット 945円
詳しくは販売元のページをご覧ください。








Img_5853001
P35-066 アメリカ空挺兵・機甲兵ギア&デカールセット 945円
詳しくは販売元のページをご覧ください。








Img_5855001
P35-080 USウイリスMB(タミヤ)用エッチングセット 840円
詳しくは販売元のページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

入荷案内 <ウワサの高性能ニッパー>

Img_5849001
GSR
極薄刃ニッパー 2,360円

お客様からのお問い合わせの多い商品で、今回が初入荷です。
当店では開店当初よりタミヤの薄刃ニッパーのみを在庫し、おススメしてまいりました。店主自身も愛用し、たいへん快適に使えるよい道具であると思うからです。
また、ほかに代替できるよい製品を以前から探してもみましたが、正直これを超えるものは見つかりませんでした。

ですので、GSRからこの商品が出た時も、別にタミヤで不自由しているわけでもないしそれほど差があるものでもなかろうと、あまり取り扱いに前向きではありませんでした。

ただ、使ったという人の話が非常に好印象であるので、やはり確かめてみたくなりました。

早速デモ用にひとつ下ろしてみました。試しにゲートを切ってみた感想としては、確かによく切れます!! 
タミヤが「サクッ」という感じの切れ味なのに対し、GSRは「スッ」と刃が入っていきます。刃がプラに吸い込まれるような感覚、というとちょっと大げさかもしれませんが、そんな感じです。
また、雑誌の広告で見るより工具としての造りがよく、美しい仕上がりです。
ただ、個人的にはこの樹脂製バネはいただけません。バネとしての作動がイマイチなうえ大きくてジャマです。

総合的には、たいへん良い製品です。大変品薄ですので、興味のあるかたはぜひお早めにどうぞ。

また、エグザクトのカービングナイフも好評で、早くも売り切れ寸前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その6

Img_5846001
排気管やマフラー、バッテリー等を取り付けました。徐々にバイクらしさを増してくるのが嬉しいです。



Img_5848001
カウル類の塗装に入りました。
塗色はミスターカラーのモンザレッドにします。下塗りとしてガイアのニュートラルグレー1にモンザレッドを少量混ぜたピンクで塗っておきました。
ニュートラルグレー1だけで塗るつもりだったんですが、赤のような透けやすい色の、凸部のノリをよくするために下色に赤みを帯びさせることにしました。

よく、「赤の下地をピンクにすると、赤の発色を助ける」と言われることがありますが、私はこれは間違った解釈だと考えています。「発色を助ける」とはいったいどういうことなのでしょうか(例によって素人考えですよ)。
仮に白の下地に赤を薄く塗るとピンクに見えます。つまり、下地をピンクに塗るということは、「白を塗って赤を1回塗る」という2工程を1工程に省略しただけのことではないかと思うのです。
ただ、赤のような透けやすい、つまりムラになりやすい色を薄く均等に塗るのは難しいので、ピンクに塗ることでこの1層目のムラをなくした、という意味合いが大きいのではないかと考えています。
発色という点では、赤は透けやすいものの色自体は濃いので、下地は白からではなくもう少し濃い色から始めたほうがより少ない塗り重ね回数で完全発色が得られます。発色を助けるとはそういうことで、別にピンクである必要はないと考えています。
透けやすい色は、常にその色越しに下の色を見ているわけです。したがって、「どんな色がどの程度透けて見えている状態をキレイと感じるか」ということです。我々モデラーは、この「キレイと感じること」を「発色がよい」と表現することが多いようです。
でも、これは下地が発色を「助けている」というわけではないように思います。

| | コメント (0)

入荷案内 <工具>

Img_5841001 
エグザクトナイフ 2,520円

知っている人は使っている(?)、あのナイフです。











Img_5840001
デザインナイフとは一味違う切れ味が人気のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

入荷案内 <タミヤMM限定品>

タミヤ1/35MM限定の、アベール金属パーツ同梱シリーズ再入荷してます。

Img_5835001
3号突撃砲B型 3,969円





Img_5838001
タイガー1初期型 5,103円





Img_5837001
キングタイガー(アルデンヌ戦線) 5,670円





Img_5836001
JS-2 1944年製ChKZ 6,048円

どれも大変高額な商品ですが、アベール製のエッチングフルセットと金属製砲身が入ってのこの価格は破格の安さです。
特にタイガー1なんて、車両キットだけで4,000円ですからね。発売と同時に売り切れ続出だったというのもうなずけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家出ネコ、帰ってまいりました。

1週間前に家出した我が家の問題児もみじさんですが、夕べやっと保護しました。
お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

脱走した日はとても暖かく、探検にはちょうどよい日和でした。
ところが、急に低気圧がやってきて暴風が吹き荒れ、雨は叩きつけるように降り、冬に逆戻りしたような寒さがこたえたのでしょうか。そういう意味では、我が家にとっては恵みの荒天でした。
それとも、昨日の朝、隠れていそうな裏の家の軒下を懐中電灯で照らして覗き込み、「もみさんよ~~」と連呼したのが奏功したのかもしれません。このもみじさん、私が呼ぶと「にゃん」と返事しするんですよ。

Img_1143001
とにかく、まともなものを口にしていなかったのでしょう。もともと小柄な体がさらに子猫のように小さく軽くなっていました。
お風呂で洗われた後、よほどおなかが減っていたのか、ガツガツとご飯をむさぼり、グビグビと水を飲んでいました。

あとは暖かいストーブの前で毛を乾かし、ゴロゴロ…。

Img_1154001
弟のトキの背中に埋もれて寝ています。
いい気なもんですよ。

| | コメント (4)

2012年4月 2日 (月)

探し猫のお願い

私事で恐縮ですが、我が家の愛猫であるもみじがいなくなってもう数日経ちます。
今までは、2日も経つと寂しくなるかお腹が空いたかで「にゃ~」とか言いながらなんとか帰ってきていたのですが、今回ばかりはまったくその様子がなく、家の周囲にもいる気配すら感じません。
もともと子猫のときに貰ってきた猫で、屋外で生きていく術を知っているのか分かりませんが、ちょっと心配になってきました。

Img_08601
もみじ
は、2歳の小柄なメスで、茶と黒のまだらです。特長はまんまるい目と大きな耳で、どちらかの後ろ脚だけがピンク色の肉球です。チクチクした長毛でぬいぐるみのようです。臆病で初対面の人を恐れます。外れていなければ赤い首輪をしています。

残念ながら、写真はよいものがありません。

もし津市下弁財町津興周辺でそれらしい猫を見かけた方や保護してくださっている方がいらっしゃいましたら、ご面倒ですがコメント欄で結構ですので(またはブルーベルホビーまで)ご一報くださいませ。どうかよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2)

2012年4月 1日 (日)

タミヤ 1/12 ドゥカティ916 その5 <マフラーの塗装>

続いてマフラーの塗装です。
サイレンサーはアルミ製で、両端と中央の固定バンドがたぶんステンレスのような材質ですので、質感を変えて塗装します。
Img_5833001
まず全体をガイアカラーのブライトシルバーで塗装し、アルミ部をマスキングして黒塗装後、クレオスのクロームシルバーを吹き付けました。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »