« 年初めは模型じゃなくて | トップページ | エアブラシ講座、お申し込み受付終了 »

2012年1月15日 (日)

エアブラシスタンド

今までエアブラシスタンドをいろいろ探してきましたが、どれも今一つで、気に入ったものがありませんでした。
特に、デモ機の中の「HP-TH」は、平吹きタイプのため先端のキャップが大きく、しかもトリガータイプであることから、収まりが悪くて困っていました。

先日、お客様からクレオスのエアブラシスタンドのご注文をいただいたのがきっかけで、カタログをよく見ていましたら、何やらよさそうな商品がありましたので、1個買って使ってみることにしました。

Img_08761_2
PS230 Mrスタンド&トレイ2 1,417円

2丁がけができます。













Img_08771
とにかく背が高いのが特徴です。















Img_08932
さっそく組み立てました。

おなじみのMrスタンド(手前)と比べると、その高さは一目瞭然です。
高すぎてジャマだと感じるかもしれませんが、ホースをつないで初めてその真価が発揮されます。











Img_09011
背の低いスタンドですと、ホースが机と干渉してエアブラシが浮き上がってしまいます。特に写真のようなアタッチメントを取り付けていますと接続部が長くなって、より不安定になります。
そのため、ホースを逃がすために机の縁ギリギリにスタンドを置かなければならず、手が引っ掛かって倒してしまった経験もあります。



Img_08991
こちらはエアブラシメーカーがよく扱っているタイプです、こちらも同様で、ホースの干渉を避けるには奥へ向かって傾けますが、これも不安定ですし、やっぱりエアブラシが浮き上がって外れてしまったこともあります。






Img_09032
それが、どうですか、この余裕は!?
軸は金属製でしっかりしていますし、ベースの磁石もけっこう強力です。試しに2本かけて手で揺らしてみましたが、簡単に倒れることはなさそうです。
トレイを机に固定さえできれば倒れる心配はないでしょう。












Img_08941
また、もうひとつのメリットは、先述の平吹きトリガーがかけられることです。
写真左側に、そのための付属アタッチメントを付けてあります。






Img_08961
大きなキャップもこのとおり通すことができます。
本来、同社の「PS290」をかけるための工夫ですが、形状が似ているおかげで岩田製の「HP-TH」もかけられます。このエアブラシをお買い上げいただいたかたには超オススメですよ。

ちなみに、タミヤのエアーブラシスタンド2も使ってみましたが、こちらは同社のベーシックエアブラシを対応させるため特異な形状をしており、これが災いしてたいへん不安定なスタンドです。特に他メーカーのエアブラシにはまったく対応しない場合がありますので、タミヤ製エアブラシのユーザーさん以外にはオススメできません。

|

« 年初めは模型じゃなくて | トップページ | エアブラシ講座、お申し込み受付終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアブラシスタンド:

« 年初めは模型じゃなくて | トップページ | エアブラシ講座、お申し込み受付終了 »