« 入荷案内  | トップページ | 入荷案内 <Doozy!新製品> »

2012年1月13日 (金)

年初めは模型じゃなくて

皆様、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお付き合いくださりますようお願いいたします。

さて、年末は久しぶりに家でプラモを作ろうと、張り切って道具類を持って帰ったのですが(今、制作用具はすべて店に移動しちゃってるので)、なぜかバタバタ忙しくて結局何も作れずじまい。
年明け早々作りたいものはたくさんあるので、今度は家から店へマイプラモを移動してきました。ただ、プラモを作る前にちょっとやっておきたいことがありまして、まずはそちらから。

Img_08661
ホームセンターで買ってきた、木の台です。フィギュアを塗装する際の持ち手にするつもりでした。
今回、持ち手ではなく飾り台にしようと思い、ちゃんと塗装することにしました。ツヤのある仕上がりが目標です。

Img_08711
木の塗装といえばニス塗りを思い浮かべるかたが多いのではないでしょうか。
たしかにニスが一般的ですが、木地の凹凸感をなくすにはとても苦労してしまいます。

まずは、サンディングシーラーという下塗り・中塗り塗料で目止めをします。この塗料は肉厚が出せる塗料で、木地を埋めて研磨することで表面を滑らかに整えるのに適しています。

着色するなら、先にステインのような着色材で染めてもいいですし、後の上塗りで色をつけてもいいです。

Img_08681
今回は、着色にガイアカラーのクリアーブラウンを使ってみることにしました。この塗料はほかにない色で、アイデア次第でいろんな用途があります。個人的にはたいへんオススメの塗料なのです。

マホガニーのような明るい茶色になりました。実は、これを先に塗ったのは失敗で、シーラーもラッカー塗料なのであとで溶け出してしまい、色がまだらになってしまいました…。

この後、シーラーを筆で塗り、塗っては乾かしを繰り返します。木口はどうしても塗料を吸ってしまうので、念入りに塗り込みます。やがて全面に塗膜ができてきますので、時々研磨をして整えつつさらに塗り重ねます。
研磨をしても木の肌が露出しなくなるまで塗膜が厚くなったら終了です。

Img_08731
着色が消えてしまった部分もあったので、再度クリアーブラウンをエアブラシで吹いてムラをなくし、最後にEXクリアーでコートして出来上がりです。ホントはウレタンでコートしてやれば丈夫な塗膜ができるのですが、今回はここまで。

Img_08751
高級家具のように、木口のところもツルツルピカピカです。

|

« 入荷案内  | トップページ | 入荷案内 <Doozy!新製品> »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは! フィギュア塗装と加工楽しみにしとります。 どうも俺にはまだ難しすぎて不器用なんでm(_ _)m

投稿: ジャスミン | 2012年1月16日 (月) 23時54分

ジャスミンさん、こんにちは。
本年もどうぞよろしく。
申し訳ないのですが、今回フィギュアご本尊までは作らないと思います。気を持たせてしまってスイマセン。いずれやりますからそれまで待っててください。

投稿: Bluebell | 2012年1月17日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内  | トップページ | 入荷案内 <Doozy!新製品> »