« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

暖房が追いつきません…

たいへん寒い日が続きますね。
現在店内室温はなんと13℃です。皆様、厳重な冬季装備でご来店ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

これでいいのか? 模型作りとSNS

最近、「SNS(ソーシャルネットワークサービス」というのが普及してきていますね。ITにはどちらかというと疎い私も、facebookだけはやっていますし、ブログも広い意味ではSNSと言えるのかもしれません。

これらによって、模型作りを発信するモデラーはプロ・アマ問わずたいへん多く、また世界中のモデラー同士がつながれるので、おびただしい数の作品を目にすることができるようになりました。こうした場で公開されている作品の数々は本当に素晴らしく、心から感服してしまいます。

ところが、おそらくは自分の傑作を多くの人に見てもらいたいというだけの純粋な気持ちでやっているのだとは思いますが、凄まじくハイレベルな作品がどんどんアップされるようになってくると、求められる完成度にどんどん拍車がかかって、「見せあいっこ」から「見せつけあいっこ」になってきているように感じられてなりません。「いいね!」とか「Great work!」なんてコメントをもらえるような作品でないと公開する意味がないというか、こういうコメントをもらうためにアップしているかのような…。

私は、上手くなることが模型作りのすべてではないと思うのですが。

| | コメント (12)

2012年1月22日 (日)

エアブラシ講座、お申し込み受付終了

2月5日のエアブラシ講座につきまして、お申し込みが定員の10名様に達しましたので、受け付けをひとまず終了させていただきます。多くのお申し込みおよびお問い合わせをいただき、まことにありがとうございました。

残念ながら今回日時の都合が合わなかった方々にはまことに申し訳ありませんでした。次回がありましたらぜひご参加ください。

また、お申込みにキャンセルが発生した場合等は、その都度お知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

エアブラシスタンド

今までエアブラシスタンドをいろいろ探してきましたが、どれも今一つで、気に入ったものがありませんでした。
特に、デモ機の中の「HP-TH」は、平吹きタイプのため先端のキャップが大きく、しかもトリガータイプであることから、収まりが悪くて困っていました。

先日、お客様からクレオスのエアブラシスタンドのご注文をいただいたのがきっかけで、カタログをよく見ていましたら、何やらよさそうな商品がありましたので、1個買って使ってみることにしました。

Img_08761_2
PS230 Mrスタンド&トレイ2 1,417円

2丁がけができます。













Img_08771
とにかく背が高いのが特徴です。















Img_08932
さっそく組み立てました。

おなじみのMrスタンド(手前)と比べると、その高さは一目瞭然です。
高すぎてジャマだと感じるかもしれませんが、ホースをつないで初めてその真価が発揮されます。











Img_09011
背の低いスタンドですと、ホースが机と干渉してエアブラシが浮き上がってしまいます。特に写真のようなアタッチメントを取り付けていますと接続部が長くなって、より不安定になります。
そのため、ホースを逃がすために机の縁ギリギリにスタンドを置かなければならず、手が引っ掛かって倒してしまった経験もあります。



Img_08991
こちらはエアブラシメーカーがよく扱っているタイプです、こちらも同様で、ホースの干渉を避けるには奥へ向かって傾けますが、これも不安定ですし、やっぱりエアブラシが浮き上がって外れてしまったこともあります。






Img_09032
それが、どうですか、この余裕は!?
軸は金属製でしっかりしていますし、ベースの磁石もけっこう強力です。試しに2本かけて手で揺らしてみましたが、簡単に倒れることはなさそうです。
トレイを机に固定さえできれば倒れる心配はないでしょう。












Img_08941
また、もうひとつのメリットは、先述の平吹きトリガーがかけられることです。
写真左側に、そのための付属アタッチメントを付けてあります。






Img_08961
大きなキャップもこのとおり通すことができます。
本来、同社の「PS290」をかけるための工夫ですが、形状が似ているおかげで岩田製の「HP-TH」もかけられます。このエアブラシをお買い上げいただいたかたには超オススメですよ。

ちなみに、タミヤのエアーブラシスタンド2も使ってみましたが、こちらは同社のベーシックエアブラシを対応させるため特異な形状をしており、これが災いしてたいへん不安定なスタンドです。特に他メーカーのエアブラシにはまったく対応しない場合がありますので、タミヤ製エアブラシのユーザーさん以外にはオススメできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

年初めは模型じゃなくて

皆様、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお付き合いくださりますようお願いいたします。

さて、年末は久しぶりに家でプラモを作ろうと、張り切って道具類を持って帰ったのですが(今、制作用具はすべて店に移動しちゃってるので)、なぜかバタバタ忙しくて結局何も作れずじまい。
年明け早々作りたいものはたくさんあるので、今度は家から店へマイプラモを移動してきました。ただ、プラモを作る前にちょっとやっておきたいことがありまして、まずはそちらから。

Img_08661
ホームセンターで買ってきた、木の台です。フィギュアを塗装する際の持ち手にするつもりでした。
今回、持ち手ではなく飾り台にしようと思い、ちゃんと塗装することにしました。ツヤのある仕上がりが目標です。

Img_08711
木の塗装といえばニス塗りを思い浮かべるかたが多いのではないでしょうか。
たしかにニスが一般的ですが、木地の凹凸感をなくすにはとても苦労してしまいます。

まずは、サンディングシーラーという下塗り・中塗り塗料で目止めをします。この塗料は肉厚が出せる塗料で、木地を埋めて研磨することで表面を滑らかに整えるのに適しています。

着色するなら、先にステインのような着色材で染めてもいいですし、後の上塗りで色をつけてもいいです。

Img_08681
今回は、着色にガイアカラーのクリアーブラウンを使ってみることにしました。この塗料はほかにない色で、アイデア次第でいろんな用途があります。個人的にはたいへんオススメの塗料なのです。

マホガニーのような明るい茶色になりました。実は、これを先に塗ったのは失敗で、シーラーもラッカー塗料なのであとで溶け出してしまい、色がまだらになってしまいました…。

この後、シーラーを筆で塗り、塗っては乾かしを繰り返します。木口はどうしても塗料を吸ってしまうので、念入りに塗り込みます。やがて全面に塗膜ができてきますので、時々研磨をして整えつつさらに塗り重ねます。
研磨をしても木の肌が露出しなくなるまで塗膜が厚くなったら終了です。

Img_08731
着色が消えてしまった部分もあったので、再度クリアーブラウンをエアブラシで吹いてムラをなくし、最後にEXクリアーでコートして出来上がりです。ホントはウレタンでコートしてやれば丈夫な塗膜ができるのですが、今回はここまで。

Img_08751
高級家具のように、木口のところもツルツルピカピカです。

| | コメント (2)

2012年1月12日 (木)

エアブラシ講座開催決定のご案内

先日から逐次お知らせしておりました「エアブラシ講座(協力:アネスト岩田様)」につきまして、下記のとおり開催の運びとなりましたので、ご案内いたします。

日時: 2012年2月5日(日曜) 13時頃より
場所: 弊店内制作工房
参加費: 2,000円(税込)を予定


なお、変更があった場合は早めにお知らせいたします。

※本講座参加のためににクルマでご来店のかたは、店舗裏の「丸之内パーキング」への駐車をお願いいたします。駐車料金は弊店が負担いたします。

※使用するエアブラシ等の機材はアネスト岩田様より貸与していただきますので、同社製品以外の「マイエアブラシ」の持ち込みは不可とさせていただきます。どうかご了承くださいませ。


定員につきましては、弊店のキャパから考えて10名程度が限度かと思います。一応予約制とさせていただきますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。逆に余裕があれば当日の飛び入り参加ももちろん歓迎いたします。

参加ご希望の方は、メールまたは電話にてお申し込みいただければ幸いです。その際、お名前・ご住所・電話番号(またはメールアドレス)をお知らせください。

それでは皆様のご参加をお待ちいたしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

エアブラシ講座について、さらに続報です

アネスト岩田さんのご協力のもと進めております「エアブラシ講座」につきまして、まず内容は下記のとおりほぼ決定しました。

(1)機種選定知識
(2)吹きつけ基礎(丸吹き/平吹き) 
(3)エアーブラシ洗浄方法


所用時間は2~3時間程度で予定しています。

すでにエアブラシをお使いの方なら、「いまさらこんなコト、聞かなくったって知っとるわい!」と思う方も多いことでしょう。
でも、エアブラシユーザーのほとんどは、これらの正しい知識を知らずに、感覚だけで使っているのではないでしょうか? まず塗装機器メーカーのいう「正しい使い方の基本」を知っていただくことは、とても大事だと考えています。きっと「目からウロコ」な内容になるだろうと思いますよ。
もちろん、これからエアブラシの購入を検討されるかたには、何よりお役に立てると思います。

あとは日程を調整中です。決定しだいお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

素組みジオラマ その2

Img_52891
251と一緒に、大砲を使ったおもしろいジオラマも展示中です。

ミニアート
1/35 ソビエト57mm対戦車砲ZIS-2(砲兵付き)

こちらの制作記事はこちらです。あらためて読み返してみると、油絵具で塗ってたんですね。


Img_52931
ミニアートのウェブサイトに掲載されている作例があまりにカッコよくて作ったのですが、やはりプロの作品はレベルが違います。
でも、このフィギュアは、顔がちょっと大きめで服ともに彫りが深く、たいへん塗りやすいです。





Img_52941
どれも、ちょっと黒目がキツすぎてビックリ目玉になっちゃってます…。
ホントはもっとアクセサリーパーツも豊富なきっとなんですが、メンドくさくなっちゃって、ずいぶん殺風景な食事風景になってしまいました。
それに、我ながら地面がヘタですね~。もっと勉強しないと…。う~ん、勉強しないといけないことが多すぎるなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

素組みジオラマ、展示してます

先日から、家にある店主の旧作を店に持ってきています。店によく足を運んでくださるかたは、ショーケースの上のほうが無駄に賑やかになっているのにお気づきかと思います。

今、店主が作った数少ない情景作品を展示しております。いずれも地面以外はほぼ素組みですので、商品の完成品見本も兼ねております。つまらないモノですが、よろしければご覧になってください。

Img_52811
タミヤ 1/35MM95 Sd.Kfz.251/1 シュッツェンパンツァー

専用フィギュアが4体入った、MMシリーズの傑作キットです。制作の様子はこちらからどうぞ。






Img_52851 
何といっても躍動感のある造形と緊迫感のある表情のフィギュアが最高です。迷彩服の塗装がちょっと面倒で敷居が高いと感じるかもしれませんが、店主自身も初めて迷彩服の塗装と地面の制作に挑戦した作品です。







Img_52831_2
情景の楽しさを教えてくれたキットで、もちろん店にも在庫しております。また、このフィギュアパーツも在庫しております。








Img_52841
AFVモデルの楽しさを伝えてくれる、タミヤMMらしいキットです。
妙な形をした試作車両のキットより、はるかに商品性は高いと個人的には思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

1/7工房便り

2012年初の工房便りです。

Img_52761a
ブログをご覧になって、わざわざ鈴鹿からのご来店。普段はガンプラを作られているそうです。家ではシンナー臭を出せないのでとのこと。そういう悩みって、やはりあるもんなんですねぇ。田舎とか都会とかは関係ないのかも。

今回はクルマに挑戦。1日で完成させたいのでということで、アオシマ・プリペイント(PP)モデルの1/24RX7です。

このPPモデル、一見すると成型色に見えるところもちゃんと塗装されていて、ツヤの違いも再現されています。特にボディのツヤは侮れませんよ。

とはいうものの、PPモデル専用設計のキットではないため、組み立てはラクとは言えません。私自身も熟練者ではないため、お客様と一緒に「ああでもない、こうでもない」とやっているので、お客様には頼りないアドバイザーだと思います。まことにお恥ずかしい限りで申し訳ありません。はやく勉強しないといけません。

PPとは言ってもすべての部品が塗装済みなわけではなく、細部の塗り分けは必要だったりします。でも、使う塗料はわずかです。

Img_52781
6時間かかって完成!! ボディは、熟練者の作品のようにはいきませんが、ちゃんと研磨したかのような仕上がりで、十分ではないでしょうか。

予想外に反響のある制作工房。今年も大勢のご利用をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。
おかげさまで、開店して初めての新年を何とか迎えることができました。

まずは、エアブラシ講座をできるだけ早々に企画したいと考えております。詳細が決まり次第、ブログでもお伝えいたします。しばらくお待ちください。

それでは、本年もなにとぞよろしく申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »