« HGUCズゴック その12 <チッピング> | トップページ | 問屋さん巡り »

2011年11月18日 (金)

HGUCズゴック その13 <完成>

Img_0571a
最後に、ピグメントを使って脚の部分にホコリ汚れをつけます。
ピグメントは文字通りの顔料ですので、そのままでは定着しません。そこで溶剤で溶いて使います。
ただし、エナメル溶剤で溶いても分散せず、ピグメントは分離して沈澱するだけです。そこでエナメルのクリアを数滴落とすとある程度混ざるようになります。

アクリル溶剤を使えば、溶剤だけでもある程度分散しますが、やはりクリアを混ぜたほうがよく混ざるようです。

エナメル溶剤よりもアクリル溶剤を使ったほうがよく分散するので、着色力が高くなります。エナメル溶剤の場合は液の流れにしたがってピグメントが泳ぎますので、泥が流れたような表現に向きます。


Img_0585a
乾くとこんな感じ。
凹部に沿って溜まっているのはエナメル溶液、全体に薄く色が着いているのがアクリル溶液のそれぞれの効果です。


Img_0575a_2
ということで、完成です。

ズゴック、なかなかカッコイイじゃないですか~!? ちょっと前かがみにして腕をダラッと垂らした感じのポーズが好きです。

Img_0580
後ろ姿です。





Img_0578a
自作モノアイの効果。
光が当たらないと真っ暗ですが…、




Img_0579a
正面から光を当てるとキラリーン!!です。


今年に入ってガンプラは2作目で、前作のシャアザクはアニメの設定どおりに作りましたが、今回はいわゆる「オレ設定」で作ってみました。どちらも楽しいですが、スケールモデルと違い実物が存在しないからこその楽しみがありますね。

|

« HGUCズゴック その12 <チッピング> | トップページ | 問屋さん巡り »

HGUC ズゴック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ピグメントの溶剤の種類によって流れ方が変わる・・・とても勉強になりました!!ありがとうございます^^

投稿: コウ | 2011年11月18日 (金) 20時44分

コウさん、こんにちは。
MIGピグメントはとても有効なマテリアルですので、使い倒さないと損です!! この手法はクリアを混ぜるのが何よりのキモですよ。ぜひ一度お試しあれ。

投稿: Bluebell | 2011年11月18日 (金) 21時01分

悪そうなズゴッキですねぇ 完成品も販売中ですか? ヤフオク出品すれば高値で売れそうですねぇ

投稿: ジャスミン | 2011年11月18日 (金) 22時23分

ジャスミンさん、こんにちは。
なかなか凶悪そうでイイ(?)感じでしょ!?
この完成品は販売はしていません。あくまでも商品の完成見本です。まあ、「普通にキットを作るとこんな風になります」という本来の見本ではなくなってしまいましたが、楽しみ方の一例と思っていただければ幸いです。
ヤフオクの出品作はどれも立派な「作品」ばかりで、拙作ごときでは到底かないませんよ。それに、エナメル溶剤で割れちゃったし…。

投稿: Bluebell | 2011年11月19日 (土) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HGUCズゴック その12 <チッピング> | トップページ | 問屋さん巡り »