« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

10/28入荷案内 <MIGプロダクション・AKインタラクティブ>

Img_0391a
MIGプロダクションズ
ピグメント 各色800円

補充だけでなく、色数も増やしました。
ホコリや土、サビの微妙な色合いが再現された、定番商品です。お使いになったことのないかたは、どうぞお尋ねください。





Img_0404
AKインタラクティブ 各色600円

AK026 スライミーグライムダーク
AK027 スライミーグライムライト






Img_0406
反射的に「うっ、キタナイ!」と感じてしまう色。まさに沼の苔の色を再現した、他にない色です。単品・情景ともに使えて、リアルさと演出効果が同時に得られるのではないかと思います。
スケールモデルに限らず、ガンプラの水陸両用MSのリアル表現にもアリかと。




Img_0407
AK075 NATO迷彩用ウォッシュ
色はほぼ黒です。

ところで、特にミリタリー系モデリングで大ブレーク中のこのAKインタラクティブですが、同じウェザリング塗料であっても、MIGピグメントが「リアルさ」を表現するのに好適であるのに対して、あくまで「エフェクト」すなわち演出効果に秀でた素材であることに注意してください。
つまり、誤解を恐れずに言うなら「AK製品を使えばリアルなモデルが出来る、というわけではない」ということです。リアルさを再現するというよりはリアルさを疑似的に表現すると言えるかもしれません。

そういう意味で、MIGピグメントのアドバンテージがなくなったり、AKがこれにとって代わる製品ではないと、私は思っています。特に、手軽に土やホコリの再現が手軽にできるという点において、MIGピグメントの効果は圧倒的ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

10/28入荷案内 <ワンピース・ガンプラ・ミリタリー>

Img_0393
バンダイ
ワンピース サウザンドサニー号 新世界バージョン 3,591円







Img_0394a
キャラクターのフィギュアもちゃんと入っています。ただし、さすがに色プラではありません。かなり小さいので、このパッケージ写真のように塗装するのはちょっと難しいですよ。




Img_0395a







Img_0403a
HGUC 131 GM2 1,323円









Img_0396a
AFVクラブ
バレンタインMk.1 3,780円

なんか華奢な感じがいいですね。






Img_0398a
ちょっと驚いたのがスプリングの部品。スライド型で抜いているのでちゃんとコイル状になってる! こんなの初めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

HGUCズゴック

久しぶりにプラモ作りをします。またもや突然のガンプラです。
Img_0409
お題は「HGUC量産型ズゴック」です。今日店のほうにAKインタラクティブ製品が入荷してきましたが、その中の「スライミーグライム」という商品を一度使ってみようと思い立ったのがきっかけです。
HGUCシリーズ初期の製品なので、なんせ700円というお値段がいいですね。
Img_0410a

中身はもちろん色プラ。
これを眺めて、先日発売になったフジミの「FZR750テック21カラー」の色がそのまま使えそうな気がしました。

Img_0412a
久しぶりすぎて何か勘が戻らない感じがしたので、自分のブログの「HGUCシャアザク」の記事を見てモチベーションを高めてから作業開始です。

私はガンプラの圧入組みが好きではないので、キャンセルするためにダボ穴を先に広げてしまいます。このキットは2ミリと1.5ミリの2種類のドリルがあれば大丈夫です。

Img_0413a
パーティングラインは部品のエッジにくるよう配慮されているものの、金型のくたびれからか少々盛り上がりが目立ちます。
このままにするとオモチャっぽく見えてしまうので、軽く削っておきます。

Img_0422a
宣伝ばかりになって恐縮ですが、こちらも先日新しく入荷したデザインナイフです。刃が少し大きめなのがよいのか、なぜかとても使いやすく感じます。

| | コメント (0)

10/27入荷案内 <ガイアノーツ・ハイキューパーツほか>

Img_0323a 
ガイアノーツ
スーパースティック砥石 2,079円

これもやっと入ってきました。



















Img_0324a
3種類の番手の、シャープペンシルの芯状の砥石が入っています。
円柱状とばかり思っていましたが、断面は四角なんですね。

ただ、ホルダーも消耗品のようです。











Img_0333a
EX-04 フラットクリアー 567円
EXクリアーはたいへん高品質なクリアラッカーですが、そのツヤ消しです。
ツヤ消し剤がキメ細かい感じです。






Img_0326a
ハイキューパーツ
リタックスティック 1,680円

新製品です。
サンディングスティックと違い、サンドペーパーを貼りつけて使う、ポリカボ素材の当て板です。サンディングスティックのような弾力がないため、平面出しに特化しています。








Img_0330a
専用の粘着シートを使用しますので、繰り返しの貼り直しが可能です。使い捨てではありません。








Img_0331a
サンドペーパーの番手を表示するためのシールが付属します。








Img_0386a_2
NCデカール  各651円
1/144スケール オレンジ・ブルー
1/144スケール グレー








Ncdecal1a
キャラクターモデル用のコーションマークのデカールです。
高品質なカルトグラフ製で、肉眼では判別できませんが拡大するとちゃんと読めます(写真はグレー)。







Img_0336a
ウェーブ
黒い瞬間接着剤 1,134円

ご要望の多い商品です。パテのように充填用として使うのに向いています。





Img_0339a
Cライン 各189円
0.5ミリ
1.0ミリ






(再入荷)
クレオス
SM-08 メッキシルバーNEXT 850円

モデルカステン
マルチパーパスサフ オフシルバー 1,680円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

看板修復 <プラリペア>

模型店「Bluebell Hobby」の立て看板は、数度の転倒によりわずか4ヶ月にしてバックリと割れてしまいました。もちろん、割れた板だけを交換すれば簡単に直るのですが、その費用がバカにできず、とても今の財政状況では出せるものではありません。こんなことにおカネを使うのなら仕入れに使ったほうがよっぽどマシです。

Img_0348a
このように、角の部分が見事に割れました。すべての破片を回収すればよかったのですがあまりのショックに捨ててしまったので、欠損も生じています。

そうは言ってもせっかく買った看板です。使わないわけにはいきませんが、中に蛍光灯やら入っているので、今のままでは外に出せません。そこで、自分で直してみることにしました。

Img_0353
使うのはこの「プラリペア」。模型問屋さんで扱っているので、仕入れのついでに購入しました。
粉末状の樹脂に専用液を混ぜて硬化させる仕組みです。

Img_0357a
ホームセンターにも売っているのでその存在は知っていましたが、能書きをよく読むとけっこういろいろと使えそうなんですね。



Img_0362a
それでは、さっそく作業開始。
割れ目は瞬着で応急処置してあったんですが、プラリペアの接触面を増やすため合わせ目をV字に削って溝を掘ります。ここにプラリペアを盛りつけるわけです。
こういうときにルーターがあると便利です。というか、ないとできませんね。

Img_0363a
樹脂はサラサラの細かい粉末です。
あらかじめ表側からテープで裏打ちしておきます。



Img_0365a
これを補修部分にふりかけて…、





Img_0366a
専用液を垂らします。あっという間に粉が吸収し、半透明になります。これを繰り返していくわけです。



Img_0367a
それと、もうひとつ方法があります。
先に液を1滴、樹脂に垂らします。




Img_0369a
すると、液を吸った部分だけがゼリーのように固まって分離しますので、それをすくって補修部にのせ…、



Img_0370a
ヘラ等でならします。
盛り付けるときはこのほうがよさそうですが、狭い隙間へ浸透させたいときは前者のやりかたがよいようです。


Img_0371a
こうして30分ほどで作業は終了。
テープを恐る恐るはがすと、見事に欠損部分が修復されました。これはなかなか使えるかも。
適当に盛り付けただけなので裏側はガタガタですが、ちゃんと固まるとなかなかの硬度で、ナイフでも容易には削れません。

Img_0380a
最後に裏から白く塗装して完了です。
もちろん、よく見ればそんなにキレイには直っていませんが、パッと見には分かりません。

この程度の補修ですと、プラリペアはいくらも消費しません。つまり数十円か数百円で直ってしまいました。交換すれば2万円近くかかるだけに、いや~助かりましたよ。

| | コメント (4)

10/27入荷案内 <ミリタリー>

Img_0298
トランペッター
05524 1/35 ヘッツァー・シュタール 4,536円








Img_0299
パーツ数は控えめですが、履帯はカステン方式の可動式です。








Img_0300
タミヤ 「楽しいMMシリーズ(勝手に命名)」
車両単品のキットですが動きのあるフィギュアが付属し、ベースに固定するだけで簡単な情景になるキット群から、比較的低価格の製品を選んでみました。

MM249 ブレンガンキャリアー(強行偵察) 1,512円




Img_0301
けっこうよい顔をしたフィギュアとなっています。









Img_0303










Img_0304
MM197 3号突撃砲G型初期型 3,118円









Img_0305a
戦場には似つかわしくない、ほのぼのとしたフィギュアと犬が付属します。
ただ、この戦車長は異様に足が長くてコワいです。







Img_0306
MM210 チャーチルMk7 2,835円









Img_0308a
こちらも、リラックスした場面設定です。









Img_0307a
このようなアクセサリーは輸入キットでしかあまり見られず、魅力的です。








Img_0309a
ガラス製品はちゃんとクリアパーツで再現されています。
こちらのフィギュアもも、よい顔をしております。ただ、タミヤのフィギュアはどれももう少し眼が大きいといいんですが。







(再入荷)
ドラゴン
6406 タイガー1後期型(3in1) 3,591円
タイガー1後期型の決定版キット。盛りだくさんな内容のわりに低価格なのも魅力です。

ダイオパーク 
35004 カクタス(サボテン) 1,517円

バルカン
56006 ツェンダップK800 1,417円

タミヤ
MM52 ホルヒ1a 1,417円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

10/27入荷案内 <書籍・艦船・バイク>

Img_0296a 
ホビージャパン
ノモ研3 ガンプラ完全攻略ガイド 2,000円

何を差し置いてもご紹介したい商品です。
以前からこのノモ研シリーズは素晴らしく、私は著者の野本氏こそまさに日本のミゲル・ヒメネスだと思っています。
何よりも「読者に何を伝えたいのか」がこれほど明確で、しかも押しつけがましくない本を、私は知りません。


Img_0297a
数あるハウツー本の中でも出色の内容で、素材としてはガンプラを扱っていますが、すべてのモデラーさんにオススメできると思います。
まったくのビギナーがいきなり試すには難しい内容も含んでいますが、今は無理でもウマくなったときに役立つ情報満載です。

くだらん雑誌2冊買うことを思えば、この内容でオールカラーでこの価格は激安です。
申し訳ありませんが、私も自分の分を1冊確保しました。




Img_0315
ハセガワ
1/350 日本郵船 氷川丸 9,261円








Img_0317










Img_0318










Img_0320
写真には写っていませんが、初回特典として「オリジナルポストカード」と「割引券付き・日本郵船博物館/氷川丸パンフレット」が同封されています。







Img_0321
専用エッチングパーツ
ベーシック 3,402円
スーパー 3,024円







Img_0311
BK-2 1/12 2011ホンダNSR250 テレフォニカモビスター 3,591円

やっと来ました…。タミヤの大ちゃん仕様RC211Vは入手困難になりましたが、こちらは継続生産してほしいものです。

それにしても、大ちゃんもノリックもすでにこの世にいないとは…。大ちゃんは絶対にWGP500(今はモトGPだっけ)でゼッケン1をつける日本人ライダーだと信じていました。

Img_0312
カウルは、先日発売されたフジミのFZRにも劣らないほど、薄く成型されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

10/25入荷案内 <塗料・ミリタリー>

Img_0288a
モデルカステン 

MC-03 フランカーカラーセット(4色入り) 1,365円







Img_0290a
MC-02 メカニカル武器カラーセット(4色入り) 1,050円

ともにガイアノーツ製の溶剤系アクリル(ラッカー)系塗料で、限定生産です。






Img_0279
ドラゴン
6445 1/35 7.5cm対戦車砲Pak97/38 砲兵4体付き 2,220円







Img_0281a_2
車輪は、ゴムの欠けも表現してあります。









タミヤ
MM43 水陸両用車 フォードGPAジープ 850円
MM147 ハノマークD型カノーネンワーゲン 1,890円
ともに旧価格品を見つけました。箱が日焼けしていますが、作る分には問題ありませんのでお値打ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

気晴らしに

さて、ナッツロッカーの制作のほうはまったく進んでいません。要するに、ちょっと飽きてきちゃったんですよ…。だって、デカいばっかで、いくら直線番長の私でも、こればかりはストレート組みではつまらないですね。

Img_4882a
そこで、一度気分転換のためにこのあたりのどれかを楽しく作ってみようかなと企んでおります。
どれも塗装をしなくていいプラモデルですが、一応プラモ屋の店主のはしくれらしく、塗装はしてみたいと思いますが、どうしようかな…。

| | コメント (4)

10/25入荷案内 <ガンプラ>

「ガンダムユニコーン」を観て、すっかりガンプラかぶれになってしまいました。

Img_0271
106 ロト ツインセット 1,512円

2機分入ってお得ですが、キャタピラが付いてけっこうミリタリー心もくすぐる機体です。






Img_0272
104 スタークジェガン 1,890円









Img_0273
116 シナンジュ 2,457円









Img_0274
099 クシャトリヤ 4,252円

スケールモデル並みの価格ですが、箱の巨大さにもビックリ!! MGよりデカくて、とてもHGUCとは思えません。






Img_0275a
このパーツのせいでしょうか。「バインダー」だっけ?









Img_0276
重力戦線 ザク地上戦セット 2,079円









Img_0277a
レギュラー商品の量産型ザク(写真右側)とは、すべての成型色が微妙に異なります。
その他、61式戦車等がセット。







Img_0278
059 ドム/リックドム 1,606円

地上用のドムと宇宙用のリックドムのコンパチキットです。
このボリュームでこの価格は安いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

10/21工房便り

Img_4872a
このところせっせと通ってくれる、小1のS君。
フジミの1/24ハコスカを作っています。

以前おじいちゃんと一緒にご来店になって、「この子でも作れそうなのはないか」と尋ねられ、これをご購入いただきました。
このキットをご存知の方なら「なんでこんなキットを勧めたんだ?」と疑問に思われそうですが、このときの選択基準が、前にも書きましたとおり「成型色が1色ではない・部品点数が多くない・高価すぎない」でしたので、ウチの少ない在庫でそれを満たすものの中から本人の好みも聞いてコレにしたわけです。

すると、何日かたって彼が「分からへん」と作りかけのキットを持ってやってきました。そこで一緒に作ってみて初めて、このキットがバリだらけだったり部品の接着場所が分からなかったりする、「初心者泣かせ」なキットであることに気付かされました。

その後も3回くらい通ってくれて、前回でもうほとんど出来上がり、あとはバックミラー等の接着を残すのみとなっていました。そこで、残りは家でできるようにと、帰る前に説明図の残った部品に「コレとコレやでな」と印をつけておきました。

ところが、また「分からへん」と言ってやってきたんですね。私も「なんでや?」と言いながらもせっかくなので最後まで付き合って完成させました。
難しいところをやってあげると、「プロや、プロや!」「プロは違うなぁ」と目を輝かせます。そして「おおきくなったらプラモのプロになる」と言ってました。
でもな、おっちゃんはプロと違うで。

Img_4875a
今の大人のモデラーの目から見れば、色も塗らずに完成なんて考えられない、もったいないと思うかもしれません。でも、それは価値観の違いであり固定観念というもの。満足度は人によって様々です。
私は、正直この完成品を見て、「これでナニがダメなの?」と思いましたよ。だって、ちゃんとクルマに見えますやん?

プラモデルは塗装をするのが当たり前、塗ってナンボという世界になり、どうせ塗るんだから成型色なんてジャマなだけというユーザーの意見を取り入れて、おそらく今のクルマのキットは1色成型が多くなったのでしょう。
もっともな話に聞こえますが、製品としては明らかに後退してますよね。
その対極として、部品を色別に分割して設計しそれぞれの成型色で製造するガンプラ(その他バンダイ製品)だけは進化していると言えるでしょう。

ところで、S君が来る時はいつもおじいちゃんかおばあちゃんが送って来てくれて、「○時間お願いしまーす」と言って後で迎えに来られます。
いつもお世話になっている友人の仏壇屋さんと「なんか託児所みたいになっとるなあ」と一笑いしました。まあ、こんなプラモ屋も世の中に1軒くらいはあってもいいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

10/22入荷案内 <工具>

Img_0253a
NTカッター
デザインナイフ DL-400P 378円

カッターといえばオルファ製品が主流ですが、私は以前からNT派です。
この製品は、通常のデザインナイフより大型の刃(6mm幅刃)が付けられるタイプで、めったに見かけません。









Img_0255a
オルファ用の替刃が付けられます。
特にこのノミ刃は便利ですが、オルファ製は軸が高価なんですよね。

刃をくわえる部分が金属ではありませんが、その分安価で、オルファ製の1/3の価格です。



Img_0254a
オルファの同様の製品に比べ、軸が短いのが特徴です。
また軸の断面が6角形で、転がりにくいのもいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

10/22入荷案内 <情景材料>

以前から扱いたいと思っていました、情景材料を少し揃えてみました。

ターナー色彩
グレインペイント 各色378円(40ml)

タミヤの「テクスチャーペイント」によく似ていますが、こちらのほうが商品としては先でした。
いずれも、微妙に異なる2色の粉末が混ぜてあるのが特徴です。粒子が細かいので、実際の砂等と併用すると実感が高まります。

Img_0264
地面の表現に。
10 白砂
11 黄土
13 赤土






Img_0266a
草の表現に。
20 浅緑
21 深緑
22 緑茶






グレインペイントアクア 各色378円(40ml)

塗るだけで手軽に水面表現ができるテクスチャーペイントです。

Img_0267a
川の表現に。
11 グリーンライト
13 グリーンダーク
15 グリーンディープ






Img_0268a
海の表現に。
21 ブルーライト
23 ブルーダーク
25 ブルーディープ






Img_0270a
小川や水たまりの表現に。
5 ブラック
41 ブラウン
51 マッディ






パジコ 
石塑(石粉)粘土

Img_0262
ラドール 472円

高品質な石粉粘土です。あらゆる造形に。
偶然にも昨日これを探しに来られたお客様がいらっしゃいましたが、1日違いでした。画材店でもあまり置いてません。




Img_0261
アーチスタフォルモ(ブラウン) 378円

情景のベース作りに最適。茶色に着色されているので、表面に付けたテクスチャーが万一剥がれて粘土地肌が露出した際にも目立ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

10/21入荷案内 <エアブラシ用品>

Img_0235a
アネスト岩田
HPA-LJ ロングジョイント 1,323円

エアブラシのホース接続部を延長するアタッチメントです。
特にトリガータイプのハンドピースのホールド性を向上します。




Img_0247
これは普通にホースをつないだ状態です。親指と人差し指の付け根で挟むしかなくトリガーとの距離が近すぎて、慣れるまでは扱いにくいです。







Img_0246 
また、私はエアテックスの「エアコントロールジョイント」を愛用していますが、中~小指で握り込んでいるため使用中に風量調節ダイヤルに触れてしまい、勝手に風量が変わってしまうのが悩みの種でした。






Img_0239a
ロングジョイントを取り付けるとこんな感じ。









Img_0245
ホースを外していますが、このように3本の指でしっかり保持できますので、安定性がグンと向上します。








Img_0250
トリガー以外のハンドピースでも、小指の位置が決まるので効果がありますよ。
コストパフォーマンスはバツグンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

10/19入荷案内 <ガンプラほか>

Img_4868a
最近よく来てくださるお客様から「ガンダムユニコーン」のDVDを貸していただき、遅ればせながら見てみました。てっきりTVシリーズとばかり思ってましたよ。
で、「お! なかなかカッコええやん!?」というわけで、単細胞な私はユニコーンものを少し入れてみました。
たぶん、商品としての旬はとっくに過ぎてるんでしょうけどね。

HGUC
100 ユニコーンガンダム デストロイモード 1,701円
103 リゼル 1,890円



Img_4869a
115 デルタプラス 2,079円
個人的にこの箱絵が好きです。

130 ジェスタ 1,512円










Img_4863
ガンプラとは何の関係もありませんが。

タミヤ
1/35 恐竜シリーズ トリケラトプス情景セット 2,079円

想像力旺盛なお子さんに。
組み立ても簡単ですし、何より好きに塗って楽しめるところがいいですね。


Img_4865a
地面が付いているのも嬉しいです。








Img_4866a
箱絵を見ると魚のパーツが入っています。どうするのかと思いましたら、ちゃんと池になるところがあるんですね。
ここに透明のプラ板と岩がのっかります。

店のガラスケースに、姉妹商品の完成見本があります。ちなみにウチの娘が中2の時に作ったものですから、誰でも作れますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

10/18入荷案内 <ミリタリー>

今日は久しぶりに入荷がありました。

Img_4839a
ドラゴン
6702 1/35 セバストポリ攻略戦 1,134円






Img_4840a










Img_4841a
6653 連合兵士 ヨーロッパ戦線(ETO) 1,134円







Img_4842a










Img_4843a
6533 1/35 Sd.Kfz.7/1 2cm4連装Flak38対空自走砲 装甲キャブ付き 5,386円








Img_4844a










Img_4845
かなりの部品点数です。
押し出しピン跡が部品につくのを防ぐためと思われる「捨てピン(なんと呼ぶんでしょうか)が無数にあります。パーツ整形が大変なんですよね、コレ。






Img_4846
トランペッター
1598 ヴァッフェントレーガー クルップ/シュタイヤー 88mm対戦車自走砲 4,536円

小さな車体にでっかい大砲を積んだ車両です。




Img_4847a
金属製砲身付属。履帯は連結式ですが、接着固定式のようです。たるみを再現しやすくするためのジグが付いています。






Img_4849
戦闘室の装甲は、かなり薄く成型されています。









Img_4851a
1587 ヴァッフェントレーガー アルデルト 88mm対戦車自走砲 4,536円








Img_4852a
こちらも金属製砲身が付属します。









Img_4854a
プラ製部品もあるので好きなほうを選べそうです。プラ製とはいえなかなかのディティールですよ。








Img_4853a
履帯は、ピンの部品がありますのでカステン方式の可動式のようです。でも、やはりたるみ付けのジグが入っています。







Img_4856a
なつかしの、タミヤの軍用車両いろいろ。

ドイツ ホルヒ1a 1,417円







Img_4860a
アメリカ M3A2パーソナルキャリアー 1,701円
フィギュアが9体も入って、私がこれを買った当時はたしか900円でした。

今ではドラゴンからさらに精密な再現性のキットが出ていますが、こちらは部品点数が少なめで初心者には十分楽しめるキットです。
上記ホルヒともに迷彩塗装の必要がないので、ミリタリーモデル入門用としても最適です。 

Img_4857a
アメリカ M151A2 カーゴトレーラー付き 1,417円

こちらは迷彩必須ですが、とても組みやすい良キットです。






Img_4858a
30年以上前のキットですのでさすがにパーティングラインは強く出ていますが、時代をまったく感じさせないほどシャープな彫刻です。紙製のレーション箱付き。

私が初めて目玉を入れて塗ったフィギュアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その6

さて、いつまでも気落ちしていても仕方がないので、いい加減に気を取り直してそろそろ制作を再開します。

前回下地塗装を済ませましたので、基本色を塗装します。
今回まで日が空いたのは、ただ落ち込んでいたからだけではありません。実はあるツールの到着を待っていたのです。

Img_4740a
そう、店のブログでは紹介済みですが、アネスト岩田のエアブラシ「エクリプスG3」です。
どう見てもエアブラシというよりはスプレーガンですが、れっきとしたエアブラシなんです。
私が注目しているのは、0.3ミリの小口径ノズルで平吹きという、他機種にはない特徴を備えている点です。

同社の平吹きエアブラシには、前回使った「HP-TH」があります。またクレオスからも1機種(一見すると岩田製と見分けがつかないほどそっくりです)発売されていますが、どちらもノズル口径は0.5ミリなんですね。前回下塗りに使ってみたときには、ちょっと霧が荒いかなと感じました。もちろん、まだ試行錯誤が足らないのは承知していますが。
また、ホールド感があまりよくないのです。これを改善するために岩田からは「ロングジョイント」や「トリガーグリップ(ピストルのようなグリップです)」というアタッチメントが発売されています。特に「トリガーグリップ」はタミヤのトリガー機種のような外観になるので明らかにホールド性は改善すると思います。
エクリプスG3はとても高価なエアブラシなのですが、HP-THとこのグリップを合わせて購入すると、実はエクリプスG3と変わらない金額になってしまうんです。

それならば、このG3が模型用としてHP-THと同等以上のパフォーマンスを発揮するのならこちらのほうがいいじゃないか、というのが、この機種に興味を持ったきっかけなんです。

Img_4820a
このG3は、エアホースの取り付けネジが一般的なG1/8ではなくG1/4ですので、写真のようなアタッチメントを介するか、それに合う金具のついたホースを使ってコンプレッサーとつなぎます。
アタッチメントはホームセンターのエアツール売り場にも同様の商品がありますが、ネジ径は合っていても微妙に形状が違っていて使えない場合があります。エアブラシ用のものを購入したほうが無難です。

で、使ってみたわけですが、やはり今まで使ってきたエアブラシとはかなり違うので、私のような素人が独学で覚えようとするのはタイヘンそうです。
ただ、キモはパターン調整ネジの使い方と塗料の希釈具合ではないかという気がします。
それがうまくいけば、広い面の塗装には抜群のパフォーマンスを発揮しそうです。

Img_4821a
とにかく、この大きい模型がまるで缶スプレーで塗ったみたいにムラなくキレイに塗れてしまいます。これでグロス塗装に挑戦してみたいです。

| | コメント (2)

10/13工房便り

一昨日のお客様が作業の続きにご来店。

前回でシャシーとインテリアの制作がだいたい終わっており、今日はその残りとボディー塗装です。

Img_4783a
インテリアの組み立てをいったん済ませ、いよいよボディーの塗装をしていただきます。

私個人としては缶スプレーが手軽でいいと思ったんですが、今回はツートンカラーのクルマで重ね塗りが必要になってくるので、悩んだ末にエアブラシを選択。




Img_4787
塗装面積の大きいクルマでしかもメタッリク色なので、口径が大きく平吹きのHP-THを使ってもらいました。これが思わぬ威力を発揮。操作が簡単なトリガーアクションのおかげで、初心者でもラクに塗装してもらえました。






Img_4789a
マスキングは私がやりました。とはいえ決してうまくはないので吹きこぼれがないかと冷や冷やしましたが、なんとか事なきを得ました。

ホントはこんなに濃いガンメタではないのですが、色合わせをする時間もなく、ご本人も「いい色」と満足されてましたのでよしとしましょう。

工房を使っていただく際は、時間配分と経過にものすごく気を使います。おカネをもらっているだけに、ムダな待ち時間は作れませんし、プライベートで作るようにじっくり時間をかけるわけにもいきません。また、あまりに何度も通ってもらうのも悪い気がしてきますしね。
でも、プラモ作りは慌てるとロクなことがありません。誰でも山の頂上が見えてくると気が急いてきますが、何が何でも終わらせようとしないほうがよいです。せっかくここまでうまく出来てるので、大詰めで急いで失敗したらホントに後悔します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

10/13入荷案内 <エアブラシ用品>

Img_4763a
アネスト岩田
エアブラシ用エアタンク HPA-TNK35 11,340円

お手持ちのエアブラシ用コンプレッサーに接続できる、容量3.5Lの、エアブラシ用エアタンクです。
タンク付きコンプレッサーに手が出なかった方には特におすすめです。


タンクを備える利点として、
・タンクに空気を蓄えることでピストンの脈動を吸収し、安定したエア供給が出来る。
・コンプレッサーから出た直後の水蒸気を含んだ空気がタンク内で外気によって冷やされ、水蒸気が水滴に変わる。その結果、いわゆる「水抜き」ができる。湿度の高い時期には特に効果的。
・圧力感知型の自動スイッチが付いたコンプレッサーの場合、オンオフの切り替え頻度が下がり、スイッチの寿命が延びる。
・供給能力が小さめのコンプレッサーでも口径の大きいエアブラシが吹けるようになる(連続して吹くのは無理)。
といったことが挙げられます。

Img_4771
写真では大きく見えますが、大きさは約290ミリ×150ミリで、実はたいへんコンパクトです。

安全弁・圧力計・吐出バルブ・ドレンコックと、必要な装備はすべて備わった、コストパフォーマンスの高い製品となっています。

接続口はどちらもG1/8オスです。


Img_4772a
使用するとタンク内に水が貯まります。使用後は必ずこのドレンを緩めて排水してください。
工具を使う必要のないドレンになっているところが親切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

新製品のご案内 <シタデル>

ZITADER(シタデル)の新製品です。

Zitader_ba3523a
プランドM2ハルセット 8,970円
ファインモールド製5式中戦車(チリ)を使用するコンバージョンキットです。







Zitader_ba3523b
詳細はメーカーウェブサイトをご覧ください。
私は、模型屋のくせにこういうマニアックな商品にはまったく疎いんですよ。なんせ、あくまで「プラモデラー」なので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

10/11工房便り

Img_4761
今日は、新しく工房をご利用のお客様がありました。
以前にキットをお買い上げいただき、作りに来られるとのことでキットをお預かりしていました。

今日はエアブラシでシャシーを黒塗装するところから始まって、インテリアに少し手をつけたところで終了。2時間の作業でした。

プラモデルは初めてとのことでしたが、このシビックが当時憧れだったそうです。ほかにもいろいろと話をしたところ、年齢が同じだったり、上の子の年も同じだったりと共通点が多くて面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

これもエアブラシです。

弊店にはエアブラシメーカー「アネスト岩田」さんのご協力で試用ハンドピースの貸与を受けています。
平吹き用のエアブラシ「HP-TP」もその一つとして常備しており、一般的な丸吹き用との違いを知るためにも私も何度か使ってみています。

0.5mm口径で平吹きのこのハンドピースは、大きい面を均一に塗りつぶすのに特化したエアブラシで、丸吹きに比べはるかに効率的に塗装ができる、素晴らしく便利なツールです。

ただ、気になる点もいくつかありましたので、今回無理を言って、以前から気になっていた新製品を貸して頂けることになりました。私はこのHP-THとの交換をお願いしたのですが、新たに貸していただけることになり、なんとも恐縮しております。

Img_4740a
それがこちら。「エクリプスG3」です。
見た目はスプレーガンそのままですが、これでもれっきとしたエアブラシなんです。

同社の低圧スプレーガンのボディを利用し、エアブラシと同等の圧力(1.0~1.5Mpa)でも微粒子での噴霧を可能にしています。
口径は0.3mm、0.5mm、0.6mmがありますが、やはり模型用ですのでもっとも小口径の0.3mmに興味がありました。

Img_4742a
HP-THと大きさを比べるとこのとおり。
見るからに大きいですね。模型用には大げさすぎる気がするほどです。







Img_4743
重量を測ります。
HP-THは200グラム弱です。








Img_4744
G3は300グラム弱で、ちょうど5割増し。重いです。









Img_4746a
ところが、実際に持ってみると、不思議なことにG3のほうが明らかに軽く感じます。測ってみて逆の結果に驚いたくらいです。
手のひらでしっかり握り込めるのと、重量バランスのせいではないかと思います。よく見れば、大きいのは塗料カップだけで、本体は大して変わらないことに気付くでしょう。






Img_4748a
ニードル形状を比較すると、両者の性格の違いは明らかです。
上のHP-THに比べてG3は明らかにテーパー部が短く、角度が急です。つまり、トリガーを少し引いただけで大きく開いてしまいますので、繊細な吹き幅調整はできません。





Img_4758a
HP-THのキャップ先端はこのような形状になっています。
外のツノ状の部分に小さい穴が開いています。ここから空気が内向きに噴射され、元々丸吹きの噴霧を横から潰して縦に広げるわけです。これが平吹きの理屈です。






Img_4756a
G3も構造は同じです。
ただ、G3はこのツノからの空気量をダイヤルで調整してパターン幅を調節することが可能です。いっぱいまで絞れば丸吹きになります。
HP-THは、平吹きのパターン幅は固定式で、キャップを替えることで丸吹きにできます。

どうです、オモシロイでしょ?
次回は、実際に吹いてみた感想について紹介します。このG3が模型用に使えるといいんですが、やってみないと分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢フライングヴィーナス 2011年度作品展示会のご案内

私の所属しております模型クラブ「伊勢フライングヴィーナス」の2011年度展示会の日程が下記のとおり決定いたしました。
詳細はこちらをご参照ください。

(日時)
11月26日(土) 11:00~17:00
11月27日(日) 9:00~16:00


(ところ)
伊勢生涯学習センター いせトピア 3階研修室1・2

入場は無料です。また、無料駐車場もございます。みなさん、ぜひお越しください。

当日の作品の持ち込み展示も受け付けます。参加費も無料ですので、力作をぜひお持ちよりください。ただし、大型作品や大量の場合は事前にお問い合わせいただくほうがよいと思います。詳しくはクラブのHPをご覧ください。

当日は、私も会場におりますので、気軽にお声かけくださいませ。

| | コメント (2)

2011年10月 9日 (日)

10/8入荷案内 <ビギナー向けカーモデル>

私が子どもの頃は、クルマでしたらボディとインテリアぐらいには色分けされて成型してあり、塗装をせずに組み立てるだけでも十分に満足できました。むしろ、当時はイロプラではなかったガンプラのほうが塗装は必須で、私自身、塗装しなければヘンだと感じたのはガンプラが最初です。だって、「真っ白のガンダム」とか「真っ青のグフ」なんてヘンでしょ!?

それが、ガンプラがイロプラになって塗装をしなくてもよくなり、逆にスケールモデルは塗装するのが当たり前になりました。そのため、スケールモデルは塗装しやすいようにと明るい色の1色成型になり、クルマなんて白1色で、そんまま組んでもなんの魅力もありません。

メーカーは、「最近のこどもはゲームばかりで模型を作らなくなった」と言いますが、違うのです。上級者の意見ばかりを取り入れて、「子どもでも作れる模型をメーカーが造らなくなった」のです。
最近、「子どもでも作れるプラモデルはないか」と聞かれることが多くなりました。とても嬉しいのですが、反面とても返事に窮してしまいます。弊店のような在庫の少ない店はなおさらです。

そこで、比較的作りやすそうなクルマのキットをいくつか入荷してみました。
選んだ基準としては、
・部品が多すぎないこと
・ボディとインテリアがそれらしい色で成型されていること
・価格が高すぎないこと
です。

Img_4698a
タミヤ
1/24 ロードスター 1,606円








Img_4699
ボディだけ塗装するとなおよいです。









Img_4700a
アンフィニRX7 1,795円
マツダブランドのRX7よりお安いので。








Img_4701
ボディのパーツ分割がちょっと細かいですが、塗装をしなくてもよさそうです。








Img_4707
アオシマ プリペイントモデル(塗装済み)
1/24 マツダRX7(ブラック) 2,740円








Img_4708
以前から存在は知っていましたが、中身を見たことがありませんでした。実はこれがなかなか侮れません。
ボディは蛍光灯が映り込むほどツヤツヤ、インテリアはツヤ消しで、窓枠のモールもちゃんと塗られています。ある意味スゴイです。





Img_4709
ケンメリ 2,740円









Img_4710
リアのコンビネーションランプもきれいに塗り分けされています。








Img_4713
銀の色合いが安っぽかったりはしますが、塗り分けは私がするより上手かも!?

もっと早くこの製品の良さに気付くべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

ついに来た!!

かねてからウワサのあった製品がついにベールを脱ぐようです。

Ccf20111008_00000aaa
タミヤの1/350大和、ついにリニューアルです。
中身は分かりませんが、このところ他社にいいようにやられていた感がありますので、やはりトップメーカーとして忸怩(じくじ)たるものがあったんでしょうね。

模型の頂点を極めるフラッグシップ…スゴイですね。

私はフネのことはさっぱりですが、この「艦載艇セット」とか「ハンドレールセット」のほうがむしろ興味があったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/8入荷案内 <ミリタリー・飛行機・バイク>

Img_4714
MENG MODEL(メンモデル)
ピックアップトラック ZPU-1機関砲付き 2,940円

またまた中国の新興メーカーだそうです。






Img_4716
モールドのある面には押し出しピン跡が出ないよう配慮されています。








Img_4720a
デカールはこんな感じ。
写っていませんが、エッチングは黒メッキされています。








Img_4718
ウェブサイトを見に行くと日本語が選択できることからも、最初から日本市場を意識していることがうかがえます。








Img_4719
説明図も、ありがちな図と指示だけではなく、ちゃんと説明書きが添えられていて、まるでタミヤかタスカのよう。一部の国内メーカーより親切かも。

価格的にも良心的だと思いますが、いかがでしょうか。





Img_4728a
ダイオパーク
35004 カクタス(サボテン) 1,417円








Img_4732a










Img_4722a
ARTモデル 2割引き
7202 1/72 ブロームヴォントフォスBv-155高高度戦闘機 3,192円







Img_4725
レジンパーツが入っています。









Img_4704
アオシマ
1/12 ホンダNSR250R SP 3,402円

いつの間にか発売されてました…。






Img_4705a
カウルはクリアパーツが同梱されています。
でも、表から押し出しピン跡が丸見えですが…。








Img_4706a
専用エッチングパーツ 1,134円

いくらなんでも薄すぎるのか、パーツが反っちゃってます。ブレーキディスクは3枚のパーツを貼り合わせるようですね。
キーとキーホルダーがパーツ化されていて、笑ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日明日は津祭りです。

この週末は「津祭り」を開催しています。
商工会議所の人たちが、商売祈願でお囃子(でいいのかな)をしてくれました。


叩いてくれた中に、お客様がいてビックリ! 言われるまで分かりませんでした。お店も開けておりますので、遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り

今日から3連休のかたも多いでしょうね。
鈴鹿ではF1、そして津では津祭り!
最近、「こどもでも作れるプラモデルはないか?」とおっしゃる親子連れのお客様がよくいらっしゃいます。そこで、できるだけご要望にお応えできそうなキットも少しですが入荷予定です。ぜひ遊びにお越しください。

また、ツール好きなモデラーさんには、変りダネのエアブラシをご用意しております。たぶん、こんなのを置いてる模型屋は日本中探してもそんなにないだろうと思います。ご興味がおありでしたら見に来てくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

あちこち凹んでおります…

このところ公私ともに不運が続き、いくら仕事のうちとはいえ模型を作るような心境になれません。
ちょっと前にプリンターがいきなり動かなくなり、やむを得ず修理。すると今度は店の看板が風で倒されて破損しました。

Img_0215a_2
その上、今日電機屋さんと病院に行って帰ってきたらコレです。
まあ、要するに当て逃げですね。
ヨメさんが障害者なので、電機屋では専用の広い駐車スペースをありがたく使わせてもらいましたから、たぶん病院の駐車場でやられたんでしょう。

私も、駐車場でクルマから降りようとして、不意に風でドアがあおられて隣りのクルマにコンッと当てたことぐらいはありますが、さすがにこれは逃げたらあかんやろ…。

さすがに、こんなにあれもこれも修理する余裕は今ありません。おかげでココロも相当ヘコんでおります。

| | コメント (4)

10/5入荷案内 <クルマ>

Img_4672
メビウス
1/25 1953ハドソンホーネット 4,536円

ディズニー・ピクサー映画『カーズ』に「ドク・ハドソン」という役名で登場していた、ハドソンホーネットです。





Img_4673
カッコイイですねぇ!! シュリンクパックされていて中身が見れないのが残念です。








Img_4674
インテリアやエンジンルームも再現されているみたいです。








Img_4675
ハセガワ
1/24 フォルクスワーゲン・ポリスカー 2,835円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

10/5入荷案内 <艦船>

艦船じゃありませんが、まあ宇宙船ということで…。

Img_4666a
ファインモールド
MC1 1/500 艦隊旗艦 1,890円








Img_4668a
松本零士氏監修による、リアルタッチな松本メカのプラモデルです。
松本メカ特有の、尖ったT字型の翼(?)の先も、鋭く再現されています。






Img_4669a
ミサイル艦のシルエットを描いたデザインのデカールも付属します。
塗装指示は、飛行機特色を多用した独自の塗装となっています。






Img_4670a
MC2 ミサイル護衛艦 1,795円









Img_4671a










Img_4691a
ハセガワ
1/350 南極観測船 宗谷 「第1次南極観測隊」 4,347円
秋から始まるドラマに合わせて再販です。

中身はすべて白色成型で、塗装は必須。もしドラマを見て作りたいと思ってくれた人も、こんなんじゃ買うのをためらうでしょ!? 売りたいのか売りたくないのか、どっち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

10/5入荷案内 <ミリタリー・飛行機>

Img_4676
タスカ
1/24 ツェンダップKS750サイドカー 3,780円
同 ドイツ軍ジェリカン 1,000円







Img_4683
このキットはスポークもエッチングを使わずに、シャーペンの芯ほどの細さのプラで再現しています。また、タイヤは面白いことに箱組みのような構造です。
そういう意味ではタスカらしい、「よいプラモデル」製品だと思います。





Img_4694a
一部に紙製の部品を採用しています。その他、シート部のクッションにコイルスプリング、またケーブル用のビビールパイプが付属します。







Img_4685
ドラゴン
6704 1/35 ドイツ武装親衛隊 擲弾兵 1944-45 1,134円







Img_4687a










Img_4688
ICM
35802 1/35 ロシア76.2mmF22速射砲と牽引リンバー 3,969円







Img_4689a
イタレリ
1305 1/72 F6F-3/5 ヘルキャット 1,134円




1313 1/72 F40-7 コルセア 1,134円







(再入荷)
ウェーブ 瞬着硬化スプレー徳用 1,512円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その5

ここのところ、ちょっと制作が停滞気味です。
とりあえず、塗装には入っております。

Img_4651
基本色を何にしようかと悩んだまま結論が出ておりませんが、とりあえずグレイ系にしてみたいと思い、ミスターカラーのタイヤブラックで下塗りしてみました。

大きいキットですので、ハンドピースはやはり平吹きの「HP-TH」を使用しました。一気に3センチくらいの幅で吹けるので、たいへん作業効率が上がります。ただ、模型の塗装用にはもう少し霧が細かいほうがいいように感じます。

| | コメント (0)

こちらも完成間近

現在、制作工房に通ってくださっているお客様がもうおひとりいらっしゃいます。こちらも1/72のサボイアを鋭意制作中で、この日は塗装の続きにいらっしゃいました。

前回はホワイトで下塗りをされ、今日は本塗装です。
実は夏休みにお子さんが1/48を制作・塗装され、その時の缶スプレー塗料が残っていましたので、それをエアブラシで吹いてみたいとのことでした。

Img_4641a
前回がエアブラシ初体験でしたので、慣れるにはまだ経験が必要です。スキー等と一緒で、週に1回とか月に1回だとどうしても感覚がリセットされてしまうのでもったいないですね。エアブラシを手に入れて家で好きなだけ練習できれば上達も早いのですが…。





Img_4643a
缶スプレーの塗料はもともとスプレー用ですからビン塗料よりは粘度が低いですが、エアブラシで吹くにはやはり希釈が必要です。ただ、ガスが含まれているため希釈の加減がビン塗料とは異なるのでちょっと難しいですね。案の定、ちょっと薄めすぎてしまいました。

でも、結構長時間やっていっていただいたので、吹き加減もかなり上達されていました。あとは次回までに「リセット」されないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

完成間近

Img_4638aa
ファインモールドのサボイアを制作中のお客様です。
もうかれこれ3回(でしたっけ?)も通ってくださっています。
前回、筆塗りで赤を塗ってあったので、今日はそれ以外の色を塗ってしまうことにしました。

船底とフロートの木の色は、タミヤのデザートイエローを使ってもらいました。
ところが、思いのほかハミ出してしまい、ちょっとどうしようかなという感じに。ここで、筆塗りだからとタミヤエナメルを選択したことが裏目に出てしまいました。そう、ハミ出した色を拭き取ることができないんですね。お父さんから「マスキングしとけばよかったなぁ」という言葉が出て、たしかにそうだったとちょっと反省です。

普段、自分なら塗料の種類を使い分けるのが当たり前になっていますが、それにはエアブラシや缶スプレーを使うことが固定観念になっています。今回筆塗りでということで、仕上がりや作業性を考えてエナメルをおすすめしましたが、ラッカーでもキレイに筆塗りできる方法を覚えてお客様に提案できるようになっておかなければいけないと思いました。

写真は、仕方なくお父さんに溶剤を使って拭き取ってもらっているところです。赤も溶けてしまいますが、下塗りをせず赤い成型色のうえに赤を塗っていたので、再度塗り直すことでそれほど違和感なくリカバリーできたのが幸いでした。

この工房サービスを始めて、「自分ができることを、人にもうまくやってもらうように伝えるのは難しい」と改めて感じます。ブログ等の記事は基本的に一方通行の発信なので、あまり気が付かなかったのですが、対話形式となるとまるで違うんですね。

さて、あとはデカールを貼って今日は終了。次回で完成となるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

10/1入荷情報 <ミリタリー・クルマ・塗料・ハイキューパーツ>

Img_4625 
タミヤ 
1/35 MM限定 ドイツ自走砲ヴェスペ(メタルキャタピラセット) 5,292円
MM200番の名作ヴェスペにフリウル製メタルキャタピラが付属した特別版です。一見高いように思えますが、このキャタピラだけでも4,000円以上しますので実はたいへんお買い得です。



Img_4626
このセットは私も作ったことがありますが、ヴェスペのキット自体がたいへん作りやすいうえに素晴らしいプロポーションで、模型誌での高評価もうなづけます。また金属キャタピラは、実際に重いだけでなく見た目の重量感もプラ製の連結キャタピラにはないもので、小さいながらも密度の高い模型に仕上がります。店主オススメです。




Img_4627
レベル

1/24 2CV 3,969円







Img_4628
ようやく入荷しました。もっとも新しい2CVのキットです。








(再入荷)
レベル 07100 1/24 メルセデスベンツSLR AMG 4,536円


Img_4631
ガイノーツ
ラベンダー21(左) 283円
ブルー21(右) 283円

先に発売のフジミの「ヤマハFZR750テック21レーシングチーム」用のカラーです。キットの説明書ではフィニッシャーズカラーの専用色を指定し、調色の指示がありませんでした。
ガイアの商品も実物は写真の50ml大ビン入りしかなく、バイク1台を塗装するだけなら多すぎますので、10mlに小分けしました。
ビンは、価格を抑えるためにクレオスの物を使用しました。ビン代を反映しているため単色としては高価になってしまいましたが、それでも2色でフィニッシャーズ1色分のお値段です。

Img_4633a
鉄道模型用カラー
ステンレスシルバー 330円

同社の「スターブライトシルバー」より輝度が少なく、クレオス8番より粒子の細かい、キレイなシルバーです。キャラクター系にもどうぞ。




Img_4634a
ハイキューパーツ
ツインサークル2 990円








Img_4635
ガンダム等の関節用の、ハイディティールパーツです。









Img_4636
瞳用ジェルクリア 1,743円
専用LEDで硬化させる透明樹脂です。フィギュアの眼にうるおい感を演出する以外にも、クルマやバイクのメーター等、アイディア次第で使い道は様々です。






Img_4637
(再入荷)
ペインティングクリップ 1,050円
軸が少し短くなって新登場です。


デカールフィクサー 357円
人気商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »