« 10/22入荷案内 <工具> | トップページ | 10/25入荷案内 <ガンプラ> »

2011年10月24日 (月)

10/21工房便り

Img_4872a
このところせっせと通ってくれる、小1のS君。
フジミの1/24ハコスカを作っています。

以前おじいちゃんと一緒にご来店になって、「この子でも作れそうなのはないか」と尋ねられ、これをご購入いただきました。
このキットをご存知の方なら「なんでこんなキットを勧めたんだ?」と疑問に思われそうですが、このときの選択基準が、前にも書きましたとおり「成型色が1色ではない・部品点数が多くない・高価すぎない」でしたので、ウチの少ない在庫でそれを満たすものの中から本人の好みも聞いてコレにしたわけです。

すると、何日かたって彼が「分からへん」と作りかけのキットを持ってやってきました。そこで一緒に作ってみて初めて、このキットがバリだらけだったり部品の接着場所が分からなかったりする、「初心者泣かせ」なキットであることに気付かされました。

その後も3回くらい通ってくれて、前回でもうほとんど出来上がり、あとはバックミラー等の接着を残すのみとなっていました。そこで、残りは家でできるようにと、帰る前に説明図の残った部品に「コレとコレやでな」と印をつけておきました。

ところが、また「分からへん」と言ってやってきたんですね。私も「なんでや?」と言いながらもせっかくなので最後まで付き合って完成させました。
難しいところをやってあげると、「プロや、プロや!」「プロは違うなぁ」と目を輝かせます。そして「おおきくなったらプラモのプロになる」と言ってました。
でもな、おっちゃんはプロと違うで。

Img_4875a
今の大人のモデラーの目から見れば、色も塗らずに完成なんて考えられない、もったいないと思うかもしれません。でも、それは価値観の違いであり固定観念というもの。満足度は人によって様々です。
私は、正直この完成品を見て、「これでナニがダメなの?」と思いましたよ。だって、ちゃんとクルマに見えますやん?

プラモデルは塗装をするのが当たり前、塗ってナンボという世界になり、どうせ塗るんだから成型色なんてジャマなだけというユーザーの意見を取り入れて、おそらく今のクルマのキットは1色成型が多くなったのでしょう。
もっともな話に聞こえますが、製品としては明らかに後退してますよね。
その対極として、部品を色別に分割して設計しそれぞれの成型色で製造するガンプラ(その他バンダイ製品)だけは進化していると言えるでしょう。

ところで、S君が来る時はいつもおじいちゃんかおばあちゃんが送って来てくれて、「○時間お願いしまーす」と言って後で迎えに来られます。
いつもお世話になっている友人の仏壇屋さんと「なんか託児所みたいになっとるなあ」と一笑いしました。まあ、こんなプラモ屋も世の中に1軒くらいはあってもいいのかもしれませんね。

|

« 10/22入荷案内 <工具> | トップページ | 10/25入荷案内 <ガンプラ> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/21工房便り:

« 10/22入荷案内 <工具> | トップページ | 10/25入荷案内 <ガンプラ> »