« フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その5 | トップページ | 9/18入荷案内 <バイク> »

2011年9月17日 (土)

工房は楽しい!!

今日は工房ご利用のお客様が、偶然3組も重なってしまいました。先日ご紹介したサボイアを制作中の2組と、ピカチュウ1組です。

サボイアの2組とも今日は塗装です。お一人は大人でしたのでエアブラシに挑戦し、もうお一人は小1でしたので筆塗りを体験してもらいました。

先日このブログで「工房はお客さんに付きっきりで割に合わない」と書いたのを非常に気にされてしまって弱りました。ちょっと誤解を与えてしまったようです(少し心配はしてたんですが…)。
私としては、本当は無料開放したいのですが、やはり商売として割り切って利用料をいただいてます。それに少し後ろめたさを感じていましたが、よくよく考えたらここまで提供して300円はむしろ安いぐらいなんじゃないかと思ったわけで、決して「300円でこんなコトやってられんわ」というつもりではないんです。
「300円でも高くないから、どんどん来てください」ということですので、遠慮せずに精々ご利用くださいませ。

Img_4291a
エアブラシ体験では、始めは高性能で使いやすい「HP-CP」をお使いいただいたのですが、どうも距離感が近すぎて、塗料が溜まってしまう傾向がありました。すると「視線がカップに行ってしまう」とのことでしたので、サイドカップの「エクリプス」に交換してみました。
すると、たったそれだけのことで解消し、スイスイと吹いておられました。

そう、サイドカップの利点は圧倒的な視界の良さにあります。これは使ってみないと分からないので、モデラーさんの多くはこの快適さをご存じないだろうと思います。
もっともポピュラーな7cc上付きカップは、当たり前に使っていますが実はけっこう使いづらいんです。カップが大きい分、先が重いし視界も悪いんですね。

弊店では、上付き2cc、上付き7cc、横付き(以上ダブルアクション)、トリガー、ボタン式トリガーと、ほぼすべてのタイプのハンドピースをお使いいただけます。こんなところ、都会でもそうはないだろうと自負しておりますよ。

Img_4285a
筆塗りの彼は、タミヤエナメルを使って塗装。私の作例を見ながら一所懸命やってました。組み立ての時もそうでしたが、こちらが感心するほどの集中力とていねいさ(コレ、大事)で、きれいに塗りあげました。

塗装作業には乾燥待ちがつきもので、ただ待っているだけでは料金がもったいないのでこちらも恐縮です。しかも筆塗りのほうは乾燥の遅いエナメル塗料ですから、とても待ってもらうわけにはいきません。

そこで、2組とも今日は一通りの色付けで終了し、再度ご足労いただくことにしました。

工房のご利用は、実は私にとっても発見が多く、実のあるものです。何より、ただ黙々と作るのではないのがいいですね。

|

« フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その5 | トップページ | 9/18入荷案内 <バイク> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工房は楽しい!!:

« フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その5 | トップページ | 9/18入荷案内 <バイク> »