« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その4

さて、こうして組み立ては終了しました。

Img_4620a
果たしてこれは戦車なんでしょうか? 武装は手前のレーザーキャノンだけのようですが。
でも、カッコイイですね。



Img_4622
後ろのゴチャゴチャしたところもいい感じです。
実物がない架空のモノだけに、ホントは好きに手を入れて遊ぶともっと楽しい、そして自分だけの作品が出来上がります。
特に車体はのっぺりした面が多いので、いろいろとディティールを加えると見せ場の多い作品になるでしょう。

Img_4624
砲塔は、鋳造肌にしたりするのも面白いでしょう。
でも、私ならこのアンテナみたいなのはやめて普通に大砲を突っ込むでしょうね。

次は塗装です。

| | コメント (0)

10月の休業日のご案内(追加)

10月の定休日は3日(月)、17日(月)、24日(月)、31日(月)です。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その3

続いて車体の組み立てです。
こちらも砲塔同様、特に問題になるところは見受けられませんでした。

Img_4614a
ただ、主だった部品以外にたいへん細かい部品の接着があります。ピンセット必須です。




Img_4603a
このキットにはなぜかアンダーゲートが多用されています。このような、指でつまめないほど小さい部品は2度切りできません。
そこで、まずランナーごと切り離して、裏からニッパーの刃を入れて1回で切り取ります。

Img_4612a
いきなりですが、こうして車体も出来上がりです。
この後、選択式のスモークディスチャージャーを取り付けておきました。


Img_4618a
ところが、ここへ来て大失態に気付きました。
この穴にレーザーキャノンの軸が入るのですが、軸を差すべきポリキャップを入れ忘れてました。仕方がないので接着します…。

| | コメント (0)

9/28入荷案内 <ミリタリー、飛行機、宇宙服>

Img_4587
ICM
35531 G4 高官用6輪乗用車 3,969円
フィギュア4体付き







Img_4588
35521 ストゥーパKfz.1 4輪駆動車 3,591円









Img_4589
(再入荷)
35471 アドミラル将官用オープンスタッフカー 3,591円
フィギュア3体付き







Img_4580a
プラッツ バラクーダデカール

1/32 P-51マスタング
コクピット用ステンシル&プラカードセット 1,600円
コクピット内をディティールアップするための100以上のステンシルを収録しています。











Img_4581a
1/72 P-51マスタング パート1 1,800円
アメリカ陸軍航空軍 第8空軍所属機5機分を収録。
こちらはカルトクラフ製です。














Img_4582a
1/72 F4U-1コルセア パート1 1,800円
海兵隊所属機をはじめ、5種類のマーキングを収録。
ニス(余白部)がたいへん少ないデカールです。














Img_4590
バンダイ
1/10 ISS 船外活動用宇宙服 5,670円
NASAが開発した「最小の宇宙船」、船外活動用宇宙服(EMU)の1/10スケールモデルです。






Img_4591a
MGFシリーズにような感じで、もちろん腕・足・腰の各関節が可動します。








Img_4592a








Img_4593
ヘルメット左右のヘッドライトは、付属のLEDユニットで点灯可能。








Img_4594a
ニチモ 1/200 スーパー大和(ディスプレイタイプ) 25,515円
たぶん、一番大きいフネのプラモデルでしょう。
でも、部品点数は多くないので、こればかりはじっくり手をかけて作ってもらうのがよいと思います。



Img_4601a
1/350の大和と比べてこの巨大さ!!



(再入荷)
タミヤ 薄刃ニッパー 2,268円
タミヤ 調色スティック 283円




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その2

Img_4556a
車体のハッチから見えるかもしれない部分がありましたので、戦車の室内色っぽく塗っておきました。



Img_4573
このランナーには、ドラゴンのキットさながらに繊細なパーツが含まれています。なかなかに「今どき」な感じで好印象です。



Img_4579a
砲塔(?)部が出来上がりました。部品の合いもよく、とても作りやすいですね。

| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

在庫表

店の在庫表(xlsファイル)を、左サイドバー上の「在庫表」からダウンロードしてご覧いただけるようにしてみました。
見出しのとおりまだ作成途中ですので、すべての在庫をご覧いただけませんが、徐々に更新していきますのでしばらくお待ちください。

表中の在庫欄の見方につきましては、空欄は在庫1、×は0、数字は在庫数を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

強風注意!

弊店が入っているテナント前はなぜか風の通り道になっているようで、店の正面に沿っていつも風が流れています。おかげで店の中にはホコリが舞い込みますし、先日のような台風のときは勝手にドアがバーンと開いてしまい、危ないのでやむを得ず中から鍵をかけていたほどです。

今日は大して風も吹いていないのに、店の前に出していたタミヤの看板がバタンと倒れてしまいました。

Img_4562a
倒れたのはこれで2回目なのですが、とうとう面板が見るも無残に割れてしまいました。まだ3ヶ月しか経ってないのに…。しばらくはお役御免です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー その1

では、制作に入ります。
Img_4412a
まずは、砲塔(?)から組み立てます。
パネルの合わせ目はパテで埋めておきます。今回はタミヤのビンサフを使いました。このビンサフのキャップ裏に使用済みのタミヤ流し込み接着剤の筆を差しておくと、筆を用意することなくすぐ使えて、後片付けもしないで済みます。

Img_4410a
明らかにキングタイガーの機関室ハッチです。右のはタイガー1の砲身基部でしょうか?
マシーネンのキットはこういうのが多くて面白いですね。


Img_4411a
戦車系のハッチやら砲架でしょうか。





Img_4542a
車体部品は、内側の梁に沿ってヒケがあります。
ていねいにパテで処理するといいと思いますが、時間もかかるので、表からスジ彫りをしてパネルラインということでごまかすことにしました。

Img_4554
中は巨大な空間になります。光が透けて安っぽく見えると困りますので、前回のF1同様シルバーで裏打ち塗装をしておきます。

パーツが大きい場合は缶スプレー1発です。1分もあれば作業終了ですから、これをエアブラシで塗装するなど愚の骨頂ですよ。時間ばかりかかって何の意味もありません。
タミヤエアモデルスプレーはどれもたいへん吹きやすいのですが、このAS12シルバーメタルは粒子感がなく、これだけ広い面をまったくムラなく銀色に塗ることができます。あまり光沢のないシルバーです。

| | コメント (2)

9/24入荷案内

Img_4528a
パッションモデルズ
ドイツ軍装備品デカールセット 800円








Img_4534a
武装SSのヘルメット、パンツァーファウスト等のフィギュアに関連したマーキングから、TETRA消火器、ハーフトラックや自走砲でよく見かける救急箱のマーキング、更に8.8cmの砲弾ステンシル、塗装では面倒な水用ジェリ缶の白十字等、多用途に使用可能な汎用デカールです。





Img_4540a
ダイオパーク
(左)ヒナギク
(右)ヒマワリ 各1,134円
インジェクションキットです。





Img_4541a
ドラゴン
6406 タイガー1後期型 3,591円

ツィンメリットコーティングの彫刻がありませんが、コーティングバージョンのコーティング表現はたいへん荒くて実感に欠けますので、このキットに自分でコーティングを施したほうがよりリアルになります。
また、タミヤのキットに比べると、装備品の形状が正確ですし、サイドフェンダーの取り付け基部のモールドがあるのでフェンダーを外す際に好都合です。また小径の誘導輪も付属します。
そういった意味でも、タイガー1の決定版といってもよいキットです。
でも、全体のフォルムは、個人的にはタミヤのほうがワイド&ローで好きです。

Img_4531a
タミヤCS 
1/35 MM195 ハノマーク・シュッツェンパンツァー フィギュア(Zパーツ) 520円

躍動感あふれる突撃体勢の歩兵フィギュアです。後ろを振り返る運転手もいます。単品での製品はありません。
ただ、装備品が含まれておりません(しまった…)。



Img_4532
ファインモールド
1/72 3式戦 飛燕2型改 ファストバック 1,701円








Img_4533
同 3式戦 飛燕1型乙 1,795円










Img_4524
バンダイ ポケプラシリーズ
(左)ビクティニと黒き英雄ゼクロムセット 897円
(右)ビクティニと白き英雄レシラムセット 897円







Img_4527a
レシラムセットのレシラムは、成型色がパールカラーになってます。こんなの初めて見ました。








(再入荷)
ファインモールド 紅の豚シリーズ 1/48 サボイアS21F(後期型) 2,646円
ピカチュウ 540円
ビクティニ 540円 
プロホビー KK17 瞬着用細ノズル 472円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

9/22入荷案内 <塗料新色>

Img_4369a
タミヤカラー・アクリル 各141円

XF84 ダークアイアン(履帯色)
XF85 ラバーブラック

XF84は微妙な暗い茶色で、見た感じはメタリックではなさそうです。車体のチッピング(剥がれ)表現にも使えそうです。



Img_4372a
XF85(写真中央)と他色との比較。左がタミヤXF69NATOブラック、右がクレオスH77タイヤブラック。
写真では分かりにくいですが、XF85はちょうどこの2色の中間的な感じです。

私は今までクレオスのH77が一番いい色だと思っていましたが、このXF85もなかなかゴムの質感のある色だと感じます。ただ、キャップの色がまったく合ってません。たぶんXF17シーブルーの使いまわしかと…。

Img_4375a
ガイアノーツ  
ブルー21
ラベンダー21

フジミの「FZR750テック21カラー」用色です。
キットでは、先行して発売されているフィニッシャーズの専用色が指定されていて、調色レシピが掲載されていません。弊店では同カラーが取り扱いできないため、ガイアカラーを取り寄せました。
ただ、50mlの大ビン入りですので、10mlでの小分け販売を予定しております。価格を抑えるためクレオスのボトルを使いますので、どうかご容赦ください。

Img_4377a
ウィリアムブルー16
ウィリアムスF1のFW16をイメージした、濃い青です。

ウィリアムブルー14
同じくFW14をイメージした明るい青です。

メタリックボローニャイエロー
ランボルギーニをイメージしたメタリックイエローです。

これらも、ボトルが入荷次第、小分け販売の予定です。「このまま欲しい」という方は、お早めにお知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

ハセガワ 1/35 ナッツロッカー


サンプル(サンプルという表現は適切なんでしょうか? 完成見本用のほうがよさそう)の制作を続けます。

Img_4404
今度は、ハセガワの1/35ナッツロッカーです。久しぶりに得意のミリタリー系ジャンルですよ。
このキットには、同スケールのグスタフとメルジーネが付いてきます。少々値は張るキットですが、それなりにお値打ち感もあります。

Img_4407a
それにしてもデカい! 同スケールのキングタイガーが小さく見えます。

今回も、あくまで商品の完成見本というスタンスで制作します。明日は子どもの運動会で店はお休みさせていただきますので、制作はあさってから始めます。

| | コメント (0)

9/21入荷案内 <ペガサスホビーの不思議系キット>

なぜか変わったモノに惹かれました。

Img_4362a
1/72 アポロ27号 3,024円

「もしアポロ計画があのまま進められていたら27号はこんな姿だった!? 丸みを帯びたフォルムと27号なのにどこかレトロなデザインがたまりません(メーカーコメントを引用)。」

模型全長約25センチ。宇宙飛行士フィギュア2体付き。


Img_4363a
1/32 アルファ・ケンタウリ星系U.F.O(2機セット) 3,024円

「UFOに乗るエイリアンを新金型でキット化。UFOは、ランディングギアを格納した飛行状態と展開した駐機状態を選択式。UFOは直径約9センチ。エイリアンフィギュア2体付き(メーカーコメントから一部引用)。」



Img_4364
1/8 ブラボー火星人 マーティンおじさんと宇宙船 3,402円

「『ブラボー火星人』は1960年代のアメリカのTVシリーズで、完全新金型でキット化。設計については、当時のデザイナーの監修も受けているんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

9/20入荷案内 <ミリタリー・艦船・飛行機>

Img_4360a
トランペッター 1/35 5tハーフトラック Sd.Kfz.6 工兵仕様 4,536円








Img_4361
パーツはスケールモデルらしいたいへん繊細な彫刻です。部品点数は多めですが、ドラゴンのように無理やり詰め込んでおらず、丁寧なパッケージングで好感が持てます。
履帯は連結可動式です。
見る限りでは、価格と内容とが見合った、よい商品に思えます。




(再入荷)
ドラゴン 1/35 バイソン2 15cm33式重歩兵砲 4,441円


Img_4353a
フジミ 1/700 特53 霧島(開戦時) 2,646円
同            専用エッチングパーツ 1,701円








Img_4354a
タミヤ 1/700 瑞鶴(真珠湾攻撃) 3,024円









Img_4357a
専用デカール付きです。





Img_4358a
ファインモールド 1/48 日本海軍特別攻撃機 桜花一一型 2,457円








Img_4359
(上)プラッツ 1/144 局地戦闘機 紫電改(初期型)
(下)同上 局地戦闘機 紫電改(後期型)
ともに2機セット 1,134円

デカールはカルトグラフ製です。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

工房便り

今日は、珍しく平日に工房のご利用がありました。
昨日ご来店いただいてキットをご購入くださり、家で作って今日塗装に来られました。
キットはタミヤMMのウイリスMBです。実は以前にも2 1/2tトラックをお買い上げいただいたのですが、ミリタリーものを作るのが初めてで要領が分からないので手始めにもっと小さいのをということでこのキットをお買い上げいただき、塗装を教えてほしいとのことでした。

せっかくですのでエアブラシを体験していただきました。
影色を下塗りする方法を説明し、どうせならそれでやってみたいと挑戦されました。

ここのところエアブラシ未経験のかたが挑戦されていますが、それを見ていると皆さん手の動きが様々で、慣れた者から見るともどかしくなるほどです。ですから、自力での上達具合が違うのは当然ですよね。
やはり、初心者向けのエアブラシ教室の必要性を強く感じました。できるだけ早く企画したいと思います。

Img_4365a
エアブラシ塗装が済んで、筆による塗り分け中。やはり3時間ですべて終了しました。
あとは家に持って帰っていただき、組み上げれば完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その7 <完成>

Img_4327aa
デカールを貼り終えました。
曲面になじませる部分がいくつかあるのですが、このデカールは厚みがあるのか軟化剤が効きにくく、苦労しました。
また、タイヤデカールというものを初めて貼りましたが、最初つまらない失敗を続けてしまい、1本だけブリヂストンのロゴがありません…。
また、リアウィングのデカールも、貼り方がどうしても分からなかったので省略しました

足回りはほとんどがホイール内に収まってしまうので、見えるところ以外は無塗装です。終盤のカウル組み付けからデカール貼りで精力を使い果たしたので、もう手抜きです。

Img_4338aa
というワケで、最後の力を振り絞って一気にフィニッシュ!! 初めて作るF1モデル、これにて完成です。

実はこのブログを読んでくださってるお客様に「初めてF1作る人にはオススメできないキットですよ」と言われ、その頃はまだ順調だったので「へぇ~そうなんですか」なんて答えてましたが、たしかにその通りだと思いました。

塗装やデカールの指示も分かりにくいところがあります。カウル後部の排気管が出てるところも、私は指示通り塗ったつもりでしたがホントはどうやら黒だったようで、後で分かってかなりガックリしましたよ。

でも、こうして今まで作らなかったジャンルも、作ってみると楽しさの一端が分かったような気がします。少なくともツヤあり塗装はもっと練習したいと思いました。
というか、プラモデルキットは作るためのモノ。ランナーを眺めているだけでは良さも悪さも分かりませんよね。

| | コメント (2)

2011年9月19日 (月)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その6

Img_4315
カウリングを取り付け始めました。

それにしても、私がヘタなのか、とにかく合いません…。合わないというより、合わさりがタイトすぎて、塗膜の厚み分が干渉しているような気がします。もうほぼチカラワザでハメ込んでは瞬着で留めていきます。あちこちミシミシいって、実におっかないです。
この時点で、臓物に押されてすでにシャシーが「への字」に反り返っています。

Img_4323a
何とか形にはしました。
でも、全体に歪んでしまって、前後から見るとウイングなんかも捻じれちゃってます。私には難しすぎます…。

それに、赤塗装もパネルごとに色の濃さが違ってますね…。

| | コメント (0)

9/19入荷案内 <「雲母堂本舗」の取り扱いを始めました>

新商品として、「雲母堂本舗(きららどうほんぽ)」のパール商品の取り扱いを始めてみました。
お客様からのご要望だったのですが、私自身パールカラーなんて先日初めて使ったばかりです。商品知識はこれから慌てて勉強します。

Img_4300a
VGパール VG虹彩6色セット 2,079円

虹彩色は、下地色によって発色効果が大きく変化するタイプです。

VGパール
→発色、反射の強さを最優先。ある程度粒子が目立ってもとにかく鮮やかな発色効果が欲しい場合に(メーカーのコメントより)。

Img_4301a










Img_4302a
FGパール 虹彩6色スターターセット 2,079円









Img_4303a










Img_4304a
HGパール 全色セット+1 1,764円

FG、HGパール
→粒子の細かさを最優先。ある程度発色や輝度を犠牲にしてもとにかく微粒子が欲しい場合に(同上)。


以上3点は粉末で、各種クリア塗料に混ぜて使います。


Img_4305a










Img_4306a
ビスマスパール 1,050円

こちらは液状で、このままエアブラシ塗装します。
従来のパール塗料とは明らかに違う、金属のような輝きが得られます。

いずれも店頭販売されている取り扱い店舗が少ないそうですので、ぜひご来店のうえお確かめください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

作法が難しいようで…

Img_4308
コマーシャルを見て「おいしそうやなあ…」と言っていた缶茶を、嫁さんが買ってきてくれました。期待に胸を膨らませつつ、さっそく開栓を…すると、


Img_4309a
また!? いちいち細かいよ、サントリー!!

蓮舫議員から聞いていただきたい、「5回じゃなきゃダメなんですか!?」と。
飲むまでに揺られた分はどうなるんだ!?

| | コメント (0)

9/18入荷案内 <バイク>

Img_4293 
フジミ 1/12 ヤマハFZR750 テック21
 1985年8耐仕様 4,536円

やっと、ついに出ました。ずいぶん気を持たされましたね。
内容的には先のヨシムラGSX-Rに準じた感じです。





Img_4295
カウルのフチやブレーキディスク(穴あき!!)の薄さ表現には驚かされます。








Img_4298aa
ただ、カウル色の指定がフィニッシャーズの専用色のみで、 調色方法が載ってません。雑誌『レーサーズ』に、調色方法を試行錯誤中と書かれていましたが、結局あきらめたんかいな…。フィニッシャーズ塗料が手に入らないユーザーは自分で何とかしろということでしょうか。

フィニッシャーズ塗料は、残念ながら弊店でも取り扱いができません。そこで、代わりにガイアノーツの専用色を取り寄せ中です。来週中には入荷してくると思います(価格未定)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

工房は楽しい!!

今日は工房ご利用のお客様が、偶然3組も重なってしまいました。先日ご紹介したサボイアを制作中の2組と、ピカチュウ1組です。

サボイアの2組とも今日は塗装です。お一人は大人でしたのでエアブラシに挑戦し、もうお一人は小1でしたので筆塗りを体験してもらいました。

先日このブログで「工房はお客さんに付きっきりで割に合わない」と書いたのを非常に気にされてしまって弱りました。ちょっと誤解を与えてしまったようです(少し心配はしてたんですが…)。
私としては、本当は無料開放したいのですが、やはり商売として割り切って利用料をいただいてます。それに少し後ろめたさを感じていましたが、よくよく考えたらここまで提供して300円はむしろ安いぐらいなんじゃないかと思ったわけで、決して「300円でこんなコトやってられんわ」というつもりではないんです。
「300円でも高くないから、どんどん来てください」ということですので、遠慮せずに精々ご利用くださいませ。

Img_4291a
エアブラシ体験では、始めは高性能で使いやすい「HP-CP」をお使いいただいたのですが、どうも距離感が近すぎて、塗料が溜まってしまう傾向がありました。すると「視線がカップに行ってしまう」とのことでしたので、サイドカップの「エクリプス」に交換してみました。
すると、たったそれだけのことで解消し、スイスイと吹いておられました。

そう、サイドカップの利点は圧倒的な視界の良さにあります。これは使ってみないと分からないので、モデラーさんの多くはこの快適さをご存じないだろうと思います。
もっともポピュラーな7cc上付きカップは、当たり前に使っていますが実はけっこう使いづらいんです。カップが大きい分、先が重いし視界も悪いんですね。

弊店では、上付き2cc、上付き7cc、横付き(以上ダブルアクション)、トリガー、ボタン式トリガーと、ほぼすべてのタイプのハンドピースをお使いいただけます。こんなところ、都会でもそうはないだろうと自負しておりますよ。

Img_4285a
筆塗りの彼は、タミヤエナメルを使って塗装。私の作例を見ながら一所懸命やってました。組み立ての時もそうでしたが、こちらが感心するほどの集中力とていねいさ(コレ、大事)で、きれいに塗りあげました。

塗装作業には乾燥待ちがつきもので、ただ待っているだけでは料金がもったいないのでこちらも恐縮です。しかも筆塗りのほうは乾燥の遅いエナメル塗料ですから、とても待ってもらうわけにはいきません。

そこで、2組とも今日は一通りの色付けで終了し、再度ご足労いただくことにしました。

工房のご利用は、実は私にとっても発見が多く、実のあるものです。何より、ただ黙々と作るのではないのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その5

ちょっと日が空いてしまいましたが、赤が十分乾燥したのでクリア塗装に進みます。

さて、ここでう~んと考えてしまいました。というのも、デカールを貼ってからクリアを吹くのが順当な手順だと思うのですが、カウリングが細かく分割されているのでデカールが複数のパーツに跨っちゃうんですよね。こういう場合どうするのか、私には分かりません。デカールを切って貼るのでしょうか。そんな器用なことは私にはとてもできません。
考えていても仕方がないので、先にクリアを塗っちゃって後からデカールを貼ることにしました。

Img_4278a
塗料は先のハイエースと同じくガイアのEXクリアを使いました。乾燥後のツルツルの肌がキモチイイんですよ。
私ごときヘタくそが言うのはおこがましいのですが、目指すは吹きっぱなしの研磨なしです。吹きつけの正しい技術を身につければ、難しい研磨作業に頼らなくても美しい塗面が得られるはずだと思うのです。

Img_4281a
こうしてある程度離れて見れば、そこそこのツヤになったかなと思います。
もちろんよく見れば「ゆず肌」になっていますが、これは私がヘタだからだと思います。


Img_4283a
塗料についてはシンナーの選択、希釈の具合が、また吹き付けについては空気圧とニードル開度、ガンの距離と運行速度が、仕上がりに相互に影響しています。これらが一つでも合わないと肌を荒らしてしまいます。早くこれらのバランスがもっともいい、「オイシイところ」を掴みたいです。

| | コメント (2)

2011年9月15日 (木)

9/15入荷案内 <ミリタリー、クルマ、書籍>

<ミリタリー>
Img_4207
ドラゴン 1/35 バイソン2 15cm33式重歩兵砲 4,441円









Img_4209










Img_4208a
当初不足していたパーツも補充されております。









Img_4204a
タミヤ ドイツ階級章デカールセット 各756円

手描きでは再現の難しい(というかメンドクサイ)ドイツ兵の階級章のデカールセットです。
写真左は1/35だけでなく1/16もセットになっています。国防軍歩兵を中心に、戦車兵や空軍兵用も用意されています。

写真右は1/35のみで、アフリカ軍団と武装親衛隊(SS)の階級章がセットされています。

ともにカルトグラフ製です。

<書籍>
Img_4210a
Canfora 『AFVフォトアルバム』 4,830円

実車や戦記のことはまったく疎いのですが、あまり見たことのない写真や迷彩が鮮明に写った写真が多く、モデリングには大いに役立ちそうな本です。私も欲しいくらいです。



 

<クルマ>
Img_4205a
アオシマ 1/24 オートザムAZ-1(オプションホイール仕様) 2,268円








Img_4206
レベル 1/24 メルセデスベンツ300SLR 4,347円 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

9/13入荷案内 <飛行機、艦船(輸入キット)>

飛行機の輸入キットです。

AVIS(エイビス) 3割引き
Img_4192
AV7205 1/72 川崎 Ki-10-Ⅰ陸軍95式複葉戦闘機 2,352円

全世界で1000キットのみだそうです。






Img_4191
AV7208 1/72 英・ホーカー・オーダックス直協偵察機 2,940円









ART MODEL(アートモデル) 2割引き 


Img_4193
AU7201 1/72 グラマンF8F-2ベアキャット艦上戦闘機 3,192円
レジンパーツ付き







Img_4194
AU7206 1/72 ポリカルポフI-185戦闘機 1,932円









Img_4195
AU7207 1/72 I-210(ミグ9)戦闘機ラボチキンエンジン搭載機 2,184円








FLAGMAN(フラッグマン) 1/350潜水艦シリーズ 2割引き
Img_4197
RF235003 Uボート TypeⅦ型 C/41・シュノーケル搭載 1,680円








Img_4196
RF235006 Uボート TypeⅦC・主力型 88ミリ砲搭載 600隻建造 1,680円








Img_4198
RF235022 Uボート TypeⅦC型 重対空砲型フラックボート 1,680円






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

9/13入荷案内 <ミニアート新作ほか>

ミニアートの最新作2点です。

Img_4185a
1/35 イタリア戦車兵セット 1,512円









Img_4186a
1/35 アメリカ戦車兵セット(北西ヨーロッパ) 1,512円









こちらは既存品。

Img_4187a
1/35 木樽・ビンセット 1,176円









Img_4188a
1/35 家具セット 1,176円









Img_4189
1/35 ソビエト BA-64(r)装甲車(フィギュア5体入り) 3,864円
ヴィジョン製車両キットとミニアート製フィギュアのコラボ商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その4

今日はいよいよ肝心のボディーの赤塗装です。
説明図では赤にパールを混ぜるよう指示されています。赤は手持ちのスーパーイタリアンレッドに色の源のマゼンタを混ぜて赤みを増したものを使いました。

金型がよく磨かれているのかプラ表面はツルツルです。サフを吹く必要はないと思い、ガイアのアルティメットホワイトで下塗りしておきました。このホワイト、能書きどおりの高い隠ぺい力の割にたいへん吹きやすく、サフと違ってツヤも出ますので使いやすい白ですよ。

Img_4177a
白吹きっぱなしの上に赤を塗装。こちらも同様に吹きっぱなしです。




Img_4184a
うまくやればこのようにピカピカに塗り上がります。要は、希釈具合・空気圧力・噴霧の向き・ガンの運行速度の兼ね合いが重要なようです。
私の場合、まだそれらが一定しないため仕上がりにバラつきがあります。もっと練習しないといけません。

実は、塗料皿の塗料が塗装待ちのパーツにブッかかったり、塗料皿の中にパーツがドンブラコと落ちたりと悲しい事故が相次ぎ、かなりヘコみつつの作業でした。

| | コメント (2)

2011年9月11日 (日)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その3

Img_4167a
今日はエキパイの塗装。
昨日黒で下塗りをしてあったので、ガイアのスターブライトシルバーをエアブラシで薄く吹きました。本物の材質を知りませんがメッキのようなキラキラの銀色はないだろうと、その上に同じくガイアのクリアブラウンを吹いて全体に焼けた感じを出した後いろんなクリアカラーを吹いて部分焼けを表現してみました。

このクリアブラウンという色はほかになく、アイディア次第で使い道が広そうな塗料ですよ。

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

大物の塗装

今日は朝から作業スペースのお客様がありました。
昨日偶然弊店を見つけて来店され、瞬間接着剤をお買い上げいただいたのですが、ここでエアブラシ塗装が出来るという話になってたいへん喜ばれ、モノを持って早速来てくださいました。

そのモノというのが、ディ○ゴのR/Cハマーなんです。1/8か1/10スケールとのことで、とにかくデカイ!! 塗装できますから持ってきてくださいと言ったはいいですが、どこに置こうかと苦労しました。安易に何でも引き受けるもんじゃありませんね。

拙作の戦車モデルをご覧になって、こんな感じにしたいから教えてほしいとのこと。ただ、私も現用モノって塗ったことないですし、見慣れた1/35の車両とはスケールが違いすぎてかなり戸惑いました。
持ってきていただいた時点でグリーン1色に塗られていたので、茶色と黒でNATO迷彩っぽくする計画で作業開始。エアブラシも使われたことがないとのことでしたが、私が代わりに塗ってしまっては意味がありません。そういう趣旨で始めたサービスではなく、お客様にやっていただきたいというのが基本ですので、まず私が大まかにパターンを描いて、その中をお客様に塗りつぶしていただくようにしました。


Img_4163a
こうして作業すること3時間、なんとかそれらしく塗装できました。はみ出し等を修正中ですが、「自分一人ではできなかった」とたいへん喜んでいただきました。よかったよかった。

今、作業(塗装)スペースレンタルは1時間300円頂戴しています。なんせ必要とあらばほぼ付きっきりでサポートしてますから、いわば私の時給300円みたいなもんで正直割に合わないです。
このお客様も、「もっと取っていいんじゃないですか」と言ってくださいましたが、何をしていただくにも普通1時間じゃ終わらないですよね。今のところ、ご利用時間は平均3時間ってところです。すると利用料金が1,000円くらいにはなるわけで、私でも逆の立場ならこれ以上支払ってまでプラモを作り(塗り)に行くかなと思うわけです。
ですので、今のところ値上げは考えてません。皆さん、どんどん私をコキ使いに来てくださいませ。実際、いろいろ話しながら作業するのを私自身も楽しんでます。

忘れるところでしたが、この間に懐かしのリック親子が来店。ぽっぽちゃんと同い年の妹がポケプラを作っていってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その2

Img_4154a
メッキパーツはよくあるピカピカのおもちゃみたいなメッキではなく、ツヤを抑えた質感のあるメッキがかけてあります。また、ほとんどのゲートをアンダーゲートにする配慮もされていて、そのまま使ってもほとんど問題ないように思えました。
ただ、一部塗装する部品もありましたので、いつもどおり漂白剤でメッキを落とすことにしました。この方法を知らなかったらそのまま組んでいたと思いますよ。

Img_4157a
セミグロスブラックで塗装する部分を組み立てて塗装。こういう部分ってきっとカーボン製でしょうから、ホントはそういう表現をすべきなんでしょうね。
組んでいて感心したのは、パーティングラインがうまく処理してあって、ほとんどパーツに出ていないことです。説明図が見にくい(部品の向きが分かりにくい)ことを除けば、たいへんストレスなく組めます。

Img_4160a
エンジンブロックの塗装には、ガイアのブライトシルバーを使用。アルミっぽい質感が気に入っています。

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

治りません

「耳管開放症」ってご存知でしょうか。耳管とは耳の奥と鼻の奥をつないでいる管で普段は閉じているのですが、これが開きっぱなしになる病気(?)らしいんです。どこかが痛いとかではないのですが、自分の声が大音量で耳の奥から響いてくるので、自分の声が明瞭に聞こえずしゃべりづらいんです。また、常に耳が詰まった感じ(電車に乗ってトンネルの中に入った時の感じ)がして呼吸音がゴーゴーと耳に響くので、不快なことこの上ありません。

実は私、かなり以前から時々この症状が出て、一度耳鼻科も受診したのですが、どこも異常はありませんと言われてそのままです。
ただ、しばらくはずっと治まっていたのですが、ここのところ再発し、しかも頻度が高くほぼ一日中なのです。

私の場合、疲れた時やお腹が空いた時になりやすいと感じていました。たしかにお店を始めてからは、ままならないことが多いですからねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジミ 1/20 F2007(ブラジルGP) その1

サンプルキットの制作を続けます。
お次はF1で、またもや光りモノです。しかも、模型屋のくせにF1はたぶん生まれて初めての挑戦です。

Img_4130a
キットはこちら。フジミの「F2007 ブラジルGP仕様」です。


Img_4131a
ボディーパーツがクリア成型の、スケルトンとなっています。
でも、スケルトンで作っても「それがどーした!?」みたいな気がするので、普通に塗装して仕上げることにします。

Img_4134a
いくら塗装するとは言っても、パーツが透明では塗装後も光が透けて何だかみっともないことになりそうな気がするので、裏から塗装して遮光したいと思います。

まずはガイアのサーフェイサーEVOホワイトを塗りました。得意の缶スプレーじゃないのは、今回はあまり表に塗料が回ってほしくないからです。

Img_4141a
これだけではまったく不十分ですので、より遮光性の高そうなシルバーを重ねました。
最初はクレオスのスーパーシルバー(たまたま持っていただけです)を吹いたのですが、あんまり光が遮られない感じでした。そこで、ガイアのスターブライトシルバーをさらに重ねました。この塗料、高いんですよね。ただの裏打ち塗装なのになんて贅沢な…。
でも、高いだけのことはあってたいへん吹きやすいですし、金属感や光沢も見事です。

Img_4144a
グロス塗装をうまく仕上げるにはいろんなコツやテクニックがあって、もちろん私ごときはまだまだ勉強不足ですが、誰でもできて意外に知られていないこともあります。ハンドピースの向きや動かし方なんですが、自補修の職人さんには当たり前のことだったりします。興味のある方はお尋ねくださいね。

Img_4145a
完成後にシルバーが見えるとみっともないので、最後に黒を重ねて終了です。
クレオス・GXカラーのウィノーブラックが残っていたので使いましたが、途中でなくなったので、比較のためガイアのピュアブラックに切り替えました。

Img_4146a
こちらGXカラー。
ちょっと粘度が高かっただけかもしれませんが、少し粒状感があります。



Img_4152a
一方のガイア。
同じシンナーで同じように薄めて同じ環境で塗ってるのに全然違う!! うまく塗れるとテラッテラです。塗料皿の中の顔料の細かさも違うように見えました。 

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

初挑戦

アオシマのハイエースが完成しました。引き続き次のサンプルキットの制作にかかります。
今度はフェラーリのF1で、F1モデル自体初めて作ります。このシロート店主をどうか温かく見守ってやってください。
この様子も直番ブログでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオシマ 1/24 アズマックス・ハイエース その3 <完成>

ハイエース、めでたく完成です。

Img_4126a 
制作日数3日、ボディー塗装はラッカー(無研磨)です。
メッキはすべて剥がして、クレオス・スーパーメタリックのクロームシルバーで塗装しました。

Img_4115a
ヘッドランプにまぶたみたいなのが付くんですが、塗るのを忘れたので省略です…。




Img_4120a
リアのコンビネーションランプは塗り分けが少々難しかったです。




Img_4117a
カーモデルの塗装って、やっぱり難しいというか、奥が深そうですね。なんでこんなに安っぽくなっちゃうんでしょうか?
まだまだ勉強不足です(というか、勉強し始めたところ)。これから頑張ります!!

| | コメント (2)

2011年9月 7日 (水)

アオシマ 1/24 アズマックス・ハイエース その2

Img_4080aa
内装の塗装です。ドアの内張り部とフロアはエアブラシで塗り分け、真ん中のボックスは筆塗りです。パクトラタミヤ、まだ現役ですよ。内張りと少し色が違うけど、まあいいか。


Img_4084a
ミラーの鏡面はやっぱりハセガワ「ミラーフィニッシュ」。塗装ではこの輝きは出せないでしょう。



Img_4086a
内装完成です。
シートのスミ入れは、MIGプロダクションのニュートラルウォッシュを使いました。



Img_4087a
ボディーもほぼ完成。
窓枠はタミヤ・エナメルで筆塗りしました。




Img_4089a
ヘッドランプ周りがチャチな感じになってしまいました。

次回で完成ですね。

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

久々に…

『i-modellers』の作例制作が無事終了し、久しぶりにサンプルキットを作ることにしました。
開店当初にいただいたものなのでもっと早くに作るべきだったんですが、なかなか時間がとれませんでした。

キットはアオシマの1/24のVIP仕様ハイエースです。クルマを作るのは、思い起こすと10年ぶりくらいです。ハッキリ言ってヘタですので、練習も兼ねています。制作の様子は店主ブログに掲載します。興味のある方はのぞいてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオシマ 1/24 アズマックス・ハイエース その1

久しぶりにサンプルキットの制作をします。今回は、クルマです。私はクルマやバイクといった「光りモノ」の経験が少ないので、勉強にもなるし一石二鳥です。

Img_4063a
アオシマの「VIPアメリカンシリーズ」ですね。

面積のデカいハコ車なので、お得意の缶スプレーで塗装しようと思ったのですが、せっかく平吹き用のエアブラシ「イワタ・HP-TH」を借りているので、そちらの練習も兼ねてみることにしました。

指定色は白なのですが、別に好きに塗ればよかろうと、ホワイトパールにしてみました。またクリアは、手持ちのクレオス・GXカラーがなくなったので、ガイアのEXクリアを試してみることにしました。
何から何まで初尽くしです。

Img_4072a
さて、いきなり塗装後です。この時点で研磨はしておらず、吹きっぱなしの状態です。
とにかく、平吹きはラクですね!! 比較のためにパールは0.3ミリの普通の丸吹きで塗ってみましたが、特にボディー横の広い面を塗ると違いは歴然。もちろん上手なかたはそれでもうまく塗られるのでしょうけど、豊富な経験とテクニックが必要だと思います。
でも、模型作りは何も難しいことをしたほうがエライわけではないので、結果が同じならラクをしたほうがいいですよね。

Img_4076a
また、EXクリアは、能書きにもあるとおり肉厚感があり、また非常に平滑な塗装面が得られます。この後、タミヤエナメルのシルバーを塗ろうとしたらはじかれて塗料が乗らなかったほどですよ。エナメル塗料がですよ!?

Img_4077a
蛍光灯が割ときれいに映り込んでます。まあ、上手の方からは笑われるレベルかもしれませんが。

エアブラシでの塗装を終え、ひとまず乾燥待ちです。

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

9/3入荷案内 <ポケモンのプラモデル>

以前、ウチのぽっぽちゃんがポケモンのプラモデルを作ったことがありましたが、また作ってみたいというので、「ピカチュウ」を買ってやりました。

とにかく今は、子どもがプラモデルに親しむきっかけにできるキットってホントに少なくなりました。例えばクルマですと、昔はイロプラとまではいかないにしてもボディー、フロア、内装とランナーごとに成型色を分けていたので、本格的に色を塗らなくても子どもなりに満足のいく出来上がりになったもんです。
ところが、今のキットは箱を開けたら中身は白一色。これでは塗装を避けて通ることはできません。塗装が前提というか、塗装をするために都合よくできちゃってるんですね。

一方このポケモンシリーズはというと、中身は当然ガンプラと同じくイロプラですが、さらにスゴイのが説明図。ガンプラの説明図は、お世辞にもあまり見やすいとは言えません(慣れた人には分かりやすいと感じるかもしれませんが)。

Img_4047a
しかし、ポケプラは図に影をつけた3DCGになってるんですね。まだ立体把握がうまくできない子どもにも、たいへん分かりやすいものになっています。
「ここまでする必要もないだろう」という気がしないでもありませんが、おかげで小2のぽっぽちゃんでも誰の助けを借りることなく、楽しく作ることができます。

ということで、少し揃えてみることにしました。


Img_4042a
ビクティニ
王道のピカチュウ 各540円








Img_4043a
進化セットシリーズ 各718円
3体分と、それぞれポーズの違うピカチュウが入っています。

私が子どもの時作った「ロボダッチ」のプラモを思い出します。たしかあれも2体ぐらい入っていたと思うのですが、当時行きつけの模型屋にはなくて、お祭りのときの出店に行くと買えました。


Img_4044a
私はポケモンをまったく知らないので、なんだか分かりません。説明は割愛します。








Img_4045a
それにしても、こんなカラフルなキャラクターが塗装せずに再現できるというのは、スゴイと思います。








Img_4046a









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

親子でプラモ作り

今週末も制作スペースでプラモ作りをしていただきました。実は先週来ていただいたのですがちょうど先客があり、場所をご提供できなかったので日を代えていただいたのです。その後、今日のご予約をいただいていました。

今日は親子4人で制作でした。お兄ちゃんは人気のサボイア。そして弟クンはHGUCのシャアズゴッグです。

Img_4067aa
ズゴッグは、途中から何だかほとんどお母さんが作ってたような気が…。それはともかく、1時間半で完成。








Img_4066
お兄ちゃんは、ちゃんとコクピットの塗装もチャレンジし、2時間半くらいでほぼ完成。たいへん集中して作っていたせいか、接着剤を使うプラモデルが初めてだったにしては驚くほどキチンと作り上げました。

次は塗装です。私も一生懸命サポートしますので、ぜひカッコよく仕上げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/3入荷案内 <MIGプロダクションズ>

最近AKインタラクティブに押されて何だか影が薄くなったような気がする(?)MIGプロダクションズですが、ウェザリング・仕上げ用塗料としての魅力は健在です。

Img_4033aa
エナメル系塗料 ウォッシュシリーズ 各色1,100円

スミ入れ塗料の先駆けです。スミ入れといえば黒かコゲ茶とだいたい相場が決まっていましたが、グレイ等の独自の調色が新鮮でした。

左から
ダークウォッシュ  グリーン、ジャーマングレイ等の暗い塗色に
ブラウンウォッシュ  サンドイエロー系のやや明るい塗色、ブルー系に
ニュートラルウォッシュ  白や明るいサンド系、レッドプライマー、明るいグレイ等に
いずれも、最近タミヤから発売されたスミ入れ塗料よりも複雑で微妙な色味なのが魅力です。

Img_4032aa
ホワイト系のウォッシュ液です。

ウォームホワイトウォッシュ  白の塗色に
コールドグレイウォッシュ  寒冷地域のあらゆる物に
ウィンターカモフラージュウォッシュ  冬季迷彩を施されたあらゆる物に




Img_4031aa_2
アースウォッシュ  オールマイティーに
ディープグリーンウォッシュ  連合軍のグリーン塗色に


このウォッシュシリーズは顔料の沈澱が激しいので、よくかき混ぜてからご使用ください。
また、特に薄める必要はありませんが、色が濃いと感じる場合はエナメル系溶剤(ペトロール等も可)で薄めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

9/3入荷案内 <飛行機・クルマ・お城・書籍>

Img_4026a
ハセガワ 1/32 雷電21型 4,347円
初回特典付き







Img_4025a
アオシマ ロンドンタクシー 1,701円
箱絵はワインレッドですが、成型色は黒です。







Img_4048a
新製品の松江城に合わせて、同シリーズのお城も取り揃えました。スタンダード版にはないお城もありますよ。

童友社 JOYJOYコレクション 各1,134円
姫路城
大阪城
名古屋城
江戸城
松山城
松本城
安土城

Img_4021a
アイズ 0.4ミリ幅マスキングテープ 189円









Ccf20110902_00000
書籍

Confora 「PANTHER」 オールカラー(一部白黒) 英語  3,990円
大変素晴らしい作例を美しい写真で見せてくれます。また戦場写真や考察のページも豊富です。












Ccf20110902_0000
Israerli Wild & Cruel Cats vol.1 「PUMA」 オールカラー 英語 3,643円
車両の汚れ方の観察は、やはりカラー写真が一番ですね。図面付き。イスラエル車両ファンの方に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/2入荷案内 <ミリタリーその他、マテリアル>

Img_3999
イタレリ 1/35 イタリア自走砲 セモベンテL40 da47/32 3,024円








Img_4000
イタレリ 1/35 ドイツ 38(t)F型戦車 3,402円









Img_3998
童友社 1/500 松江城 1,134円

新金型です。







Img_4002a
タミヤ・アフターパーツ 1/12 RC211V('03) フロントカウル・タンクカバー 280円








Img_4003a
03年型RC211Vの、ショートタンク部品です。
写真右が、テレフォニカモビスターのキットのパーツです。
ポン付けは出来ないかもしれませんが、故加藤大治郎選手仕様のクルマを再現するのに使えると思います。






Img_4001
ウェーブ 瞬間接着剤 ×3L低白化タイプ 510円

3本入りでお得なウェーブの瞬着に、低白化タイプが加わりました。






Img_4008a
クレオス・スーパーメタリック メッキシルバーNEXT 850円

…やっと入荷してきました。
うすめ液は使い分けが必要です。塗料の希釈には「水性ホビーカラー用」を、用具の手入れには「ミスターカラー用」をそれぞれ指定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

台風接近中!!

こんな天気でも店を開けておりますが、外はスゴイ風で、店の入り口のドアが勝手に開いてしまって危ないので中から鍵をかけています。

とはいえ、そろそろ今日は閉めようかな。お隣の美容院さんも閉めてしまったし、何よりこれから本格的に攻めてくるので家が心配です。我が家の周辺は少し土地が低いので、よく冠水するんですよ。数年前にも床下浸水しましたし…。

| | コメント (4)

9/2入荷案内 <AKインタラクティブ製品、緊急入荷!!>

開業時から発注していた「AKインタラクティブ」製品が、ようやく納品されました。
ミリタリーモデルファンのかたならもうご存じでしょう。ミグさんがMIGプロダクションズを離れてから新たに携わったブランドで、ウェザリング用に特化した塗料です。
土やホコリの色というのは、自分で調合するのが思いのほか難しいものです。これらの塗料は、その手間と時間を節約し、塗料のムダを抑える「お助けグッズ」と言えるでしょう。

Img_4037a
エナメル系塗料 各色600円

左から、
AK012 ストリーキング・グライム
AK013 ラスト(錆)・ストリーク
AK014 ウィンター・ストリーキング・グライム

「ストリーキング・グライム」とは聞きなれない言葉ですが、要は筋状の汚れ表現のことです。

Img_4036a_2
012はダークイエロー用、014は冬季色用の設定です。









Img_4038a
AK015 ダスト・エフェクト
AK016 フレッシュ・マッド
AK017 アース・エフェクト







Img_4039a
015はヨーロッパの白っぽい土埃のイメージ、017は一般的な土埃の色です。
016はツヤありで、湿った泥のイメージです。







Img_4040a
AK022 アフリカ・ダスト・エフェクト
AK023 ダーク・マッド
AK079 ウェット・エフェクト







Img_4041a
022は、015よりも赤みのある埃色です。
023は、ツヤのない、乾いた泥のイメージです。
079は、汚れ表現ではなく濡れた感じを表現するクリア塗料のようです。

その他に、AK066 DAK用ウォッシュ液と共通専用溶剤が入荷しております。
溶剤は、35ml入りと100ml入りがあります。



各色とも、「書いてある目的」にこだわらずに自由な発想で使えば良いとも思いますが、逆にいえば「目的別にもっとも効果的な色をわざわざ作ってある」のです。まずは能書きにしたがって使ってみることをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/30入荷情報 <ミリタリー・ミニアート製品いろいろ>

弊店は問屋の配達地区から外れているため、入荷は原則として配送によっています。したがって、どうしてもこまめな入荷ができず、一度にまとめて入荷してきます。
そのため、一度にご案内しきれませんので、分けてアップします。

今回はミニアートのフィギュア関係です。マスターボックス製品同様、2割引きです。

Img_3988a
ドイツ市民 1,512円









Img_3989
イギリス 戦車騎乗兵 1,512円









Img_3991
WW2 運転手 1,512円









Img_3992
ドイツ 戦車兵(フランス1944) 1,512円









Img_3993
ドイツ 休息中の兵士 1,512円









Img_3961a
箱絵左端の、ヒゲを剃る兵士の表情がユニークです。









Img_3994
イギリス 戦車兵 1,512円

服のシワの表現が絶妙です。







Img_3997
アメリカ オートバイ整備兵(オートバイ2台付き) 4,032円









Img_4006a_2
オートバイのスポークはエッチングパーツですが、型押し用のジグもちゃんとセットされています。








Img_3995
情景用アクセサリーです。

路上アクセサリー 1,512円







Img_3996
ヨーロッパの荷車 2,184円
木目の表現が見事です。

次回も、その他入荷案内の続きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

『i-modellers』作品、展示中

Img_4017a
Webマガジン『i-modellers』4号に掲載中の拙作を、店内に展示しております。
ご来店の際にご覧になってください。またご意見やご感想もお寄せくださると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/30入荷情報 <ミリタリー・マスターボックス製品いろいろ>

本当は8/30に入荷してたのですが、制作のお客様に付きっきりでしたのでアップできませんでした。

今回はミリタリーの輸入フィギュア関係が多数入荷です。こちらは2割引きとさせていただいております。

Img_3968a

イギリス第8軍北アフリカ兵士5体+アラブ民間人1体&ラクダ 1,848円







Img_3970a










Img_3971a
ドイツ・ソ連 遭遇シーン5体(ドイツ軍3体+ソ連軍2体)+バイクパーツ 3,360円








Img_3972a_2










Img_3973a
1944年ヨーロッパ・ドイツ兵2体+農民2体+農馬2頭&馬車 2,184円








Img_3974a










Img_3975a
ドイツ歩兵4体+乳牛2頭&ヤギ1頭・搾乳シーン 1,848円









Img_3976a










Img_3977a
ドイツ負傷歩兵3体1943-44年帰還待ち 756円 









Img_3978a










Img_3980
家畜セット 牛2頭ヤギ1頭 840円









Img_3982
ドイツDAKアフリカ軍団戦車兵3体+現地民間人1体+荷役ロバ 1,680円







Img_3983










Img_3984a
フランス1944年・アメリカ降下兵3体+民間人3体+馬車 2,100円








Img_3985a










Img_3986a
東欧の子供3兄弟と老夫婦-男女5体 1,344円









Img_3987a










Img_3979
ドイツ歩兵FAUSTMANイェーガーファースト・3体入り 1,008円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »