« これぞWorld's finest models!! <前編> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その8 »

2011年5月12日 (木)

これぞWorld's finest models!! <後編>

Img_2505a
タスカの1/24の2号戦車F型です。同社のウェブサイトに写真が掲載されてます。また、VallejoのDVDで撮影に使われている作品です。


Img_2505b
前出のパンサーもそうですが、ダークイエローはかなり明るい色調です。




Img_2506b
表情が多彩ですね。





Img_2534a
描き込まれている内容がとても多いです。
こういうことを「情報量が多い」というんでしょうね。



Img_2528b
他の会員氏の作品を見てアドバイスするミゲル氏。
私の時もそうでしたが、氏のほうから「キミの作品はあるの? あるならぜひ見せてよ!」と話しかけてくれていました。とても気さくな人です。
でも、このようにアドバイスは熱心にしてくれます。英語はよく分からないので、まさにインターナショナルなマルタケ社長が頼りです。この会員氏はいくつか問題点を指摘され、課題を与えられていました。そして、「(静岡に向けて)この一週間はとてもハードワークになるよ!」とビビらされて、いや、励まされていましたよ。

Img_2527a
このDIANAは、かなりハードな塗装の剥がれが施されています。
ほかの写真は、残念ながらピンぼけばかりでした。


Img_2536a
AM誌にも掲載された、タミヤのBT-7。
雑誌の写真では意外とおとなしく感じられたのですが、やはり実物は違いますね。写真と実物の違いを最も感じた作品で、何時間見ていても飽きない気がします。
グリーン単色塗装ですが、明らかに「単色」ではありません。微妙な色調の変化の付け方が素晴らしいですね。これは、やはりミゲル氏の色彩感覚のなせるワザだと思います。

Img_2537b
泥の飛沫の表現も巧みですが、前の写真同様、フェンダーの色調に目が行きました。

写真はもっと撮ったのですが、ピンぼけや手ブレがひどく、ボツばかりでした。大変残念です。

ウワサによると、ミゲル氏は静岡ホビーショウにも行かれるらしいので、もしかするとこれらの作品を見れるかもしれません。参加するかたはぜひチェックしてください。


マルタケインターナショナルさんのブログによると、静岡ホビーショウにて何とミゲル氏の塗装実演が行われ、質疑応答まであるそうです。もちろん今回ご紹介した作品も展示されます。

生ミグ・生作品・生塗装そして生会話(当たり前か)!! これはスゴいことになりました。泊まりで行きたくなってきました…。

|

« これぞWorld's finest models!! <前編> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その8 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは ご無沙汰しております
ミゲル氏の作品を生で見れるとは羨ましいですね。大胆な色使いやハードなウェザリングなど非常に高い次元で調和されている作品だと思います。最近観たAKインタラクティブのDVDで彼のテクニックに改めて驚き感心すると共に自分には何年たっても出来そうにない、と再認識しました(笑)

投稿: ふぁっとまん | 2011年5月12日 (木) 19時41分

ふぁっとまんさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。お元気でしたか? ブログを閉められたようで、案じておりました。

今回は本当にラッキーとしか言いようがありませんでした。静岡でも見ることができそうですが、見る人の数が違いますからね。

最近見たDVDというのは新しく出たヤツでしょうか。まだ見てないんですよ~。欲しいんですけどね。
また覗きに来てくださいませ。

投稿: Bluebell | 2011年5月12日 (木) 19時51分

きゃー♪今からスペイン語の勉強をしなければ!!英語で良いのかな・
驚きと言いますか、感嘆の言葉しか出てこないですね・・・生ミグ実演!!場所取りしていないと無理かなぁ・・・他にも色々見たいし・・・

投稿: ホワイトタイガー | 2011年5月12日 (木) 20時01分

ホワイトタイガーさん、こんにちは。
エラいことになりましたね!! 今回のホビーショウは、特にAFVモデラーにとってはまさに阿鼻叫喚、前列確保のために骨肉の争いが展開されそうな2日間になりそうですね。
ミグさんは英語が話せますので、スペイン語を仕込む必要はありませんよ。安心してください。
どんな実演を披露してくれるのか、とても楽しみです。最新のDVDのように、1時間で塗装を仕上げる様子でも見せてくれるのかな…。

投稿: Bluebell | 2011年5月12日 (木) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これぞWorld's finest models!! <前編> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その8 »