« 第50回静岡ホビーショー2011 <合同作品展 その9~MIG's workshop> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その10 <基本塗装> »

2011年5月26日 (木)

アオシマ 1/700 長門 その9

この1週間のホビーショー特需でアクセスカウンターが急激に上昇し、いつの間にか20万ヒットに達しておりました。こんな私のブログをご訪問くださる寛大な読者の皆様に、深く御礼申し上げます。また、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


さて、止まっていた長門の制作のほうも、ぼちぼちと再開します。また私の拙い制作記事におつきあい下さい。

Img_5625b
長い間触っていなかったので、どこまで進んだのか分からなくなりましたよ。
砲身は、古いキットですので砲塔裏からフォーク状の砲身パーツを突き出す構造になっており、そのため根元のキャンバスのカバーがありません。
そこで、これをエポキシパテで再現しました。

Img_5627a
箱絵とカタログの写真を参考に、それらしく作ってみました。

|

« 第50回静岡ホビーショー2011 <合同作品展 その9~MIG's workshop> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その10 <基本塗装> »

アオシマ 1/700 長門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第50回静岡ホビーショー2011 <合同作品展 その9~MIG's workshop> | トップページ | アオシマ 1/700 長門 その10 <基本塗装> »