« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その2 | トップページ | 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 »

2010年12月 1日 (水)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その3 <マジックトラックの加工>

キャタピラは、キットのベルト式ではなく、連結式を使いたいところです。
ストックには、カステンの可動式と非可動式、ドラゴンのマジックトラックの3つがありました。このうち、カステン製はタミヤの起動輪とは幅が合わないため、起動輪にスペーサーを入れて少し広げてやる必要があります。
ところが、実はすでに起動輪を組んでしまい、外そうにももうガッチリと接着されているんです。
Img_4285
ですので、カステンはあきらめて、マジックトラックを使います。こちらも若干きつめですが、何とか使えそうです。ストームタイガーに続いて連投ですね。

さて、ストームタイガーヤークトパンサーの記事でも書きましたが、マジックトラックは圧入による仮組みができるようになっていて、これが後々悪さをします。そこで、これをキャンセルする加工をします。

Img_42811
拡大すると、矢印で示したヒンジの両側に、小さな突起がありますよね。これをすべて削り落とすのです。
ヤスリで削り落とすより、デザインナイフで、刃を突起に引っかけて切り落とすほうがやりやすいでしょう。

とは言え、キャタピラ1枚につき12ヵ所(!)もあるので、相当面倒です…。集中力を切らさないよう、一気にやっつけましょう。
キングタイガーのキャタピラは、2種類のリンクを交互につなげていくようになっています。この突起があるのは写真のリンクだけですので、タイガーに比べて枚数は半分程度で済みます。

でも、これをやったからと言って、完成後はゼンゼン分からないんですよねぇ…。結構ムナシイ作業です。

|

« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その2 | トップページ | 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 »

キャタピラ」カテゴリの記事

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その2 | トップページ | 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 »