« 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 | トップページ | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その5  »

2010年12月 3日 (金)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その4 <マジックトラックの取り付け>

マジックトラックを足周りに取り付けます。先のストームタイガーの記事と重複するところは省略します。

キングタイガーのキャタピラは、2枚1組のリンクをつないでいきます。そのため、長さ調節は2枚単位となり、リンク枚数の足し引きでは微妙な調節ができないのが難点です。
そこで、下準備として、誘導輪のシャフトを少し回るようにして、枚数で調節しきれない分を誘導輪で調節できるようにしておきます。

Img_428911
タミヤのキットの誘導輪のアームは、無加工ではこの位置で固定されます。




Img_429011
そこで、この位置ぐらいまで後ろに下がるように、差し込み部を加工します。つまり、キャタピラを張れるようにするわけです。
ちなみに、実車もこのように張りを調節します。

キャタピラの枚数は、タミヤ純正の連結キャタピラでは「合わせて90枚」と指定していますが、とりあえず長めに94枚連結して組み付けてみます。
ところが、やはり調節が難しく、92枚では誘導輪を後ろへ下げても長く、90枚では逆に誘導輪を前の位置にしても張りつめてしまう有様でした。結局、ちょっと垂れ下がりすぎですが92枚で決めるしかありませんでした。

Img_4293
最後に、チェーンを重しとして乗せておきます。ティッシュなどを隙間に詰めて無理に押さえるよりも、重力によって自然な弛みがつきます。
これは、3号戦車のような上部転輪がある車輛にも効果的な方法です。

|

« 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 | トップページ | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その5  »

キャタピラ」カテゴリの記事

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Space Battleship ヤマト』、観ました。 | トップページ | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd その5  »