« 正月目前の不運 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その28 <完成> »

2010年12月30日 (木)

タミヤ ストームタイガー その27 <仕上げ塗装3>

各部にチッピングを施しました。タミヤ・エナメルのガンメタルをベースに、ブラウンジャーマングレイ等を混ぜて、若干青みを帯びた赤鉄色を作ります。赤みの具合で「車輛の生と死」が変わってきます。私は遺棄車輛にしませんので、赤みは抑えた色味にしています。
チッピングは大変模型映えするテクニックですが、実車写真を見るとそんなにハゲハゲな印象を受けないので、私はなるべく控えめにしています。とにかく、均等にならないように、また極細筆で小さく点で描くのがコツだと思います。
ただ、この車輛の場合は天井に給弾口があってクレーンで砲弾を運び入れているので、たぶん乗員が上に乗って塗装が剥がれるだろうと想像しました。そこで、給弾口付近だけはちょっと大げさに剥がれを描いてみました。まあ、メリハリってヤツでしょうか。

Img_4782
車体各部にピグメントで汚しをかけました。リアルさを意識するあまり、やり過ぎて粉だらけで真っ白にならないように、加減に気を配ります。特にコーティング面はピグメントが乗りやすいので要注意ですね。

Img_4784
いよいよ完成が近付いてきました。
本当は今回で完成に持っていく予定でしたが、もうちょっとだけ粘ります。



Img_4785
気に入らないのは、後部の排気管です。





Img_4789_2
今まで、排気管はいつも赤茶系色のパステルでサビサビに塗装していたのですが、実車写真を確認してみたら、意外に白く写っているんですね。
高熱で焼けるのは確かなのですが、古びたドラム缶焼却炉みたいに錆びて真っ赤になるのではなく、焼けて白っぽくなるのかもしれないなあと思ったわけです。

ところが、この再現が難しいんですね。なんとなくイメージはあるので試行錯誤しながら一応やってみたのですが、もうひとつイメージどおりになりません。

こういうときは、ヨメさんに見てもらうのが一番です。
ヨメさんはもちろん素人ですが、プラモのことを知らない人は先入観や固定観念がありませんから、実に的確な意見が聞けるのです。
逆にいえば、素人に見せて「わ~、よく焼けた排気管だ」と言わせれば大成功なのです。
当然、一目見た反応は「?」でした。で、何がしたかったか説明すると「ナルホド」と言ってはくれましたが、「なんか違うと思わへん?」と訊くとやはり「そうやなあ」とのこと。

ちょっともう一工夫が必要です。

|

« 正月目前の不運 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その28 <完成> »

タミヤ ストームタイガー」カテゴリの記事

コメント

こんにちはBluebellさん。

私もマフラーの塗装は悩みの種です。
実車がマフラーに迷彩色を塗っていたのかも判りませんし経年変化と言っても短期間にどれだけ~って気がします。

そろそろマフラーの表現も考え無くてはと思っていましたので、Bluebellさんのマフラーの仕上げ法注意深く見守っています。

投稿: ハンス | 2010年12月30日 (木) 09時08分

ハンスさん、こんにちは。
今まで数年、「排気管は焼けてサビサビになるもの」と決めつけて塗っていました。もちろん間違いではないと思うのですが、ふと写真を見たら、必ずしもそうではないみたいなんですね。
缶をバーナーなどで熱すると、やがて白く焼けてくるのを見たことがあった気がするので、そのイメージがうまく再現できればなあと思ってやっています。
拙作なんて、注意深く見守ってもらうほどの代物ではありませんが、またアドバイス頂けると嬉しいです!

投稿: Bluebell | 2010年12月30日 (木) 13時13分

Bluebellさんこんにちは
良いなぁ~、意見の聞く事の出来る奥方様で・・・うちの所は「戦車=戦争=人殺し」と考えの様で、模型部屋にすら入ろうとしません。人それぞれなんですがね・・・
「焼けマフラー」は、やはり実物を見てみたいですね!もちろん戦時中の物は不可能ですが、陸自なら可能かな?(でもエンジンや、排気系が同じと言う訳ではないので参考にならないかな?)以前「戦車を観に行こう」と企画した事もありましたが・・・

投稿: ホワイトタイガー | 2010年12月30日 (木) 13時50分

ホワイトさん、こんにちは。
確かに「戦車=兵器」ですから、私も戦車自体はあまり好きではないんです(別に反戦主義を掲げてるわけではありませんが)。あくまでもそのカタチやプラモ作りの過程が好きなだけですから。
「人殺しをする兵器の模型を作って喜ぶなんてけしからん!」と言い出したら、クルマだって相当人を殺してますから、れっきとした殺人マシーンですよ。それも「罪なき民間人」しか傷つけませんから、もっとタチが悪いかも。クルマなんて、悪い側面だけを見れば、善良な皮を被った凶器でしかありません。
まあ、それはともかく、マフラーなんかは、戦車は無理でも重機とかなら実物が存在しますから、それらを観察するといいんでしょうね。

投稿: Bluebell | 2010年12月30日 (木) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月目前の不運 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その28 <完成> »