« しゃみーさんの挑戦~ベアッガイ その3 <組み立て終了> | トップページ | タミヤ ストームタイガー その22 <キャタピラの塗装> »

2010年12月23日 (木)

タミヤ ストームタイガー その21 <汚し塗装>

キャタピラをはめる前に、車体下部に汚し塗装をします。

Img_46691
タミヤ・アクリルのフラットアースデッキタンを混ぜて明るめのホコリ色を作り、これをエアブラシで砂目吹きしました(写真が明るすぎて不鮮明でしたので、ちょっといじりました)。
薄めに希釈した塗料を、エアを絞って吹くと、このように荒い飛沫が出ます。筆に含んだ塗料をを指ではじいて飛ばしたような表現ができます。

合わせワザとして、エアを出す前にトリガーをチョンと引いてすぐ戻し、ノズルに塗料を溜めてからエアを出します。すると、もう少し荒く大きい飛沫が出ます。

どちらも、やり過ぎには要注意です。「土汚れを塗装で表現した」のではなく、単に土色で塗装しただけになってしまいます。

Img_46881
次にピグメントで立体的な土汚れをつけます。先程の汚し塗装の意味があまりないように思えますが、いきなりピグメントを塗りつけるのも不自然な気がしますので、このようにしています。
ピグメントを定着させるために、私はクレオスのマークセッターを使っています。これを汚したいところに塗り、ピグメントをまぶして、筆で軽く押さえていきます。

Img_46931
そして、マークセッターが乾いたら、一度霧吹きで水をスプレーして少し流してしまいます。はっきり言ってもったいないのですが、こうすることで余分なピグメントが落ち、かつ下へ流れるので、より自然な風合いになります。ただし、うまくいったかどうかは残念ながら乾燥待ちです。

このあたりの行程は、どうするのがいいか、まだ試行錯誤中です。

|

« しゃみーさんの挑戦~ベアッガイ その3 <組み立て終了> | トップページ | タミヤ ストームタイガー その22 <キャタピラの塗装> »

タミヤ ストームタイガー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
ピグメントを洗い流す・・・太っ腹~(驚嘆)!!
セコい私は「洗い流せば良い表現出来るかも」と思いながら、ピグメントの高価な事を思い出して躊躇しておりました。
写真拝見して「思いきるベシ!!」
・・・と決心した次第であります(笑)
でも、いざ・・・って時には迷うんだろうな~。
なんせ、ハケでふるい落したのを集めて再使用している位ですから。

投稿: コウ | 2010年12月23日 (木) 22時48分

コウさん、こんばんは。
私もチョー貧乏性ですから、作業中に落ちたピグメントは厳重に回収しますよ(キッパリ!!)。だって高いですからね。
また、水で流すと言っても皿洗いのようにジャージャー流すわけではありませんし、マークセッターでくっついた分は流れませんから、そんなに損失はない(と信じたい)です。
あと、この作業だけは安価なパステルを使うとか。

投稿: Bluebell | 2010年12月23日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しゃみーさんの挑戦~ベアッガイ その3 <組み立て終了> | トップページ | タミヤ ストームタイガー その22 <キャタピラの塗装> »