« タミヤ ストームタイガー その8 <細部工作続く> | トップページ | もみーさんの憂鬱は続く… »

2010年11月24日 (水)

タミヤ ストームタイガー その9 

キットにはデカイ砲弾が付属していて、車内に搭載できるようになっています。
積んでもどうせ見えなくなるので、どうするか悩みましたが、まあせっかくあるから積んどくことに。

Img_4098
砲弾を塗装し、デカールを貼りました。
タミヤ・アクリルで塗装後、ラッカーのツヤありクリヤーを吹いています。



Img_4109
こんな感じで、まったく適当に積みました。
車体内部の塗装は、手抜きをしてタミヤの白サフそのままです。
(ただ、後で戦闘室をかぶせると、真ん中の装填用ローラーに載せた弾が砲尾と干渉しましたので、あわててラックに移しました。)

Img_4099
さて、戦闘室の小細工としては、溶接痕の再現だけしつこくやっときました。




Img_4102_2
側面の吊り上げフックには溶接痕がモールドされていますが、ちょっと甘いので上から付け足します。



Img_4106
ペリスコープのガードや後部ハッチのステーは、もともと組み立て時に隙間が開いてしまっています。この作業はこれを埋める意味もあるので、一石二鳥です。


Img_4122
エポキシパテを使った溶接痕の再現は、簡単にできて実におもしろいので、やり出すと時間を忘れて止まらなくなります。
実車の写真を見ると、砲盾は砲身に溶接されているように見えましたので、ここも再現。ただ、ビードの質感(パターン)はちょっと変えておきました。

Img_4119
戦闘室をのっけて、カタチになりました!!
なかなか迫力のある車輛ですねぇ! ある意味、普通のタイガーより押し出し強いかも。フェンダーを前後左右すべて外したのも貢献してます。やっぱりタイガー系はフェンダーレスが似合うなあ。

Img_4116
あと、細かい装備品等を付ければ完成です。この辺は、もうあんまりこだわらずにペタペタと貼っていきます。

|

« タミヤ ストームタイガー その8 <細部工作続く> | トップページ | もみーさんの憂鬱は続く… »

タミヤ ストームタイガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミヤ ストームタイガー その8 <細部工作続く> | トップページ | もみーさんの憂鬱は続く… »