« もみーさんの憂鬱 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その5 <マジックトラックの取り付け> »

2010年11月19日 (金)

タミヤ ストームタイガー その4 <マジックトラックの加工>

そろそろ足周りに取りかかります。
キットのキャタピラは、連結接着式のタイプです。私はこのタイプのキャタピラは大好きなのですが、タミヤのタイガー系のものはフチがちょっと厚いのが気になります。そこで、ドラゴンのタイガー1後期型に付属のマジックトラックを使うことにします。

このマジックトラックは、センターガイドに軽め穴が開いていないことを除けばとてもよく出来た部品です。しかも最初から切り離し済みなので、ランナーから切り出す手間がいりません。

ところが、難点もあります。
まずは、裏側にある押し出しピンの跡が目立ってしまうことです。この跡は、車輛に装着した状態で外側にあり、タイガー1初期型であれば転輪でほとんど隠れるのですが、転輪が1列少ない後期型では丸見えなのです。そこで、これを1枚ずつ削ります。1枚につき15秒ほどでも200枚ありますから、1時間近くかかりました。

続いて、このマジックトラックの意外な盲点が、リンクのかみ合わせ部にある小さな突起です。
Img_403711
写真が不鮮明ですが、矢印のところです。これによってはめ合わせをきつくし、接着剤なしでも圧入して仮組みができるようになっています。
ところが、車体へ取り付けの際に曲げていくと、これが災いしてはめ合わせがずれてしまい、ねじれなどの型崩れの原因となってしまうのです。

Img_4048
言葉では分かりにくいので、試しに何枚かつなげてみます。
この時点ではきれいに整列していますね。



Img_4050
ところが、ぐーっと曲げると押し出されるように外れる部分があります。もちろん、再度押し込んで直しますが…、



Img_4053
こんな風にねじれてしまいます。または、左右に弓なりに曲がってしまうこともあります。
タイガー系のほかにパンサー系もこの突起が大きく、同様の傾向が強いです。
そこで、この突起も全部削り落として、リンクがフリーになるようにします。

Img_404311
もちろん反対側もあります。1枚につきこの突起が8ヶ所ありますので、大変根気のいる作業です。

結局、この二つの作業だけで1日費やしてしまいました。こういう不毛な作業はイヤですね…。

|

« もみーさんの憂鬱 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その5 <マジックトラックの取り付け> »

キャタピラ」カテゴリの記事

タミヤ ストームタイガー」カテゴリの記事

コメント

アタクシもそういう作業は苦手です><
自分の場合、流し込み接着剤で一枚一枚固定しています。(加工なし!)
こういう作業をした後、キャタピラをはめるときに
逆だった! ってなっちゃうとかなりのショックを受けますよね(笑)

投稿: chiritori | 2010年11月19日 (金) 06時59分

自分も最初はただ接着するだけでしたが、「何かオカシイ」と気付いてこんな面倒なことをするようになりました。
でも、やってる途中は「やるんじゃなかった」と、かなり後悔しています。それぐらい面倒です。

投稿: Bluebell | 2010年11月19日 (金) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もみーさんの憂鬱 | トップページ | タミヤ ストームタイガー その5 <マジックトラックの取り付け> »