« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その7 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その9 »

2010年10月 7日 (木)

アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その8

フロントフォークを組み立てるには、フェンダーを塗装しなければいけません。外装パーツの塗装はカー・バイク模型の核心部であり、もっとも気を使う行程です。
しかしながら、私のようなAFVばかり作ってきた者にとっては最も苦手な行程なのです。

とりあえず、サフがけした塗面を研いで、下地を整えることにしました。
まずは2000番のペーパーを軽くかけ、次にコンパウンドで磨きます。
Img_3856
このために(というわけでもありませんが)、新兵器のルーターを購入しました!
前から欲しいなあと思っていて、買うかどうかで実は1年悩みました。だって、1万円もしますからね。

で、これを使ってバフがけしました。
ホームセンターで買ってきた汎用のウールバフを取り付け、タミヤのコンパウンドで磨きました。ウールバフは切削力が強く、エアブラシの薄い塗膜ではすぐに下地が透けてきますので、最低の回転数で慎重に磨きます。

Img_3852_2
きれいになったら上塗りです。塗料はクレオスのウィノーブラックです。
下地をある程度整えてあったせいか、思いのほかキレイじゃないですか!? 吹きっぱなしでも、顔なんか写り込んじゃってけっこうピカピカですよ? 
もっとも、こうして寄ってみると、やっぱりユズ肌ですから、クリアを吹いて研ぎ出しするのが王道なんでしょうね。
でも、クリアなんか吹いたらブラックが溶け出してきそうで、もうこれ以上触るのがコワイです…。どうしようかなぁ…。

|

« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その7 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その9 »

アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その7 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その9 »