« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その6 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その8 »

2010年10月 5日 (火)

アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その7

ラジエーターなども取り付け、シャシー関係はフロント周りを残すのみとなってきました。

まず、フロントフォークの塗装です。
アウターチューブは、組説の塗装指示では「黒+銀」なのですが、実車写真ではただの黒にも見えて判別がつきません。そこで、クレオス・メタルブラックに半ツヤ黒を混ぜてかなり黒くした色で塗装しました。
もうちょっとツヤがあってもよかったかなと思います。

Img_3831
続いて、インナーチューブのメッキ表現には、ハセガワ・トライツールの「ミラーフィニッシュ」を使ってみることにしました。
文字通りまるで鏡のように辺りが写り込んでいます。一度試してみたいと思っていたのですが、AFVではなかなか用途がないんですね。
しかし、これ1枚入りで1,000円とは、かなり高価。さすがの妻も絶句してました…。

剥がしてみると大変に薄いフィルムで、向こうが透けて見えるほどです! もしかしてシルバーで下地塗装が必要だったんではと焦りましたが、もうすでにピンセットでつまんでいる状態ですので、こうなっては貼ってしまうしかありません。
でも、その心配は無用だったようで、下地が透けてしまうことはありませんでした。

一度、寸法が微妙に合わなかったのでやり直しましたが、けっこう糊が強いのとフィルムがよく伸びるので、剥がしての貼り直しは出来ません。高価なだけに作業は慎重に行いましょう。

Img_3846
出来上がりはこのとおり!! クレオスのクロームシルバーでもここまでメッキらしくはならないでしょうね。塗装とは違う仕上がりです。

ブレーキキャリパーの塗装は、思うような色が作れずちょっと失敗です。

|

« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その6 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その8 »

アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その6 | トップページ | アオシマ 1/12 Ninja/GPZ900R “TOP GUN” その8 »