« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

「なんちゃってカラー・モジュレーション」?

Img_2718先日塗り直したタイガーも満足した出来とは言えませんが、きりがないのでとりあえず終了にします。
今回気に入らないのは、全体が白っぽくなって立体感が乏しいことです。ガイアのゲルプ(2)は、生のまま塗ると(特にマホガニーなどで影色を塗った上からですと)意外に暗いので、ウォッシングでさらに全体が黒ずんでしまいます。
それを補正するために明るい(白を混ぜた)ダークイエローを重ね塗りしたことで、今度は白トビしたような色味になってしまいました。
また、迷彩色のグリーンに引っ張られてダークイエローが緑がかって見えてしまい、余計に暗く、彩度の低い感じになっているのだと思います。

Img_2828
では、どうすればいいのでしょうか? とりあえず、まずは手持ちのダークイエロー系の塗料をよく観察することにしました。



Img_2830
スタンダードとも言えるタミヤ・アクリルのXF-60ダークイエロー(左)は、イエローというものの結構緑味がかっている気がします。ドラゴンのキットで指定していることの多いクレオスのミドルストーン(真ん中)はさらに緑が強いです。
これらに対しクレオスのダークイエロー(右)は黄色味が強く、鮮やかな黄土色です。またガイアのゲルプ(1)も緑味が弱く、「黄色い」という印象です。
Img_2834
余談ですが、真ん中の大きいビンはタミヤ・アクリルが発売になったばかりの頃のXF-60で、右端の現行のXF-60とはずいぶん色味が違いますね。緑が強く、左のミドルストーンと近似色です。

また、クレオス水性のサンディイエローはダークイエローとカッコ書きしてありますが、黄色味は少なく、タミヤのXF-57バフと近似色です。このカッコ書きを信じて塗ると、模型は真っ白になってしまいます。

とにかく、まず基本色の段階では明るくしつつも彩度を上げることが必要ではないかと考え、クレオス水性のクリームイエローを基に調色することにしてみました。まったく写真を撮らなかったので文章だけの説明になってしまいますが・・・。また、この時点ではクレオスのダークイエローは持っておらず、上の写真は後日買ってきたものです。
Img_2843
このクリームイエローにカーキを加えていくと、なんとタミヤのダークイエローそのものになります。そこでクリームイエローの割合を多めにして、とにかく緑を減らします。この時点ではかなり黄色く、戦車模型には似つかわしくない感じです。実はコレ、ガンプラの「ゴッグ」の基本色なんです。なんとなくひらめいたので作ってみました。
次に、ここへタミヤのXF-15フレッシュを混ぜて彩度を下げつつ色味をくすませます。そして、XF-55デッキタンを加えていきます。単純に白を加えると、明るくなる代わりに彩度も下がりすぎると思ったので、白は使わないようにしています。

こうして出来た色を使って試し塗りをすることにしました。実験台は、昨年のIFV展示会でコーティング実演をしたまま放置していたタイガーです。組み残していた部分を急いで作り、形にします。パーティングラインやゲートの処理なんてまったくしません。砲身なんてバッチリ接着線が残っていますが、いいんです。
Img_2800_2
いつもはマホガニーベースなのですが、マホガニーですとやはり暗すぎる気がしたので、タミヤのレッドブラウンを使うことにしました。ただ、そのままでは逆に赤すぎるので、まず黒で塗った上に塗りました。
全部缶スプレーで、一気に勝負を決めます。モールドが埋まろうが関係ありません!!。

Img_2808 
ここからが本番。先ほど作った基本色を塗ります。そして、その色にバフを少し混ぜてハイライトをつけました。


本家のカラーモジュレーションでは、下のほうは下地色を残し、上へ行くほど明るい色を重ねることで明暗の差を出して立体感を強調していきます。その理屈は分かっているつもりですが、下地色の「残し加減」が私には難しく、暗いところは真っ黒のままになってしまうことがほとんどです。あとで明るくしていくことを考えると、どの程度色をつければいいのか計画しなければいけないのですが、そこが私にはよく分からないのです。
Img_2824
そこで、下地の影色を「残して」暗部を表現するのではなく、素直に暗色を「付ける」ことにしました。レッドブラウンにクリアイエローとクリアオレンジを混ぜて暗色を作り、暗くしたいところへ注意深く塗っていきます。影を付けるというより、色を濃くしている感じです。

ところで、このクリアオレンジも発売になった当時(20年くらい前でしょうか)に買ったもの。バイクのウインカーレンズを塗るのに買ったので、ほとんど減ってません。
当時は今の「ミニ」はなく、大ビンで23ccも入っていて確かエナメル塗料と同じ値段だったような・・・。上のXF-60もそうですが、とにかく安さにつられてアクリルを何色か買ったのは覚えています。今でも色数限定でカタログには載っていますが、実際に売られているのは見ませんねぇ。
Img_2815
閑話休題。これが、表題にもある「思いつき・なんちゃってモジュレーション」です。「明暗」ではなく「彩度」を変調させていると言えるでしょうか。
クリア色を使ったのは、塗料の隠ぺい力を下げてやることで、一気に色がつくのを防ぐためです。(クリア色には隠ぺい力がありません。)様子を見ながら薄く何度も吹いていきます。

Img_2816
このように、全体を暗くすることも真っ白にすることもなくグラデーションがかかりました。本当は下地色をもう少し残して暗いところも作るつもりだったのですが、私のいい加減さが出てしまいました・・・。
でも、思ったよりはいい感じになりましたよ。

Img_2818
上面も調子をつけてみます。
クリア色を使っているためフィルター効果が少なく、私のような凡人にはコントロールが容易です。

ちょっと現用車輌のサンド色のようになってしまったのでリアルではないかもしれませんが、あとは迷彩を施して完了です。はたしてどうなりますやら・・・。

| | コメント (2)

2010年5月23日 (日)

ドラゴン タイガー1後期型 その17 <またもや塗り直し>

ブルムベアはあれから進んでいません。その代わり、少し前に作ったタイガー1型を見直ししていました。
やはり、色具合がどうしても気に入りません。どうも迷彩色が悪さをしているようです。フィルタリングでつけた色がきつすぎて、ダークイエローから浮いてしまっています。

で、ヤークトタイガーに続いてこれも塗り直すことにしました。どうも最近、一発で決められません。
サフをかけて前の塗装をつぶし、あらためて影色から始めました。ただ、キャタピラ部など車体下部はすでにピグメントによる汚しまでしてあるので、そのまま残します。

各色は、久しぶりにガイアの3色迷彩用塗料をそのまま使いました。ダークイエローはゲルプ(2)にしました。
ガイアの塗料を使うこと自体久しぶりでしたが、大変使いにくく感じました。初めて使った時は使いやすいいい塗料だと思ったのですが、乾燥が早いのか、ノズルが詰まったような感じですぐ吹けなくなります。そうかと言ってスムーズに吹けるまで希釈すると、今度は薄すぎて色がつきません。
やはり、最近の私のお気に入りはリターダ添加の水性アクリル塗料ですね。ラッカー溶剤でキレイに溶けるので、用具の掃除もラクですしね。
それに、このゲルプは塗ってみるとけっこう暗くて、模型栄えしません。結局、迷彩後に自家製の明るいダークイエローでタッチアップです。もう、どんどん厚化粧になってしまい、見ていられません。モチベーションを維持するのに必死です。

Img_2718
その後は油絵具でフィルターとウォッシュをしました。油絵具でのフィルタリングは、筆より化粧用パフが便利です。また、このパフはドライブラシ的にも使えます。筆と違ってあらゆる方向に絵具を伸ばせるのでよい感じです。
まあ、最終的に軽くチッピングまで入れて終了としました。チッピングにもパフは大活躍で、普通のスポンジよりもずっと微細なチップが入るのでオススメです。

しかし、ここのところ自分の塗装のヘタさ加減にかなりヘコんでいます。もしも先日のホビーショウに行ってすばらしい作品をたくさん見ていたら、かえって落ち込んでいたかもしれませんよ。
やはりもっと作りまくって、ウデを磨かないといけませんねぇ。

| | コメント (4)

2010年5月18日 (火)

中学生リックの挑戦~1/35バイクのビネット その2

合宿2日目。まずは、ベースの塗装からです。

Img_2632
木部をマスキングした後、サフがけします。そして、タミヤ・アクリルのXF-72茶色で塗装しました。また土台の横(立ち上げ部)は、リックが色を変えたいと言うのでXF-10フラットブラウンで塗装しました。続いて、XF-59デザートイエローを軽く重ね塗りします。
乾燥後、再度デザートイエローをドライブラシして完成です。
リックには悪いのですが、私は情景の制作経験がほとんどないので、グラウンドワークについてはホントに無知なのです。なので、今回もあまりよい知恵は授けてあげられませんでした。
今回リックが持ち込んだ鉄道模型用のバラストは、袋に入った状態では一見リアルなのですが、実際に撒いてボンドで固めると砂らしさがまったく損なわれてしまいました。また、ツブが揃いすぎているのも不自然です。
やはり、マルタケさん直伝の自然の砂が一番なんでしょうか。

フィギュアは、リックがあきらめて「やって~」と言ってきたので、ヘッドはすべて私が塗ることになりました。

以前も思ったのですが、やはりハウツーものの雑誌記事やDVDの影響で、彼のような年少者にも「模型はこういう風に作るもの」「こういう過程を経なければいけない」という先入観ができてしまい、ハードルが高くなっている気がします。
ハウツーものは、初・中級者が行き詰ったり煮詰まったりしたときには有意義なのですが、その反面、まったくの初心者には固定観念を植え付けたり技法が先走ったりといった悪影響もあります。リックも「ドライブラシ」「ウォッシング」「シャドウ入れ」のような言葉は知っていますが、その前に「それによって何がしたいのか、どんな効果を生むためのワザなのか、その効果によって出来栄えがどう変わるのか」がほとんど理解できていません。
つまり、「コレをしたらこうなる」ではなく「こうしたいからコレをする、したくなければしなくてイイ」という説明をしてあげないといけないということです。

フィギュアだって、雑誌のとおりにやろうとするから「無理だ~」ってなるわけで、自分の出来る範囲で塗ればいいんですよ。だから、影やらハイライトやら入れなくてベタ塗りでいいし、「眼が入れられない=フィギュアは無理だ」と決め付ける必要もないんです。
私は高校生の頃に初めてフィギュアを塗りました。もちろんハイライトなんて入れませんが(スミ入れくらいはしたかな)、それでも無塗装のただのプラ人形がリアルになって嬉しかったものです。

Img_2668
こうして、リック作というよりは共作という感じで、「中学生が作りました」という言い方をしたら明らかにウソになるのですが、ともかく完成しました。所要時間は一日半です。
小さいながらも、結構イイ感じに出来上がってビックリです。

Img_2670
フィギュアにはいつもは油絵具を使って塗っていますが、タミヤ・エナメルでも十分グラデーションがつけられるものだと、やってみて知りました。
やっぱり自分も「エナメルより油絵具がイイ」という先入観が出来てたんですね。反省反省。

それにしても、こうして完成までもっていけて、やっぱり合宿してよかったですね。達成感がありますよ。

| | コメント (2)

2010年5月16日 (日)

中学生リックの挑戦~1/35バイクのビネット その1

先日オトナの模型合宿がありましたが、今日はパダワンのリックとウチで模型合宿です。それも、1泊2日でのホントの合宿です。
今までも時々プラモを作りに来ていましたが、塗装などに凝り始めてからは日帰りでは時間が足りず、いつも中途半端で終わっていたので、一度泊まりで来いという話をしていました。両親の許しを得て、ようやくそれが実現したわけです。

Img_2631
お題は、このキットのバイク。
4輪装甲車のほうはほぼ完成させたのですが、バイクはまだ手付かずです。これをビネットにしてみたいんだそうです。2日あるし、何とかいけるかな。

Img_2530
バイクはあっけなく組み立て終了。





Img_2534
下塗り用に試しに買ってきた、ガイアのブラウンで下塗り。まあ、早い話が実験台です。
ブラウンといってもオレンジみたいな色です。



Img_2539
基本色はタミヤ・アクリルのXF-59デザートイエローにしてみました。下塗りのブラウンはちょっと赤すぎて、そのままでは相性がよろしくありませんでした。次からは黒を混ぜたほうがよさそうです。

Img_2533
ビネットにするからにはベースが必要です。
ブビンガの端材を提供し、適当な大きさにノコギリで切らせます。ブビンガは硬いので大変ですが、切って貼るだけのプラモとは違い、木工ってのはそもそもタイヘンなものなのです。
ノコギリ挽きはしたことあると言ってますが、明らかに不慣れで手元がおぼつきません。やっぱり現代っ子ですな。
私は小学生の時から工作が好きでしたから、その頃からノコギリやら金槌やら使ったもんですが。タミヤの楽しい工作シリーズが大好きで、あれでいろんなことを覚えました。

Img_2561
切ったベースにクリヤー塗装をして、エポパテで土台を作り、鉄道模型用のバラストをまいて水溶き木工ボンドで固定です。
エポパテは、先日買ったレギュラーのミリプット。ツィメリットコーティングをするために買ったのですがそれには向いておらず、持て余してしまいました。こういう機会に消費します。
木工ボンドが乾くまで、このまま一晩放置します。

Img_2604
途中の写真を撮らなかったのですが、各部を塗りわけ後は、まずMIGニュートラルウォッシュでウォッシングし、その後タミヤ・エナメルでスミ入れをしました。
軽くスポンジチッピングを施してから、これまた軽くピグメントでウェザリングして完成です。

Img_2608
ウォッシュやスミ入れの意味を理解し切れていないので、スミをどぎつく入れてしまいました。溶剤で拭き取って、なんとかいい感じになりました。


Img_2619
フィギュアは、下地をタミヤ・アクリルでエアブラシ塗装後にタミヤ・エナメルで本塗装します。リックの持ち物でやらないと意味がないので、油絵具は使いません。
AM誌124号を参考に影やハイライトを入れましたが、不慣れなのとやはり作業の意味がよく理解できていないために不自然な塗装となってしまったので、これも私がかなり直しました。
でも、これも意外に悪くない感じです。

今日の作業はここまで。明日には完成です。

| | コメント (2)

2010年5月 7日 (金)

ドラゴン ブルムベア中期型 その2 <模型合宿>

5月4日に、有志による模型合宿が行われました。
まあ一日みんなでワイワイ模型を作ってみようという企画でして、合宿といっても泊り込みではありません。何かよい名称を考えたほうがよさそうです。
第1回目の今回は、とりあえず寄ってみようということで、私は人にお見せできる唯一の特技としてエポ生地ツィメリットコーティングをすることにしました。

Img_2474
会場の様子はこんな感じ。皆さん、かなりの大荷物で、ワタシなんかはデカいコンプレッサーまで持ち込んでしまいました。結局使わずじまいでしたが。


Img_2476
キングタイガーなどがだいたい2時間程度でコーティングできるので、「半日くらいで終わるから、あと何しようかな」とか思っていました。
しかし、ブルムベアは車体下部までびっしりコーティングされていますので、コーティングされない部分にかかったエポパテを切り取るのに手間がかかり、なかなか進みません。
また、パターン付け自体も、障害物を避けながらの作業となりますし、車体後部は特に入り組んでいてローラーが入らなかったりして、かなりしんどかったです。
でも、参加者の皆さんに「スゴイスゴイ」とおだてていただいたおかげで、モチベーションを維持できました。この日を選んで正解でした。どうもありがとうございました。
結局、予定よりかなり時間がかかってしまい、9時から5時くらいまでかかってフェンダーなど一部が間に合いませんでした。

しかし、今回新発見もありました。ローラーにパテがくっつかないようにするために、今まではベビーパウダーをまぶしながら作業していましたが、しばらく作業をするとどうしてもローラーに少しずつパテが付き、さらにそこへパテが雪ダルマ式に付いていってしまいました。
そこで、エナメル用シンナーを塗ってみたところ、これが調子よく、逆にローラーに付いたパテが車体側にくっついて、ローラーがキレイになったほどです。いろいろやってみるもんですね。
それから、この日のために安いレギュラータイプのミリプット(青い箱)を仕入れて、同様にやってみたのですが、これはダメでした。
最初触った感じでは大変柔らかく、ラクに延びそうで期待が持てたのですが、いざ練ってみるとただ柔らかいだけで粘りというかコシがなく、モロモロで薄く延ばせないんですね。やっぱり、高いですがグレードSタイプが必要です。

今回の模型合宿については、「平日模型親父」さんのところで詳しく紹介されています。よろしければ覗いてみてください。

ところで、この企画の何がよいかというと、それは何といっても「他人の作業そのものが実際に見れること」に尽きるでしょう。
各地の模型イベント(AFVの会やホビーショウなど)や模型サークルの展示会で、完成品を見る機会は多くあります。
でも、いかに見事な完成作品であっても、見ただけではどのようにそれが作られたかは分かりません。素晴らしくおいしい料理を食べただけで、その作り方まで当てることがシロウトにできるでしょうか。
もちろん、素晴らしい完成作品を見ることはそれ自体楽しいですし、目も肥えて勉強になることが多いのですが、そこまでなのです。こうしてお互いの手の内を見せ合うことはいわば手品のタネ明かしをしているようなもので、参考になることは単に作品を見るだけとは比べ物になりません。
アマチュア同志がこうして人の良いところを吸収できるまたとない機会として、これからもこうした動きが広まってほしいなあと思います。

| | コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

しゃみーさんの挑戦~タミヤ 1/48 フォルクスワーゲン その3 <完成>

しゃみーさんのワーゲン制作もいよいよ大詰めです。
Img_2466
塗り分けた部品を組み付けていきます。このとき、サイドシル部に接着剤を付けてしまい、塗装が溶けて大慌て!!
とりあえず乾燥後にタッチアップしましたが、少し痕が残ってしまいました。

Img_2470
ボディーを取り付けて完成です。
本当に小さい模型ですが、十分キレイに塗装できましたよ。



Img_2469
完全に新車状態なので、ここからウォッシングくらいはしてもらおうかなと思っています。MIGウォッシュを使えば調色の手間もなく簡単ですからね。

とりあえず、よく出来ました!!

| | コメント (7)

2010年5月 3日 (月)

ドラゴン ブルムベア中期型 その1

明日5月4日は、模型仲間が集まって一緒に模型を作る、「模型合宿」があります。要は、3月にモデラーズフリマで開催されたケッテンクラート作りイベントのようなものを、内輪でやってみようということなのです。
まあ、模型作りは基本的には一人でするもんなんですけど、ソロツーリングばかりじゃなくて、たまにはみんなでワイワイとマスツーリングもしてみようといった感じです。
とりあえずテーマは決めずに各自好きなようにやろうということになったのですが、そうなるとやりたいこと(作りたいモノ)が多くて、候補がなかなか絞れません。とりあえず私には、例の「エポ生地ツィメリットコーティング」を見てみたいというリクエストを頂いていましたので、それに沿ったものということで考えていました。
まあ順当にタイガーという候補も安易に浮かんだのではありましたが、いつもいつもタイガーでは芸がありません。
Img_2458
そこで、コイツの登場です。よくよく考えたら、タイガー系とパンサー系以外でコーティング車輌は作ったことがないことに気付きました。
そこで、多くの方の応援が得られるこの時こそ、絶好の機会だと判断したわけです。

とにかく、決めてから当日まで日がありません。大急ぎで制作に入ります。

コーティング車輌を作るときは、まず計画が大事です。どこにコーティングが施されるのかをよく考え、どこまで組み立てるかを決めてから組み立て始めます。
この車輌の場合、タイガーなどに比べて面の構成が複雑で、そのくせ念入りにコーティングが施されており、あまり組み立てを進めすぎるとコーティングがしづらくなります。かと言ってあまりにバラバラでは効率が悪くなります。
Img_2460
思案しながら、とりあえずこの状態まで組んでいきました。
組み立ては、ブロック単位で組んでいき、最後にすべてのブロックを合わせる方式がとられています。設計がしっかりしているおかげで、作業はスムースに進みます。
ただし、例によってパーツの合いがタイトですので、仮組みとすり合わせは念入りにしないと、最後になってブロック同士がきつくて合わないということになってしまいます。

Img_2463
組み合わせればここまで形になります。幸い、ブロック同士の合いは良好で、隙間なくキッチリ組み上がりそうです。

さあ、これで明日は皆さんの前でコーティング披露です。昨年のIFV展示会以来で、緊張するなあ・・・。
このキットは、後に素晴らしいコーティングのモールドが施されてリニューアルされました。何とかそれに負けないものを作りたいとは思うのですが。

| | コメント (5)

2010年5月 2日 (日)

しゃみーさんの挑戦~タミヤ 1/48 フォルクスワーゲン その2

一日お休みして、しゃみーさんの挑戦は続きます。
今日は細部の塗り分けです。エアブラシは使わず、筆塗りです。また、塗りやすさを考慮して、ブロックごとに塗ってから組み立てる方式を採りました。

Img_2435
まずはタイヤです。ただ、かなり激しくOBしてしまいました。
まあ、後から直せるので大丈夫です。



Img_2436
一生懸命塗っておりますよ。車体のサイドシル部を黒で塗っています。




Img_2448
車体裏面の黒い部分を塗ります。





Img_2451
窓枠とワイパー部の塗り分けには、昨日買ってみたヘッドルーペ(安売りで1,500円でした)を早速使うことに。お互い、年はとりたくないなあ・・・


Img_2455_2
こうして、一通り終了しました。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »