« ケッテンクラート~8時間チャレンジ その3 <フィギュアの塗装> | トップページ | ケッテンクラート~8時間チャレンジ その4 <レイアウト> »

2010年3月24日 (水)

エアブラシのヒミツ?

Img_1703エアブラシをお持ちの方は、分解清掃した後で組み付けるとき、写真で指差しているこの部品ってどうしてますか?
私は、奥一杯まで締めて固定するものだと思っていましたので、ずっとそうしてました。

昨日、ホルベインのHPを何気なく見ていて、エアブラシも扱っていることを知り、そのカタログページを開いてみました。
そこには、エアブラシの基礎知識が分かりやすく掲載されており、思わず見入ってしまいました。画材についてもそうですが、ホルベインのHPはとても勉強になりますよ。
カタログには『ハンドピースについて』というページがあり、ハンドピースの仕組みも詳しく図解されていて、「ノズル」「ニードル」といった見慣れた部品名が書かれています。その中に「ニードルスプリング調節ツマミ」という部品名があるではありませんか。私は、「すげぇ~、こんなとこが調整できるなんて、ホルベインのハンドピースって、高級品なんかなあ」と思いましたが、ふと自分のハンドピースを思い浮かべたとき、見たことある部品やなあと気づきました。そう、さっきの写真の部品です!!

もう、私の目からボトリとでっかいウロコが落ちました。大慌てでハンドピースを出して分解です。
すると、確かにこの部品を緩めても、ニードル位置は変わりません。つまり、何かを固定しているわけではなく、自由に動かしてトリガーを引くときのテンションを調整できるのです。
そして、ある程度緩めて実際にトリガーを引いてみると、明らかに指への負荷が軽くなりました。ということで、今までとは正反対に、一番緩めた状態に調整しました。これでトリガーが軽くなり、細吹き時の微妙なコントロールがしやすそうです。

もし私と同様にご存じなかった方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

|

« ケッテンクラート~8時間チャレンジ その3 <フィギュアの塗装> | トップページ | ケッテンクラート~8時間チャレンジ その4 <レイアウト> »

エアブラシ」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、雑味屋です!

えっ!?そうなんですか! はじめて知りました・・・
これで細吹きのコントロールが可能になる訳ですね!
ありがとうございました!
自分も試してみます!

投稿: 雑味屋 | 2010年3月24日 (水) 20時15分

雑味屋さん、こんばんは。
もちろん、これを調整しなくても細吹きはできますが、トリガーを軽く引けるようになるので微妙なコントロールがしやすくなるということです。

投稿: Bluebell | 2010年3月24日 (水) 21時48分

え~っ!!全然知りませんでした(汗)。
さっそく調節して見よっと。
情報ありがとうございます♪

投稿: 根生 | 2010年3月24日 (水) 22時33分

根生さん、こんばんは。
ワタシゃてっきり、普通に奥まで締め込まなければいけないものと決め付けてまして、これを知ったときは身震いするほどの衝撃でした(ちょっと大げさ?)。
ぜひやってみてください。

投稿: Bluebell | 2010年3月24日 (水) 22時49分

えッ!!
マジですか!!
全然気づきませんでした。
エアブラシ調子悪かったので、見て見ます!!

投稿: やま | 2010年3月25日 (木) 11時09分

やまさん、こんにちは。
意外な盲点というか、ハンドピースの説明書にはそんなこと書いてありませんよね。今回初めて知りましたよ。

投稿: Bluebell | 2010年3月25日 (木) 12時01分

なっ!なんと〜!!
いっつもきっちきちに閉めてましたよ!!
早速試さなきゃ!!

投稿: とこや | 2010年3月25日 (木) 19時15分

とこやさん、こんばんは。
私もフツーに締めてました。
でも、この部品の名称って、ハンドピースのメーカー(販売元)によってまちまちです。本当のところはどうなんでしょうね・・・。

投稿: Bluebell | 2010年3月25日 (木) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケッテンクラート~8時間チャレンジ その3 <フィギュアの塗装> | トップページ | ケッテンクラート~8時間チャレンジ その4 <レイアウト> »