« タミヤ ヤークトタイガー その8 <ピグメント> | トップページ | タミヤ ヤークトタイガー その10 <完成> »

2009年12月13日 (日)

タミヤ ヤークトタイガー その9 <仕上げ>

完成に向けて、急ピッチで作業を進めています。別に慌てているわけではないのですが、休日のほうが時間がとれるので、せっかくですから集中してやっつけています。

Img_0997
キャタピラとホイールを取り付け、とりあえず形になりました。
このキットでは、ホイールはすべてポリキャッフ留めとなっており、キャタピラを塗ってから組み付けるという私の作り方では、はめ込むのにとても苦戦しました。
迷彩パターンは、やり直しはしたものの結構気に入っています。怪我の功名というやつでしょうか。大戦後期っぽさと重厚さが雰囲気出てるように思います。
また、油絵具パフパフ作戦でつけたフィルタリングもなかなかいい味出してます。

Img_1010
車体上面の凹部にピグメントをアクリル溶剤で流してホコリっぽさを表現するテクニックも、初めてやってみました。
ピグメントって、アクリル溶剤だけでかなり強く定着するんですね。意外でした。

Img_1009
ピグメントによるホイールの汚しも、同様にやってみました。雑誌などで紹介されているだけあって、やはり有効なテクニックですね。パステル粉をただまぶすだけだった今までの自分にない作風となってます。もっと前からやっていれば良かったです。
MIGピグメントの色合いもあって、何だかほんのりユーロの香り漂う仕上がりになりそうです。あくまでもほんのりですが。MIGプロダクション、エライ!!
しかし何が嬉しいって、最初から粉になっているのがいいですよね、ラクチンで。

さて、今回はエッチングとピグメントという新兵器が大活躍してくれました。やっぱり、いい物はイイってことかな。

あとは、チッピングを入れて汚しのバランスを整えます。完成に向けてラストスパートです。

|

« タミヤ ヤークトタイガー その8 <ピグメント> | トップページ | タミヤ ヤークトタイガー その10 <完成> »

タミヤ ヤークトタイガー初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ ヤークトタイガー その9 <仕上げ>:

« タミヤ ヤークトタイガー その8 <ピグメント> | トップページ | タミヤ ヤークトタイガー その10 <完成> »