« タミヤ ヤークトタイガー その9 <仕上げ> | トップページ | 模型忘年会 »

2009年12月15日 (火)

タミヤ ヤークトタイガー その10 <完成>

「ピグメント溶剤流し」はちょっと面白くて、際限なくやってしまいそうです。
ふと気が付くと、あちこちホコリが積もりまくって不自然ですので、余分を筆で払ってトリミングします。しかも、転輪はアクリル塗料の上にクリアーラッカーでコートするのを忘れていたため、アクリル溶剤で塗膜が溶け出して下地が露出してしまい、タッチアップするはめに。やめ時が肝心ですね。

Img_1012
よし! これで完成とします。
砲身が長くて写真に入りきりません。
最終的にちょっとホコリで白っぽくなりすぎたかも知れません。


Img_1016
キングタイガーとヤークトパンサーを足して2で割ったような後姿で、カッコイイですね。
やっぱタイガー系は、フェンダーを外してキャタピラがはみ出しているのが似合います。

Img_1018
今回ピグメントを導入して、ちょっと冒険してみたエンジンデッキ。私にしては珍しくハードウェザリングとなりました。



Img_1019
車体最上部はほどほどにしたつもりですが、やはりちょっとホコリっぽくしすぎたかも。ちなみに、ホコリ色はMIGピグメントのP415ライトヨーロピアンアースを主に使いました。

最後は、例によってツヤ消し仕上げのブビンガの台にセットしました。

* * * * * * * * * *

今回は、別売りエッチングとMIGピグメントという力強い味方を得て、楽しく作ることが出来ました。
特にピグメントは、バステルを粉にする手間と調色の難しさを解消してくれる、素晴らしいアイテムです。パステルに比べれば少々高価ですが、十分に見合うものでしょう。
もっと使い込んで使い方をモノにすれば、さらに表現の幅を広げてくれそうです。

2009年の締めくくりが納得いく形となり、良かったです。とはいえ、まだ今年ももう少し残ってますので、もう1個くらい何か作れるでしょうか。
あ゛、フィギュア塗るの忘れとるやないか!?

|

« タミヤ ヤークトタイガー その9 <仕上げ> | トップページ | 模型忘年会 »

タミヤ ヤークトタイガー初期型」カテゴリの記事

コメント

おお〜
完成されてたのですね!!
当日目の前で観るの楽しみにしときます〜

投稿: とこや | 2009年12月16日 (水) 18時40分

とこやさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
無事完成しましたよ。迷彩塗装をしくじったときはどうなるかと思いましたが、結果オーライ!自分なりに納得いくものは出来ました。
当日ぜひ批評を聞かせてください。

投稿: Bluebell | 2009年12月16日 (水) 19時20分

こんばんは こりゃベスト迷彩パターンじゃないですか?

投稿: ジャスミン | 2011年8月 6日 (土) 23時39分

ジャスミンさん
ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。実は私も結構気に入ってます。

投稿: Bluebell | 2011年8月 7日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174142/32623714

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ ヤークトタイガー その10 <完成>:

« タミヤ ヤークトタイガー その9 <仕上げ> | トップページ | 模型忘年会 »