« ミニアート ソビエト対戦車砲ZIS-2と砲兵 その8 | トップページ | IFV展示会初日 »

2009年10月 7日 (水)

コーティング実演の準備 <コーティングローラー制作>

10月10日・11日のIFV展示会での「ツィメリットコーティング実演」に向けて、準備を進めています。

Img_0700
とりあえず、ベース車輌を1台制作。月並みですがタイガーⅠ後期型です。
コーティング作業をお見せすることが第一ですので、作業の邪魔になる足回りのパーツはあえて取り付けていません。
砲塔の天板がないのも同じ理由です。

続いて、エポパテコーティングに不可欠なコーティングローラーです。
私の使っているローラーは、メインがモデルカステン製なのですが、少々くたびれてきましてそろそろ交換時期だなあと思っていました。目詰まりしたパテを取り除くのにナイフでコリコリやってましたので、ローラーが傷んでしまっているのです。
そこで、ここはひとつ丈夫なものを自作しようと、真鍮パイプと銅線(要は有り合わせの材料ですよ)で作ってみました。
Img_0696
真鍮パイプを4ミリ幅くらいに輪切りにし、周囲に銅線を瞬間接着剤で貼り付けます。そして、端を切り揃えたら銅線どうしの隙間を目立てヤスリで掘っていくと、歯車のようなものが出来上がるわけです。
適当なランナーで軸を作り、真鍮パイプで延長すれば完成です。
途中、ヤスリがけをしていて銅線が剥がれたりして苦労しましたが、シェイクダウンの結果もまずまずで、どうやら実用に耐えそうです。あとは本番中にクラッシュしないことを祈るのみです。

ベース車輌は、タイガー1台では足らないでしょうから、もう1台キングタイガーを作ることにします。
でも、キングタイガー(しかも手持ちはポルシェ砲塔)はちょっと前に作ったばっかなんですけどね・・・。。

|

« ミニアート ソビエト対戦車砲ZIS-2と砲兵 その8 | トップページ | IFV展示会初日 »

ツィンメリット・コーティング」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174142/31691195

この記事へのトラックバック一覧です: コーティング実演の準備 <コーティングローラー制作>:

« ミニアート ソビエト対戦車砲ZIS-2と砲兵 その8 | トップページ | IFV展示会初日 »