« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その12 <ウェザリング> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その14 <完成> »

2009年8月 9日 (日)

ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その13 <ウェザリング続き>

キャタピラと転輪を組みつけ、組み立ては完了しました。続けてウェザリングを進めます。
Img_0322
車体のチッピングを行います。いつもは筆のみで行っていますが、最近流行り(?)のスポンジを使ってみます。
実は前作のキングタイガーでも挑戦してみたのですが、まったくうまくいきませんでした。今回違うスポンジを使って再チャレンジです。
エッジ部は筆ですることにして、それ以外の平面を狙ってやってみます。
結果は思ったよりいい感じ(!)です。筆では微細な点描は難しいですが、この方法なら少し練習すれば簡単にできます。ドライブラシのように、一度スポンジに含ませた塗料をティッシュに吸わせて付きすぎないようにするのがキモでしょうか。
あと、あまり目の細かいスポンジではベタ塗りになってしまってうまくいきません。粗めのスポンジを選ぶと良いみたいです。
Img_0323
ハッチのフチ周辺などに広く浅く施します。またパンサー系車輌の場合、排気管の焼けを、サビ色でベタ塗りせずにチッピングで表現すると「らしさ」が演出できます。
その後、筆を使ってエッジ部にもう少しハッキリとしたチップを描いてメリハリをつけます。とは言え、原寸大にならないよう、とにかく小さく描き入れます。
また、迷彩色が剥がれた感じを出すために、ダークイエローのチップも軽く入れます。

Img_0324
これで車体上部はほぼ終了しました。
あとは足周りの汚れを表現していきます。もう少しで完成です!!

|

« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その12 <ウェザリング> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その14 <完成> »

ドラゴン ヤークトパンサー初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その13 <ウェザリング続き>:

« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その12 <ウェザリング> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その14 <完成> »