« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その5 <コーティング治具制作> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その7 <再ツィメリットコーティング> »

2009年7月18日 (土)

ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その6 <ツィメリットコーティング>

さて、いよいよコーティングにとりかかります。
Img_0224
汚してもいいキットの箱を作業場にして、まずはベビーパウダーの打ち粉をします。




Img_0226
ミリプットのエポパテをよく練ったら、打ち粉を表裏にまぶして延べ棒でグイグイ延ばし、「エポ生地」を作ります。



Img_0229
手間のかかる前面パネルから攻めることにしました。
面自体は平らなのですが障害物が割と多いので、小さめに延ばしたパテをパッチワークのように貼りつないでいきます。

Img_0231
前面をすべて貼り終えました。あとは同様に残りの面にパテを貼ります。




Img_0235_3
パテ貼りは一旦終了。車体リアパネルは後回しで、先にここまでのパターンつけをしてしまいます。



Img_0238
試作した工具でパターンを刻みます。

ところが、少し予想していた事態が起きてしまいました。工具のツメにパテが持っていかれて剥がれてしまうのです。
実は、このエポ生地方式の唯一の弱点は、打ち粉をするためにパテの接着力が弱いことなのです。タイガー戦車などの一般的なパターンでは、ローラーを押し付けて作業するのでまだよいのですが、今回の引っかく作業には向いていないようです。また、パテの厚みもかなり薄くしないといけません。
あらかじめ車体裏で練習してみたところ、うまくいったのですが・・・。

仕方がないので、パテはすべて剥がしてやり直しです。工具も、ローラー式のものを作ってみることにします。

|

« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その5 <コーティング治具制作> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その7 <再ツィメリットコーティング> »

ツィンメリット・コーティング」カテゴリの記事

ドラゴン ヤークトパンサー初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174142/30603546

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その6 <ツィメリットコーティング>:

« ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その5 <コーティング治具制作> | トップページ | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 その7 <再ツィメリットコーティング> »