« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7 <完成>

OVMの塗装の後に、2日かけてチッピングとパステルによるウェザリングを施しました。
最後に、フック類を取り付けてワイヤーを繋ぎ、ようやく完成です。
最初は順調だったのですが、結局1ヶ月かかってしまいました。油彩の乾燥に予想外に時間がかかったのが一因で、待ち時間が長いと手も動かなくなってしまいます。

Img_4777_2
なんか、もひとつパッとしない、平凡すぎる出来ですなぁ。
迷彩なんであまり効果がないだろうと、褪色表現を控えめにしたせいでしょうか。


Img_4779
コーティングがあるためにチッピングできるところが少ないからかもしれません。
どうも私は、「見せ場作り」は下手ですね。

今回は、キャタピラが張り詰めてしまったために誘導輪を少し前にずらして取り付けることになり、何か寸詰まりでカッコ悪くなってしまいました。また、実は転輪の整列も悪くなりました。
キングタイガーはいずれまた作りますので、そのときの課題にしたいと思います。

Img_0089_3
その後マルタケ邸へお邪魔したときに撮らせていただきました。
ホワイトバランスが合っておらず、変な色になってしまいました。写真って難しいですね。

* * * * * * * *

完成してほっとしたのもつかの間、ちょっと目を離した隙に我が家で飼っているネコに襲撃され、マズルブレーキをかじられてしまいました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その6

ファイアフライを作っている間にようやく油彩が乾きましたので、制作を再開します。
まずはスミ入れをした後、リンシードオイルでテカテカになったので、つや消しクリアを吹きます。
そして、タミヤエナメルのXF-3イエローグリーンで全体にフィルターをかけます。

前もって茶色に塗装しておいたキャタピラの接地面にメタルブラック+マホガニーを塗り、いつも通りキャタピラの仕上げをします。

出来たキャタピラと、転輪やフェンダーを車体に組み付けて、組み立ては完了です。
キャタピラが、外した状態で長い間停滞していたためにかなり縮んでいて、組み付けには苦労しました・・・。
そのため、左側は大変良いラインが出たのですが、右側はちょっと引っ張った感じになってしまいました。

Img_4739 
ざっとOVMの塗り分けを終えたところです。
この後、金属部や木部の塗装表現をして、チッピングへと進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

タミヤ 1/48 ファイアフライ その4 <完成>

ファイアフライの仕上げに進みます。

先にキャタピラのウェザリングを済ませておいてから車体に組み付け、車体上部を合わせれば、組み立ては完了です。

続いてデカールを貼り、つや消しクリアをスプレーしてからウォッシングをします。
タミヤエナメルのXF-24ダークグレイ+XF-1フラットブラックにXF-9ハルレッドを少し加えて赤みを出した色を使いました。
半乾きのうちに、溶剤を含ませた筆で余分な塗料を拭き取ります。綿棒は、モデルが糸くずだらけになるので使いません。

この時点で少し色が暗かったので、XF-4イエローグリーン+XF-58オリーブグリーンでフィルターをかけました。

最後にパステルで軽めの汚しを入れて、完成です。

Img_4718
今回は、缶スプレーは使ったものの、エアブラシは使わずにすべて筆塗りで塗装をしてみましたが、予想以上に普通に出来上がって、少しびっくりしています。
エアブラシに慣れてしまって、筆塗りではキレイには仕上がらないという固定観念が出来上がっていたんですね。
特にこのような単色の場合は、自然に出来た色ムラが単調さをなくして、むしろエアブラシよりも雰囲気のある仕上がりになったと言えるかもしれません。

Img_4721
グリーンの濃い部分と明るい部分が微妙に混ざっているのがお分かりいただけるでしょうか。また、凸部は下地のマホガニーが透けて、褪色感が出ています。
これらは、特に何もせずただ重ね塗りをしただけです。ドライブラシすらしていません。

本当は、ここからもう少し部分的にフィルターをかけ、チッピングや汚しも入れていきたいところです。
でも、今回は特に初心者の方の参考になればと思い、基本的なテクニックと手に入れやすいマテリアルのみを使って作ろうとしていますので、これで十分に満足です。
私自身も温故知新、筆塗りの楽しさをあらためて知ることが出来て、とても有意義でした。
ヨンパチは筆塗りに適したサイズですので、機会があれば今度は筆塗りの迷彩に挑戦したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

タミヤ 1/48 ファイアフライ その3 <基本塗装終了>

昨日に引き続き、ファイアフライの基本塗装を進めます。

まず、タミヤアクリルのXF-61+XF-26を3倍程度に薄めて、1回塗り重ねます。
例によって、台所洗剤も投入しております。
明るい色から濃い色へ塗り重ねることで、凹部に濃く色が付き、スミ入れのような明暗が表現できるのではないかと考えました。
しかし結果としては、洗剤効果でしょうか、塗料が溜まることもほとんどなく予想以上にキレイに塗れてしまい、そのような明暗効果は出ませんでした。
その代わり、下地のマホガニーと2色のグリーンが程よくムラになり、なんかイイ感じなのです。

肩のチカラを抜いて作るとなぜかこのような意図しない成功があり、反対に「よしッ」と意気込んで作ると大抵思うようにいかないという、この世の無情を感じてしまいます。
実際、このファイアフライと平行して作業中のキングタイガーがそういう関係なんです。
また、油彩と違いアクリルは乾くのが早くていいですね。変なフラストレーションが溜まりません。

Img_4714
続いて、XF-5+XF-49+XF-3を同様に薄めに溶いて、上面にだけサッと塗りました。




Img_4698_2
これで、わずかですが明暗が表現されました。

以上で基本塗装は終了です。筆塗りもやってみると結構楽しいかもしれないです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

タミヤ 1/48 ファイアフライ その2 <筆塗り基本塗装>

キングタイガーの油彩の乾燥にはもうしばらくかかりそうなので、その間ファイアフライの塗装を進めます。
Img_4684
まず、サフを吹いてから缶スプレーのマホガニーで下塗りします。




Img_4693
上塗りは、約束どおり筆塗りしますよ。
箱絵のような明るいグリーンにしたいので、手持ちのグリーン系塗料の中からタミヤアクリルのXF-5を選びました。
個人的にタミヤアクリルは凝固が早くて筆塗りが難しいと感じますので、リターダを混ぜます。

Img_4694
また、筆塗りの場合、塗料の表面張力のために凸部に色が乗らず、反対に凹部に塗料が溜まってしまいます。
これを何とか防げないかと考えた挙句、私が水性マテリアルを使うときに愛用する必殺の台所用洗剤を、何と恐れ多くも塗料に混ぜてみました。
でも、果たしてこんなモノを塗料に混ぜていいのかどうかは分かりません。参考にされる場合は、止めはしませんがあくまで自己責任でお願いいたしますね。

Img_4686
アクリル用シンナーで2倍弱に薄めて2度塗りしました。
意外に塗れるもんですね。もっとコテコテになると思っていました。


Img_4689
洗剤の効果も少しはあったのでしょうか? わりとまんべんなく塗れています。
ある意味、エアブラシより味があっていいんじゃないかと思ってしまいました。

ヨンパチは、組み立てではその小ささが災いし、細かい工作を強いられるという点で中級者向けだと感じましたが、塗装においてはほどよい大きさで、初心者にとって取り組みやすいかも知れません。
正直、ヨンパチはもう作りたいとは思わなかったのですが、ちょっと気が変わりました。
そもそも当ブログは、初心者の方が気軽に模型作りを楽しむためのきっかけにしていただければと思って始めました。
ですので、この続編として迷彩モノも筆塗りでチャレンジしてみたいです。もしも、エアブラシがなくてもカッコいい迷彩塗装ができたら、単純に嬉しいですよね。

さて、この後、色を変えてもう少し塗り重ねてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その5

迷彩塗装が終わり、一昨日からフィルタリングを始めました。
前回パンサーA型では、いわゆるウォッシングをしてから部分的なフィルターをかけました。これはこれでうまくいったのですが、雑誌やいろんなブログ等を拝見しておりますと逆の手順のほうが多いようなので、今回はそれでいってみようと思います。

パンサーは単色でしたのでラクでしたが、今回は3色迷彩ですのでやはり迷彩色ごとに作業すべきかなと思ってやり始めました。
ただ、今回のパターンではダークイエローの面積が大変小さいため、ここは省略してもいいだろうと早速手抜きをします。

とりあえず、グリーンとブラウンの部分に、それぞれ明るい色のフィルターをかけます。塗料はタミヤエナメルを使い、油彩用のリンシードにペトロールを足したもので延ばします。
初挑戦のタミヤエナメルとリンシードの組み合わせは思ったより相性が良く、筆ムラがほとんど出ません。塗ってすぐはムラがあっても、少し時間が経つときれいに分散されてしまいます。
でも、3色迷彩にこの方法だとフィルターの効果がほとんど分かりません。
しかも、リンシードは乾きが遅い!!
我が家はびっくりするほどホコリが多いため、乾燥中の2日間にオイルで濡れたモデルにホコリがびっしり!!
で、結局ペトロールで拭いてやり直すことにしました(涙)。
Img_4681
とにかく、こう乾くのに時間をとられると作業も遅々として進まないので、試しに油彩の乾燥を早めるシッカチーフを買ってきました。
効果のほどはよく分かりませんが、うまくいけばこれで作業効率が少しはアップするはず、という淡い期待を抱いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その4 <迷彩終了>

3日がかりで迷彩塗装が終わりました。
ベースのダークイエローが気に入らずにやり直したのと、私の手が遅く、1日1色ずつしか塗れないので、日数がかかってしまうのです。
Img_4678
ポルシェ砲塔型ではもっとも特徴的であろう、縦縞パターンにしました。キットの塗装図をそのまま真似ています。

どの色も明るめに調色しましたのでかなり毒々しいですが、これからフィルターをかけていけば落ち着くだろうと思います。
ちなみに、どの色もガイアカラーをベースに調色しています。

さて、今週末は「静岡ホビーショウ」ですね。
私は都合が合わず参加できませんが、代わりに私の所属する伊勢フライング・ヴィーナスのブースにて、拙作のパンサーA型を出品いたします。
ブースの賑やかし程度の凡作で恥ずかしいのですが、ホビーショウにいらっしゃる方はよろしければ覗いていってください。
このパンサーも、先日ご紹介した方法でツィメリットコーティングしています。
またご感想でもいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

タミヤ 1/48 ファイアフライ その1

連休も終わり、しかも雨続きでサフが吹けず、キングタイガーの塗装に進めずにいます。
そこで、ちょっと浮気をしてタミヤのヨンパチファイアフライを組み立てることにしました。
Img_4674
これはそもそも、リック君につき合って一緒に作ろうと思い、彼と同じキットを買ったのですが、早々に彼が完成させてしまって計画倒れに終わってしまいました。
まあ、前からヨンパチには興味があったので、どんなものか一度作ってみたいとは思っていました。とりあえず、一人寂しく作ることにします。

このキットで約1,500円。僕が子供の頃は同じ価格で1/35のリモコン戦車が買えて、よく作って遊んだなあと、しみじみ感慨深いものがありました。

で、気を取り直して作り始めたのですが、コレが意外と手ごわいのです。
まず、当たり前ですが1/35に比べて部品が小さいので、整形やゲート処理がやりにくいです。
しかも、普通は目立ちにくいところにあるはずのパーティングラインがなぜか結構自己主張していて、処理してやらずにはいられません。また、ヒケも多く、パテ埋めも必須です。
設計も品質も、ちょっとタミヤスタンダードからは外れているなあと感じました。もしかしたら外注製品じゃなかろうか・・・。
価格的にも内容的にも初心者向けの入門キットに見えますが、むしろ中級者向けではないかなあと思いました。

それはともかく、足回りには時間をとられたものの、それ以外については部品数が少ないこともあってペースアップ。結局2日で組み上がりました。
ディテールアップも、この戦車のことはあまり知らないので大したことはしていません。

Img_4658
ハッチの手すりがすべてただの凸モールドになっていましたので、真ちゅう線で作り変えました。



Img_4656_3
車体前部と砲塔には鋳造表現をしましたが、やりすぎてしまいました。
1/48のサイズは、ちょっと勝手が分かりません。

最近のタミヤ製品に多く見られる部分連結式のキャタピラは、組み立てやすくてなかなか良好です。シャーマン系のピンと張ったキャタピラでは特に不自然さも感じません。

ダイキャスト製のシャシーは、個人的にはあまり好きではありません。
確かに重量感はありますが、何かミニカーを持っているようで、かえってオモチャっぽく感じてしまいました。

さて、塗装についてはリックにつき合って筆塗りでやってみようかなと思っています。
エアブラシに慣れきった私には筆塗りはハードルが高いのですが、それでもリックよりはうまくやらんと格好がつかんので、ひとつ頑張らないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3 <組み立て完了>

Img_4651_3
組み立てが終わりました。
サイドフェンダーとエンジンデッキの大きいネット(何て言うのかよく分かりません)は、後で取り付けます。
グレイ色の部品は、ドラゴンの余り部品を移植したものです。

Img_4652
後姿はこんな感じ。
牽引ロープに動きがほしかったので、銅ワイヤーで作りましたが、後端がどうなっているのかが手持ちの資料写真を見てもよく分かりませんでしたので、まったくの想像で後ろに垂らしました。エンジンデッキの上に置くべきだったかも知れません。

残念なのは、右側のキャタピラが取り外した後に乾燥して張ってきてしまい、弛みが少なくなったことです。
もう一日くらい、乾燥に時間をかけるべきでした。

予想外に反響をいただいたツィメリットコーティングは、まあこんな感じでしょう。
同様の方法で延ばしたエポパテは、厚みを変えて様々な工作に応用できます。
私は、少し厚めに延ばして細く切ったものを、溶接痕の表現に使っています。ヒモ状にしたものより太さが自由に加減でき、かなり細い溶接痕でもラクに工作できます。
私は、今度ソフトスキン車輌を作る機会があれば、幌を作ってみたいと思っています。
ふぁっとまんさんのように情景を作られる方なら、さらに応用が利くのではないでしょうか。

続いて、塗装に進みます。

* * * * * * * *

さて、例のリック君の後日談です。
彼の家では、今プラモ旋風が吹き荒れています。
あれから彼はますます意気盛んに制作を続けて、立て続けにヨンパチ戦車を2台も作ってしまい、今すでに3台目に突入しています。
まったく休みなしで、これはまるで止まったら死んでしまうマグロか「Dr.スランプ」に出てきたオートバイ小僧(!)のような勢いです。

昨日、その3台目の作り方を教えてほしいと言われて行った私は、彼の部屋に入ってちょっとうろたえてしまいました。
Dscn1573
部屋のドアには「プラモけんきゅうじょ」の張り紙がお出迎え。
また、私の作ったハーフトラックを見て「ジオラマを作る」と言い、地面を作るために紙粘土を買い、砂を撒くからと近くの公園から砂をバケツ一杯に集め、家中が砂だらけです。

Dscn1574_3
彼には妹がいるのですが、我々の様子を見て彼女達まで「自分もしたい!!」と言い始めてしまいました。
このザクは、コックちゃんとソックちゃん(共に仮名)の合作です。夕べ遅くに制作状況がメールで配信され、一気に完成まで漕ぎ着けたそうです。色まで塗ってあるところがスゴイ。


今日、実は彼らの家にはベビーがやってきます。
一週間ぶりに帰宅したお母さんは、我が家と子供たちの変貌ぶりを見てどんな顔をなさるでしょうか・・・。私にも責任の一端はあるようで、何だか肩身が狭い思いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 <ツィメリットコーティング>

キャタピラが十分に乾燥しましたので、一度取り外します。
そして、おそらくこの戦車の模型制作において最大の山場である、「ツィメリットコーティング」に進みます。

この頃のドイツ軍の戦車には、磁気吸着地雷避けのために、セメントのようなものを塗りつけて様々な模様をつけたコーティングが施されていました。そういえば、昔は「セメントコーティング」って言ってたなあ・・・。
今制作中のポルシェ砲塔付きのキングタイガーには、すべての車輌にこのコーティングが施されていましたので、模型制作にあたってこれの再現を避けて通ることはできません。

しかし、この作業がなかなかやっかいで、パテを盛ったり、プラペーパーを貼り接着剤を塗って柔らかくしたりしてからドライバーで模様を刻むなど、涙ぐましいまでの努力と工夫が試みられてきました。
私が出戻った頃は、ポリエステルパテを塗り、ノコギリ刃のような専用の工具でそれをかき取って模様を刻む方法が主流だったようです。

ところが、数年前に画期的技法がAM誌で紹介されました。エポキシパテと型押しローラーを使う方法です。
これを知るまでは、私もコーティングがうまくいかず、コーティング必須車輌は作ることが出来ませんでした。
でも、この方法のおかげで、少々面倒ではありますが簡単にコーティングができるようになり、作りたくても作れなかった車輌が作れるようになりました。

前置きが長くなりました。私のやり方は雑誌で紹介されている方法とは少し違いますが、そのエポパテ・ローラー技法をご紹介します。

Img_4616
まずパテ選びについてです。

私が使っているのはミリプットです。理由は、適度に柔らかく延びが良いこと。ただ、中身がソーセージ状のため少量を切り出すのが難しく、いつも余ってしまいます。

タミヤには「速乾タイプ」と「高密度タイプ」があります。どちらもミリプットより硬く、弾力があるため、私のやり方には合いませんでした。こちらは中身が板ガム状ですので、必要な量を切り出すのが容易で、無駄なく使えます。

AM誌で推奨していたセメダインのパテも試しましたが、やはり少し硬かったように思います。
また、ミリプットは水に溶けますが、タミヤやセメダインは溶けません。

Img_4620
私の使っている道具です。
型押しローラーは、モデルカステン製と自家製のものを使い分けます。
右上の金属棒は、延べ棒として使います。


Img_4624
これは、ベビーパウダーです。
あと、キットの上箱を用意して台にします。
これで準備は整いました。



Img_4626_2
それでは作業に入りましょう。
まずはパテをよく練っておきます。続いて、箱の上にベビーパウダーを撒いて打ち粉をします。


Img_4627
そして、ここへ練ったパテを適量置き、延べ棒でぐいぐいと延ばしていきます。このとき、パテの上にも打ち粉をして、パテが延べ棒にくっつかないようにします。


Img_4628
かなり延びますので、とにかく薄~く延ばします。
時々ライトにかざして、全体に光が透けて見えるくらいが頃合です。また、こうすることで厚みのムラが分かります。
厚すぎても薄すぎても、後の型押しがやりにくくなります。

Img_4629
適度に延びたら、コーティングしたい面に水をつけて貼り付けます。ミリプットは水に溶けますので、パテの表側に水をつけないように注意します。
また、硬化してダマになっている部分があったらピンセット等で取り除きます。

Img_4631
広い面では何回かに分けて貼り足します。また、慣れればこのように大きく延ばして一回で貼ることも出来ます。

こうして面全体をパテで覆ったら、余分なパテをカットして、型押しローラーで模様をつけていきます。
パテの表面に打ち粉をしながら作業しますが、どうしてもローラーにパテがついてしまうので、掃除はマメに行いましょう。
ただし、タミヤのパテを使う場合は、打ち粉より水をつけながらのほうが良いでしょう。
硬化時間には十分に余裕がありますので、あせらなくても大丈夫です。

Img_4633
パターンはあまり整然とさせず、これくらい雑なほうが実車らしさが出ます。




Img_4641
砲塔はこんな感じ。ちょっとパテが薄すぎました。
キューポラは、ドラゴンの余り部品を移植するため切り取りました。


Img_4646
このやり方の良いところは、パテを薄く均一に伸ばせることです。
雑誌の記事では、パテを模型にのせてから指や爪楊枝で延ばしていますので、伸びをよくするためにメンソレータムを混ぜたりするようですが、そんなことをする必要もありません。
また、こういう起伏のある場所でも、上からかぶせてなじませるだけですので、まったく苦になりません。
凹部は、コシの強い筆に粉をつけて押さえていくと、カンタンに形に沿っていきます。

Img_4632
こうして、コーティング作業完了です。
休憩をはさみつつ、3時間ほどかかりました。
このまま一晩乾燥させます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »