« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 <ツィメリットコーティング> | トップページ | タミヤ 1/48 ファイアフライ その1 »

2009年5月 5日 (火)

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3 <組み立て完了>

Img_4651_3
組み立てが終わりました。
サイドフェンダーとエンジンデッキの大きいネット(何て言うのかよく分かりません)は、後で取り付けます。
グレイ色の部品は、ドラゴンの余り部品を移植したものです。

Img_4652
後姿はこんな感じ。
牽引ロープに動きがほしかったので、銅ワイヤーで作りましたが、後端がどうなっているのかが手持ちの資料写真を見てもよく分かりませんでしたので、まったくの想像で後ろに垂らしました。エンジンデッキの上に置くべきだったかも知れません。

残念なのは、右側のキャタピラが取り外した後に乾燥して張ってきてしまい、弛みが少なくなったことです。
もう一日くらい、乾燥に時間をかけるべきでした。

予想外に反響をいただいたツィメリットコーティングは、まあこんな感じでしょう。
同様の方法で延ばしたエポパテは、厚みを変えて様々な工作に応用できます。
私は、少し厚めに延ばして細く切ったものを、溶接痕の表現に使っています。ヒモ状にしたものより太さが自由に加減でき、かなり細い溶接痕でもラクに工作できます。
私は、今度ソフトスキン車輌を作る機会があれば、幌を作ってみたいと思っています。
ふぁっとまんさんのように情景を作られる方なら、さらに応用が利くのではないでしょうか。

続いて、塗装に進みます。

* * * * * * * *

さて、例のリック君の後日談です。
彼の家では、今プラモ旋風が吹き荒れています。
あれから彼はますます意気盛んに制作を続けて、立て続けにヨンパチ戦車を2台も作ってしまい、今すでに3台目に突入しています。
まったく休みなしで、これはまるで止まったら死んでしまうマグロか「Dr.スランプ」に出てきたオートバイ小僧(!)のような勢いです。

昨日、その3台目の作り方を教えてほしいと言われて行った私は、彼の部屋に入ってちょっとうろたえてしまいました。
Dscn1573
部屋のドアには「プラモけんきゅうじょ」の張り紙がお出迎え。
また、私の作ったハーフトラックを見て「ジオラマを作る」と言い、地面を作るために紙粘土を買い、砂を撒くからと近くの公園から砂をバケツ一杯に集め、家中が砂だらけです。

Dscn1574_3
彼には妹がいるのですが、我々の様子を見て彼女達まで「自分もしたい!!」と言い始めてしまいました。
このザクは、コックちゃんとソックちゃん(共に仮名)の合作です。夕べ遅くに制作状況がメールで配信され、一気に完成まで漕ぎ着けたそうです。色まで塗ってあるところがスゴイ。


今日、実は彼らの家にはベビーがやってきます。
一週間ぶりに帰宅したお母さんは、我が家と子供たちの変貌ぶりを見てどんな顔をなさるでしょうか・・・。私にも責任の一端はあるようで、何だか肩身が狭い思いです。

|

« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 <ツィメリットコーティング> | トップページ | タミヤ 1/48 ファイアフライ その1 »

タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いよいよ塗装ですね。

ワイヤーの後端は、シャックルを介してU字フックに付けられているのが、自然なのではないでしょうか。

僚車を牽引するなり、あるいは牽引してもらう時には
前後のどちらかを外して、
相手の車輌に取り付けるみたいですよ。

投稿: 宮崎 | 2009年5月 5日 (火) 11時42分

宮崎さん、こんにちは。牽引ロープについての情報ありがとうございます。
もともとシャックルは後ろのU字フックに引っ掛けるつもりでしたので、そこへ繋げてみました。
片側はうまく取り回せなかったので、そのままにしました。ちょっと不自然かもしれませんが、まあ良しとしてください。

投稿: bluebell | 2009年5月 5日 (火) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3 <組み立て完了>:

« タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 <ツィメリットコーティング> | トップページ | タミヤ 1/48 ファイアフライ その1 »