« ドラゴン パンサーA型 その2 | トップページ | ドラゴン パンサーA型 その4 »

2009年4月14日 (火)

ドラゴン パンサーA型 その3

キャタピラのウェザリングに進みます。

色がちょっと気に入らなかったので、もう少し赤サビ色を強くしました。
タミヤアクリルのレッドとイエローでオレンジを作り、レッドブラウンと混ぜてサビ色を作ります。
これを、前回の状態に重ね吹きしていきます。
徐々に重ねて様子を見ます。このとき、キャタピラ一本ずつ交互に吹くと変化が分かって、やり過ぎを防ぐことが出来ます。
いい感じになったら、その上へ再度グレイバイオレットを重ね吹きします。こちらは、わずかに色がついた程度でやめておきます。

次に、パステルで同じような赤サビ色を作り、乾いたまま凹んだ部分に筆でまぶしていきます。
Img_4470
この後、土埃をつけていくので、得意のマークセッターを霧吹きでかけて、一度パステルを定着させます。

いつもはこんなことしないで即汚しに突入するのですが、今回は今までと違う塗装をしてみようと思って塗っていますので、失敗覚悟でいろいろと試しています。
試すといっても塗装なんで、最悪の場合はサフ吹いてやり直せばいいやと気楽に取り組んでいます。
ブログは、こういうとき自分の覚書にもなるので便利ですね。
幸いにも今のところは、濃い目の車体色、乾性油を用いたフィルタリング、そしてこのキャタピラと、だいたい自分のイメージどおりに出来ています。

車体もようやく触指乾燥しましたので、こちらもこの後ウェザリングに進んでいきます。

|

« ドラゴン パンサーA型 その2 | トップページ | ドラゴン パンサーA型 その4 »

ドラゴン パンサーA型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174142/29109217

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン パンサーA型 その3:

« ドラゴン パンサーA型 その2 | トップページ | ドラゴン パンサーA型 その4 »