« タミヤ Sd.kfz.251/1 その8 <車体完成> | トップページ | タミヤ Sd.kfz.251/1 その10 »

2009年3月28日 (土)

タミヤ Sd.kfz.251/1 その9 <フィギュア制作>

フィギュア三体の塗装を進めています。
Img_4306_2
本体の塗装は終了して、細かい装備品に取り掛かっています。
迷彩は運転手と同様のパターンですので、再度AM誌を見ながら作業を進めました。


Img_4308こちらの彼だけは、オークリーフパターンです。

私は、フィギュアなどの小物を塗るときの持ち手として、ランナーを使います。
出来るだけまっすぐな部分を切り取り、先端を火であぶって対象物に押し付けるだけで、溶接のようにくっつきます。
でも、実際にお互いが溶け合っているわけではないので、外すときは軽く折り曲げるようにすれば簡単に外れ、特にパーツにダメージも残りません。
あぶり加減や付けるタイミングによって接着力が変わるので少し慣れは必要ですが、工作も準備もいらず、ライターさえあればすぐ出来るので手軽です。
ただし、あぶり過ぎたり急いで付けると本当に溶着気味になって外れ難くなり、パーツに痕が残りますので要注意です。

迷彩パターンは、まあ自分の実力としては何とか合格点でしょう。
ただ、顔はちょっとグチャグチャになってしまい、人に見せられるものではありません・・・。

今晩IFVの例会ですので、それに間に合わせたいのですが、果たして・・・!?

* * * * * * * *

一応、フィギュアが完成しました。

Img_4327まだ細部に手をいれるところは残っていますが、カタチにはなりました。





Img_4328_2こうして並べてみると、フィギュアがなかなかカッコいいです。
やはり、車両にフィギュアが絡むと雰囲気が増しますね。

これからは、フィギュアももうちょっと頑張って作っていこうと思います。
課題は、やはり顔の塗りですね。

あと、車両装備品がたくさん入っていますので、本当の完成に向けてそれらをボチボチやっつけます。

* * * * * * * *

IFV例会で、会員諸氏に見ていただき感想をうかがったところ、意外に好評でした。
marutake international社長にも「上出来ですよ」と言っていただき、少し自信がつきました。

|

« タミヤ Sd.kfz.251/1 その8 <車体完成> | トップページ | タミヤ Sd.kfz.251/1 その10 »

タミヤ Sd.kfz.251/1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174142/28844104

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ Sd.kfz.251/1 その9 <フィギュア制作>:

« タミヤ Sd.kfz.251/1 その8 <車体完成> | トップページ | タミヤ Sd.kfz.251/1 その10 »