トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

道具その2・・・エアブラシ

塗装用具として今や必要不可欠になりつつあるのが、エアブラシではないでしょうか。
もちろん、筆と缶スプレーのみでも塗装は十分楽しめます。
ただ、筆で広い面をきれいに塗るには技術が必要ですし、缶スプレーは色数が限られるうえ、消費が多いため費用面で高くついてしまいます。
また、戦車等の迷彩塗装をするにも、エアブラシを使えば簡単にできます。

エアブラシは難しいと思われるかたもいらっしゃるかも知れませんが、やってみると実はそうでもありません。
最初難しいのは塗料の希釈具合程度で、吹き始めれば感覚的に出来てしまいます。
缶スプレーよりはるかに繊細な噴霧ですので、かなり細かい部分を塗ることも出来ますし、筆ムラがありませんので、慣れれば筆で塗るより簡単なのです。

確かに模型制作用品の中では高価な物ですが、一度購入すればそうそう故障する物でもないでしょうから、ぜひトライしてみてください。

Img_4067今私の使用しているエアブラシです。

上は最近手に入れたアネスト岩田の「エクリプス」です。口径0.3ミリの横付きカップ式ダブルアクションで、メーカーでもホビー用として推奨している機種です。
下はクレオスの「プロコンボーイFWAプラチナ」です。こちらは口径0.2ミリで上付きカップ式です。細かい迷彩用にと以前購入しました。
これら以外にも、コンプレッサーに同梱されていたノーブランドの物を使っていました。
実際、ノーブランドの廉価品でも模型塗装には十分使えます。
ただ、いい物はやはり吹き心地が違います。

Img04856831_4特に今回購入したエクリプスは、同社の中では下位機種なのですが、メーカーが推奨しているだけあって抜群の使いやすさです。
「高粘度色材に対応」とうたってあるのが気に入って購入したのですが、塗料の出始めが滑らかで、実にコントロールしやすいのです。
それまで使用してきた物は、どれもトリガーを引く操作に対して塗料の出始めが唐突で、あるところまでトリガーを引くといきなり塗料が出始める感じでしたが、エクリプスにはそれがありません。
また、押しボタンの押ししろが短く、無駄に力が入らず実にラクです。
価格的にも手ごろですので、個人的にはとてもお奨めの機種です。

また、塗料カップの位置でも使い勝手はかなり変わります。

下の二枚の写真は、模擬的にそれぞれの使用中の目線を同じ角度で撮ったものです。
奥のカップの絵を吹きつけの目標にしています。
上付きと横付きでは、目標の見えやすさがかなり違うことがお分かりいただけるかと思います。

Img_4066付きではカップが邪魔で、ほぼ塗っている部分しか見えないので、実際には持つ手をもっと横にずらして斜めから塗る形になります。



Img_4065それに対して横付きでは、塗っている部分だけではなく、これから塗り進めようとするところがよく見えるので、特に迷彩塗装をする際にパターンの形が掴みやすくなります。
一度横付きを使うと病みつきになりそうです。

あと、機種によっては「ニードルアジャスタ」や「エアアジャスタ」という機能が付いていることがありますが、このエクリプスは下位機種ということでそれらが付いていません(プラチナにはどちらも付いています)。
しかし、その分部品が少なく軽いので、取り回しがラクで長時間の使用でも疲れにくい点も気に入っています。
今のところは、広い面しか吹いていないので、迷彩等の細吹きは試していません。
出来次第、レビューしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

道具その1・・・工具

Img_4052模型制作に道具は不可欠です。
組み立てや工作をするための様々な工具がありますが、私が使っている工具は、ニッパー、デザインナイフ、ヤスリ、ピンセットが各2種類ずつ。基本的にこれだけです。
これで、模型制作は十分できます。

ニッパーは、ホームセンターで買ってきた安物と、タミヤの薄刃ニッパー。
ゲートの太さやパーツとの隙間の大きさによって使い分けています。

ナイフは、一般的な鋭角刃の付いた物と、ノミ刃の付いた物を用意しています。
本当は、刃を付け替えて後者一本でいけるのですが、刃の付け替えが面倒なので2本揃えています。

ヤスリは、これまたホームセンターで買ってきた半丸の細目と、タミヤのクラフトヤスリPROです。
特にタミヤの製品は非常によく削れ、目詰まりも少ないスグレモノです。
私は紙ヤスリはほとんど使いません。当て木をしないと面が出ないので、結局棒ヤスリで事足りるからです。
紙ヤスリは、広い面をならしたりするときに使う程度です。

ピンセットは、ともにホーザン製です。
どちらも、造りが非常にしっかりしていて、安心して使えます。特に先端がヘラ状になっている物は、つまんだ物をはじき飛ばしてしまうことが少なく、またデカールを貼る時にも使えるので、大変重宝しています。

本当は、もっといろいろな工具を適材適所で使い分けるものかも知れません。
私の場合は、工具の数より自分に合った良い物を使うことが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

機動建機ガンダム その3

Img_4034足回りを中心にチッピングを施しました。
まず要所のみ筆でチップを描き込み、その上からエッジ部分に軽くドライブラシで入れています。
接地部分はそのまま穂先を立ててたたくようにします。
このキットは1/100スケールですので、チップの線や点がが大きくならないように気をつけます。

ところで、このコーションデカール、こうして拡大するとちゃんと文字が読めるんですね。驚きました。

Img_4038仕上げに、タミヤアクリルのフラットアースを遠めから全体に薄く吹いて、ホコリっぽさを演出します。

これでひとまず完成です。いかがでしょうか。
何も持っていないのがちょっと寂しいので、機会があれば道具を作って持たせたいと思います。
ガンダムなら器用そうなので、溶接機かなんかが似合うでしょうか。盾もあることですし。


Img_4042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

機動建機ガンダム その2

Img_4023ウォッシュ、スミ入れ、パステルによるウエザリングが終了しました。

ウォッシュは、タミヤエナメルのフラットブラウンとフラットブラックを混色し、ぺトロールで溶いたものを使います。
スミ入れは、ウォッシュで使った色にイエローグリーンを混ぜました。
この色は、明るい部分には暗く、暗い部分には明るく色が付くので、これ一色でスミ入れが出来てしまいます。
また、ちょうどホコリがたまったような表現が出来るので、意外に重宝します。

ところで、用心はしていたんですが、ウォッシュで1ヶ所クラックが入ってしまいました・・・ガンプラはこれが怖いんですよね。

重機なので、当然武装は持っていません。ビームライフルをそれらしい道具に作り変えて持たせたかったのですが、あまりにも武器然としていて改造のイメージが湧きませんでした。

あとは、全体にホコリ色を軽く吹き、チッビングを入れて、「らしさ」を出したいところです。

写真がヘタですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動建機ガンダム その1

Img_4014ただいま制作中の、「MGガンダムver.OYW」です。

建設機械風塗装 にしてみました。ガンプラはいつもこんな風に作ってしまいますが、制作そのものはいたって真剣にやっています。

スケールモデルと違って、ガンプラは実物が存在しませんので、肩の力を抜いて自由に楽しく作れるのがいいところです。
こういうおバカなことをマジメにやるのが有意義なのです。

工作は完全ストレート組み。まったく手は入れていません。
塗装は、基本はイエロー、ブルーブラック、グレイの3色で、1/72戦闘機用のコーションデカールを適当に貼り込んだところです。

まだ新車状態ですので、これからスミ入れとウエザリングを施していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事始め

趣味の模型作りは数年前に始めました。いわゆる「出戻り」というヤツです。

当初はホントにぼちぼちで、年に1~2個完成する程度でしたが、最近は制作環境と家族の理解が整い、月に1個ぐらいのペースで作っています。

主に作っているのはAFV、つまり戦車模型ですが、気が向くとガンダムとかナウシカとかのキャラクターものにも手を出しています。

他にも飛行機とかバイクもストックがあるので、いつか作らねば・・・。

昨年、地元三重県の模型サークル主催の展示会にゲスト出品したのをきっかけに、このサークルに顔を出すようになり、仲間のいる楽しさと、自分の作品(拙作ですが)を見てもらえる喜びとを味わえるようになりました。

模型作りなんて孤独な趣味ですので、仲間がいるというのはとても励みになります。このブログも、同じく模型好きの方に読んでいただき、何かの励みになればなあと思って始めてみることにしました。

つたない文章で恐縮ですが、よろしくお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして。

はじめまして。bluebellと申します。

ここでは、自分の趣味(主に模型・プラモデル)についてちまちま書き綴っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年3月 »