タミヤ ヨンパチ

2017年8月18日 (金)

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2

P8146098001
最近使い始めて、お気に入りの接着剤がこの二つ。
タミヤの、リモネン流し込みと使い切りタイプの瞬着です。中でもリモネン流し込みは、かなりの頻度で使うようになっています。

使い切り瞬着は、割高な気もしますが、瞬着は、使い切る前に固まったりトロトロになって使えなくなり、捨ててしまうことが多いので、このほうが精神的によろしいです。
でも、使ってみると、小さめの容器がそもそも扱いやすいので、気に入りました。
ちなみに、先端のヒゲノズルは、実はタミヤからも発売されてます(この瞬着には、公式には非対応となっていますが、なんとか使えます)。ご存知でしたか~? タミヤなので手に入りやすく、値段もお手頃で、オススメです。

リモネン流し込みは、今までもクレオスのものを使ってきましたが、接着式履帯の組み立てくらいにしか使ってきませんでした。乾燥時間が、他の流し込みと比べて、著しく長いからです。

それを逆手にとって、流し込みは、普通は部品を合わせておいてから合わせ目に流し込んで使うわけですが、これなら、先に塗ってから接着することができてしまうわけです。

「そんなの、普通の接着剤があるじゃないか?」と思われますよね? ごもっともです。
ただ、普通の接着剤、いわゆるドープセメントでは、粘度があって塗りにくい場合があったり、極小部品にはハミ出して塗りにくいのですが、これだとそういう場面にうってつけだったりするのです。
この便利さは、文章ではおそらく、まったく伝わらないので、一度やってみてください。

P8146100001
転輪の接着面に塗りました。
少し分かりにくいですが、光っているのが接着剤です。カメラを向けている時間があっても、まだ濡れた状態です。





P8146102001
逆に、凹部に流し込みました。
タミヤのリモネン流し込みは、たぶん、流し込み系の中でもっとも浸透性が高く、すばやく長い距離を流れて行ってくれます。
流し込みを使っていて、「接着剤を流したはずなのに、十分に行き渡っておらずに、接着不十分だった」というミスが減ります。

ただし、極小部品や、モールドの細かい部品に塗ると、あっという間に部品全体に行き渡ってしまい、部品がドロドロに…という悲劇を生みます。注意してくださいね。

こうして、ホイール関係を一気に組んでしまいます。

(つづく)

| | コメント (0)

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その1

では、さっそく作っていきます。
ダイキャストシャシーに、必要な部品をまずは貼り付けます。もちろん、プラ用接着剤は効きませんので、瞬間接着剤を使って接着していきます。

P8146084001_2
試しに、車体の上下を合わせてみます。
車体前の合わせ目に、大きな隙間ができます。

単に部品の合わせがよくないのか、作り手の擦り合わせができていないのか…。

それにしては、隙間が大きすぎますねぇ。

P8146088001

矢印部は、しっかりと隙間なくハマっていますので、ハメ合わせが不十分なわけではなさそうです。






P8146089001b
シャシー下部をよく見てみます。
上下の車体部品の合わさり部は、赤線部、クチバシの先端なわけです。

ところが、車体下部の前面装甲板が寸足らずで、青の線のところまでしかありません。

これでは、隙間が空いて当然です。

なので、プラバンでも挟み込んでやれば解決ですが、先に、車体上部ももう少し沈ませたいと思い、少し調整することにしてみました。

P8146091001
車体上部の、合わせ面を、適当に削り込んで、現物合わせをしながら様子を見ます







P8146092001
下側も同様。
サフの塗膜がかなり厚いので、削り取ります。







P8146094001
で、こうなりました。
まだ隙間が空いていますが、これ以上やると沈みすぎになるので、残りはパテかプラバンで埋めることにします。
ポルシェ砲塔は、ツィンメリットコーティング必須車両ですから、結局は上からエポパテで覆ってしまいます。プラバンできれいに成形しなくても、パテを充填してならしてやる程度でも、十分に目立たなくなるでしょう。

(つづく)

| | コメント (2)

2017年8月16日 (水)

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔)

最近、少し体調を崩していて、更新が滞っていました。また、お客様にもご心配をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

商品は、問屋さんの盆休み前にチョロっと入ってきています。また見に来てください。

閑話休題。

さて、いきなりですが、タミヤ・ヨンパチMMの、キングタイガーを作ることにしました。

このキングタイガーでは、以前にヘンシェル砲塔のほうを作ったのですが、筆塗りで塗装しようとして大失敗をしてしまい(その時の顛末は、勇気を振り絞ってブログに書きましたので、さかのぼっていただければ見つかると思いますが、できれば探さないでください…)、いつかは再チャレンジを、と思っていました。

20170814_201935001
今回は、ポルシェ砲塔のほうを作ってみます。

少し前から、無性に作りたくて準備だけしていて、毎日のように持って出ていましたが、なかなか作る時間がとれず、リュックに入って、家と店をただ往復する毎日でした笑。


20170814_202122001
不人気の、ダイキャストシャシーが鎮座しています。
最近のキットでは、もう採用されてませんのでご安心を。
願わくは、このあたりも、いっそプラ成形に変更してほしいものですが。

あまり時間もないので、考証的にどうのこうのというより、ただ模型的にカッコ悪いなぁと思う部分だけ手を入れながら作っていくつもりです。
よろしければ、しばらくお付き合いください。

| | コメント (0)

2015年5月14日 (木)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その18 <完成>

戦車長のフィギュアを乗せ、完成です!

Img_2900002
こうして、ちゃんと写真に撮ってみると、けっこう迫力があって、ヨンパチとは思えませんね。




Img_2901001
転輪の泥の汚れ具合が、自分では自然な感じにできたのではと思っています。




Img_2902001
やはり、フェンダーとかにはダメージ表現を付けたほうが、リアルでいいですね。




Img_2895001
真正面から見ても、なかなかの迫力です。

このタイガーで、1/48でもエポ生地コーティングが使えることが分かって、よかったです。最近発売になったばかりの4号H型あたりでやってみて展示会にでも出すと、「おっ!? コーティングシートじゃないんだ?」と注目してもらえるかも。ぜひ、どなたか挑戦してみてください。


さて、今作を機会に、プライベートの趣味としてのAFVプラモ作りには一区切りをつけようと思います。

これからは、勉強のためにも、また新しい趣味としても、カーモデルやバイクなどをもっと作っていきたいと思ってます。
相変わらずつたない作品ばかりお見せして恐縮ですが、どうかよろしくお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

| | コメント (6)

2015年5月13日 (水)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その17

Img_2879001
最後に、フィギュアを1体だけ塗装します。
ただでさえ小さいのに、ある模型イベントに間に合わせるため大急ぎで塗ったので、もうひどいもんです。


Img_2885001
タミヤのヨンパチフィギュアは、スケールに対してちょっと小さめに思えます。特に顔は小さいので、塗るのが大変ですね。
目を入れるのはもう割愛しようかと思ったんですが、とりあえず塗ってみました。
フィギュアは、時間に追われて塗るもんじゃないですねぇ。

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その16

Img_2876001
砲塔に予備履帯を取り付けて、車体に載せて、いよいよ完成です。




Img_2874001
あとは、車長のフィギュアを塗るだけです。これがまた小さいので、うまくいくか、とても心配で自信がありませんが…。

| | コメント (2)

2015年5月 8日 (金)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その15


履帯と各ホイールを車体に取り付けます。
起動輪と誘導輪を履帯の「輪」の中にセットして車体に取り付け、履帯の輪を押し広げながら、中央の列の転輪をはめ込んでいきます。
一番前の転輪は、起動輪と一緒に先にセットしておかないといけなかったんですが、すっかり忘れてたので、軸を短く切り飛ばしてはめました。

Img_2861002
続いて、足回りの汚しです。
一応、モールドにスミ入れをしておいてから(あとでまったく分からなくなりますが…)、ピグメントで汚しを入れていきました。

持っている戦場写真集で実車の汚れの付き方を確認してみると、転輪が泥々に汚れた車両の写真は意外となかなか見つからないのですが、泥が詰まるのはやはり凹んだ部分に集中するようです。

そこで、ピグメントを筆にとってそういう部分に軽く盛りつけ、その後、アクリル溶剤をそっと流します。あくりる溶剤は、不思議なことにピグメントを軽く定着させる効果があります。
それを、数回繰り返してピグメント層を厚くしてみました。

乾いたら、出っ張った部分に乗っているピグメントを、筆や綿棒でこすり落としました。

Img_2863001
転輪中央付近のハブ周辺には、グリースかオイルが染みだしてきたような跡が見える気がするので、フィキサチーフを筆で流し込みました。フィキサチーフには樹脂分が含まれているので、乾いても少し濡れたような感じになります。

この後、外側の列の転輪を取り付けて、同様に汚しを行いました。

| | コメント (0)

2015年5月 7日 (木)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その14

車体の汚しはひとまず終了し、履帯の汚しに進みます。
Img_2858001
今回は、ちょっと泥が詰まった感じを再現したかったので、モデリングペーストにマットメディウムを加えてピグメントを混ぜ込んだものを、履帯の表側に塗り込みました。

マットメディウムだけでは乾くとヤセてしまい、泥の厚みが表現できないので、モデリングペーストを試してみました。

その後、履帯の接地部に付いた余分な泥を綿棒などでこすり落としておきます。

これだけでは泥の調子が単調なので、乾燥後に違う色のピグメントを、粉のままパステル筆にとって擦り込んで、変化を出しておきました。

そして、接地部全体に鉛筆の芯の粉を塗りつけ、最後にタミヤペイントマーカーの銀で「ハの字」の部分を強調して終了です。

| | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その13

Img_2843001
雨だれの跡を描き込みます。
クレオスのウェザリングカラーを使って、まずは原液のまま筆で縦に線を描きます。その後、溶剤を含ませた筆でなぞってやると、簡単に表現できます。
筆を運ぶ速さを変えることで、いろんな表現ができますよ。

Img_2847001
砲塔の上面も同様です。雨水が垂れそうな「きっかけ」のあるところから線を引くと、自然にできます。

今回はあっさり目にしてますが、チッピングを入れたところからサビが流れた跡なども入れてやると、複雑な表現になって、重厚な仕上がりになると思います。ここらへんはお好みで。

| | コメント (0)

2015年4月30日 (木)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その12

Img_2839001
チッピング(塗装のはがれ)を表現します。
ホントは、泥汚れを付ける前にやるべきでしたね。

チッピング表現にはいろいろな方法があって、最近では実際に塗膜をはがしてリアルに再現する方法が盛んみたいです。

自分は、コントロールのしやすさから、筆でチマチマ描き込むのが好きです。

グレイやガンメタルをベースに作ったオリジナルのチッピング色を、極細筆でていねいに描いていきました。塗料は、エナメルを使ってます。
スケールが小さいので、とにかくオーバーにならないように気を付けました。なので、模型実物も、よく見ないとそれとは分からないかもしれないです。
最近はすっかり老眼なので、メガネがないと作業できません。

Img_2841001
全体にまんべんなく描いてしまうと、とても不自然に見えてしまうので、集中するところとそうでないところのメリハリをつけるようにします。


Img_2852002
エンジンハッチ周辺は、整備の際に乗員がけっこう踏んだり触ったりするはずなので、もうちょっと派手に付けてもよかったかもしれません。
ホントは、グリルメッシュのエッチングパーツが欲しかったところですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 模型制作会 | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾