変則営業日のお知らせ

今月の変則営業となる日は、下記のとおりです。

29日(土) 臨時休業

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご容赦ください。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

お客様の作品のご紹介

Img_7899001_2
ヤマサキさん作品

タミヤ 1/12 カワサキH2R
話題の、市販車最速のバイクを、当店最速で作ってくださいました。ありがとうございます。




Img_7890001

完成品の実物を、初めて拝見しました。イカツイバイクですねぇ。







Img_7896001
今どきのバイクらしく、直線基調のトンガったデザインが特徴的です。
カウルのメタリックブラックが、とても美しく塗れていて、カッコイイですね。





Img_7888001
パワフルなバイクなのに、一見きゃしゃに見えるトラスフレームなのがおもしろいです。







Img_7905001
市販車ですが、クローズドコース専用車ですので、灯火器や保安部品はありません。

その代わり、大きな羽根が付いています。もちろん飛ぶためではなく、飛ばないための羽根でしょうね。なんせ、400km/hですからね。
スゴイ造形なのが、よく分かります。

Img_7900001
排気管~マフラーは、メッキ部品そのままです。作者さんいわく、焼け色を付けたかったとのことですが、これはこれで、新車っぽくていいんじゃないでしょうか。





Img_7904001
カウルのロゴマークは、インレットマークが用意されていて、実感たっぷりです。

作者さんは、最近すっかりバイクにハマっていて、これまたすごいスピードで制作されています。今年に入って、これですでにバイクだけでも3作目。ほぼ月イチペースです。
おかげで、完成作例が、労せず増えていきます(←ダメ店主)。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

入荷案内

Img_7855001
タミヤ
1/35 バレンタインMk2/4

履帯は、部分連結式です。






Img_7856001
1/35 セモベンテ
イタリアの豆タンクです。キット自体はベテランですが、数年前に履帯をリニューアルしてから、なぜかボチボチ人気があります。





Img_7857001
モンモデル
1/35 キングタイガー用可動履帯

入荷時に不足していて連結ピンが、無事に入荷してきました。

板側面のモールドまで再現してあります。


Img_7858001
ミニアート
1/35 T54-2

インテリアは省略されていますので、インテリアまではいらないという方に。
それでも、中身はギッシリで、作りごたえがありそうです。


Img_7859001
1/35 ビール瓶と木箱セット

最近、こういったボトルセットを連発しているミニアートです。
中身は、グリーンとブラウンで着色済みのクリアパーツです。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

入荷案内

Img_7852001
タミヤ
1/6 モンキー40周年アニバーサリー

永らく親しまれてきた名車ですが、時代の流れには逆らえず、実車はとうとう今年8月で生産終了になるとのことです。
せめて模型で楽しみましょう。

Img_7853001カスタムパーツも付属です(お恥ずかしいことに、これは知りませんでした)。



Img_7854001
1/12 VFR750R

こちらも、バイク好きなら誰もが知る名車。

こちらは、今年が発売30周年とのことで、このカラーリングをあしらったヘルメットも発売されるとのこと。

このキットも、同じくらいのロングセラー! なくなる前に作っておいては?

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

接着連結式履帯の組み立てのヒント 続き

P4165759001
接着剤塗布後45分経ちましたので、作業を再開…って、夜中になっちゃいました。







P4165769001
詳しい作業は、弊店フェイスブックページから動画をご覧ください。かなりヨタヨタやってますが苦笑。
乾燥だけでも1時間かかるうえに、片側ずつしかできませんので、2時間以上かかる作業です。終わったのは夜中の3時を過ぎてました。
乾燥中は、溶剤の揮発により、組んだ履帯が縮んで外側へ湾曲してしまうことがあるので、外へ広がらないようにテープで軽く留めておきます。

今回は、タミヤのリモネン接着剤を、初めてこの作業に使ってみました。
クレオスのそれに比べて、ちょっと乾燥が遅いのかなという気がしました。最初45分の乾燥時間をおきましたが、まだ固まりが不十分でしたので、反対側は60分おきました。それでも、まだ柔らかすぎるという印象で、しっかり塗って90分ぐらいおくほうがいいかもしれません。これは試行錯誤するしかないです。

また、タミヤのはかなりサラサラで粘度が低いので、キャップに添付の細いハケではなく、少し太めの筆を使って流し込むほうがよいかもしれません。
流し込み接着剤は完全に揮発するので、筆が固まってしまうことはありません。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_7704001
単身赴任模型堂さん作品
アオシマ 1/24 ロードスター

衰え知らずの制作意欲と驚異的なスピードの持ち主・Hさんが、この度「単身赴任模型堂」さんというHNとなりました。
昨年のロードスターコンベンションで出戻られたのですが、もはや出戻りとは言えないクオリティーでガンガン制作されている、当店のお客様の中でも群を抜いてアツいモデラーさんです。

実は、ずいぶん前に持ってきていただいたのですが、それから他のかたのお持ち込みが相次いだため、ご紹介するのをすっかり忘れてしまっていました。申し訳ないです。

Img_7705001
相変わらず、制作スピードは速いのですがしっかりまとまった作品です。
どうしたら、これほどのスピードをずっと維持できるのか、あやかりたいです。


Img_7707001_2
これまたいつもながら、パールを使った、軽い変化球系の塗装で仕上げられています。





Img_7708001


前回ご紹介した、タミヤのNA型同様のバケットシートが装着され、走り屋仕様になっています。

| | コメント (0)

接着連結式履帯の組み立てのヒント 続き

準備の続きです。

P4155749001
アルミのL字アングル材を用意します。ホームセンターで、それほど高くない値段で売ってると思います。







P4155750001
これに、履帯の長さ分のマスキングテープを、裏返して(糊面を表にして)貼り付けます。
この上に、必要な枚数の履帯のコマを貼り付けて並べていくわけです。L字面をガイドにして、まっすぐに並べることができます。
このキットでは、片側100枚使います。

並べたら、つなぎ目に流し込み接着剤を塗ります。乾燥時間の長い、リモネン系の接着剤が、焦らずに作業ができてオススメです。
付属の筆で流し込んでいると、目を離したときにどこまでいったか分からなくなる(ワタシだけ?)ので、もう少し太めの筆で一気に塗るほうがいいかもしれません。

P4165757001
この後、たっぷりと乾燥時間を取ります。少なくとも45分~1時間は放置します。

| | コメント (0)

«接着連結式履帯の組み立てのヒント