2019年10月 3日 (木)

オイル交換

実は学生の頃からバイクに乗っていて、免許もクルマよりずっと先に取りました。学生時代の趣味はほぼバイクで、高校生までぼちぼちやっていたプラモは、当時はすっかり頭にありませんでしたね。
それ以来、いろいろなバイクを乗り継いで、生涯の趣味にするんだ!とずっと乗ってきましたが、模型屋開業の資金にするのと、あまり乗らなくなったことから売却してしまい、それから10年以上経っていました。

でも、最近急にまた乗りたくなってしまい、今年の5月に維持費の安上がりな250を買って、それ以来、気持ちは模型よりバイクになってしまいました。

模型は、なんだかドロドロした嫌な面をいっぱい見てしまったせいで少し辟易としていたこともあり、今はそんなしがらみもないバイクのほうが楽しくなっています。おかげで、閉店してから模型には指一本触れていません。ブログのプラモネタがないのもそのせいです…。

さて、買ってからすぐに一度オイル交換をしてそこそこ走ったのと、積算距離がきりのいい数字になったので、二度目のオイル交換しました。

Img_2117001  
買ってすぐの交換ではシェルアドバンスを入れましたが、今回は超久しぶりのワコピンに。

油種も替えるので、エレメントも交換。
小排気量車は、油量が少なくて財布にやさしいですね。


Img_2118001
バイクにはいつも4CRをおごってきましたが、今回はプロステージにしてみました。以前クルマに入れていて、とてもいいオイルでしたが、バイクには初めてです。
しばらく使わないうちにちょっと値上がりしていて、その分、中身も完全合成にグレードアップしていました。

これは、走ってみるのが楽しみです。




| | コメント (2)

2019年9月 4日 (水)

夏休み その3 ~大和ミュージアム~

次の日。広島市内から呉へ移動。広島のドライバーは、安全運転なんですね。

Img_2012001
大和ミュージアムです。広島に来たからには、ここを見ないわけにはいきません。
以前から、一度は行ってみたいと思っていましたが、遠くて機会がありませんでした。



Img_2013001
こんな企画展も開催されてました。








Img_2011001_20190904221801
まずは、このデッカイ大砲が出迎えてくれます。






Img_2016001
中へ入ると、そこには1/10スケールの大和の模型が鎮座。
もう、模型という概念を超えてますね。






Img_2018001
1/10ですから全長26.3m。なにしろデカイ! すごい迫力です。







Img_2019001
有名な球状艦首、バルバスバウですね。







Img_2029001
私は特にフネ模型のファンではありませんが、大和はやはり一度は作ってみたいフネ。こんなところは、そのときの役に立つかな?





Img_2030001
細かいところまで、実によく出来ていますね。
普通に一模型ファンとして見入ってしまいます。





Img_2034001
所々に水兵さんの人形が立っているので、艦の巨大さがよく分かります。







Img_2037001
こういうトラス構造のところも、実によく作り込まれています。一日中でも見ていられそうです。







Img_2055001
別のフロアには、零戦等も展示されています。







Img_2063001
こうして実物を見ると、零戦といえども実機は大きいんだなぁと実感。







Img_2059001
プラモデルで見ると表面はツルッと滑らかですが、実際は鉄板(鉄じゃないけど)でベコベコなんですね。






Img_2096002
エンジンカウルのアップ。
リベットの数がすごいです。「沈頭鋲」って呼ぶんでしたっけ? コンピュータも計算機もない中、当時の技術者の方たちの技術力の高さ、情熱、アイデアと苦労が垣間見えます。



Img_2084001
尾翼もやっぱりリベットだらけ。








Img_2075001
ここへ来て、ワタクシ、今さらながらやっと分かりました。
この骨格に、鉄板(鉄じゃないけど)をリベットで打ちつけて作ってるんですね。それで全身リベットだらけなんですね。




Img_2099001
零戦に六二型なんてあったのも、初めて知りました。五二型までだとばかり思ってました。






Img_2088001
ほかにも、人間魚雷「回天」も展示されています。
明らかに、乗り物の体をなしていませんね。こんなのに詰め込まれて、体当たりして来い!って言われるんですからね…。

ほかにも、至る所に模型が展示してあって、模型ファンとしては1日いられる場所でした。戦争の悲惨さについて考えられるところももちろんありますが、当時の技術者たちがいかに優れていたかということもよく理解できた体験でした。

Img_2105002
お土産屋さんは、欲しいものでいっぱいでした。ここ限定のプラモがあったら買うつもりでしたが、普通のものばかりだったので、やめました。でもアリイの1/250の大和は見たことがなく、かなり心を動かされましたが。

で、Tシャツとキーホルダーを買ってきました。

これで夏休みの旅行記はおしまいです。

ところで、帰り道は、名神高速の途中の分岐を間違えてしまい、ヘンな方向へ。走行中で地図を見ることもできず、どこへ連れていかれるのかと不安になりました。
とにかく、最寄りの料金所へ降りて理由を言うと、反対方向のゲートへ誘導してくれ、元の道に戻って事なきを得ました。皆さんも、もし高速で降り口や分岐を間違えたら、まずは素直に間違えたことを伝えましょう。行きすぎた分の料金も払わなくて済みますよ。

| | コメント (2)

2019年8月31日 (土)

夏休み その2 ~広島平和記念公園~

店を閉めてから、1日休みをとっていたので、夏休み中にもう一回旅行に行ってきました。
行き先は、娘がなんだったかテレビ番組を見て「行きたい」と言っていた、広島です。地図で見ると思いのほか遠いので、当初は気楽に新幹線でと考えていました。
でも、二人で乗るとなると、往復でかなりの旅費になってしまうので、迷いに迷って、結局クルマで行くことに。天気がよくないのと、ずっと高速ばかりなので、今回はバイクはあきらめました。

広島へプライベートで行くのは初めてですが、クルマなので、ナビアプリを頼りに走って行きました。平日で道も空いていたので、前回の飛騨行きより早く着きました。
ただ、延々と100km/h巡航しているのに、ナビアプリに表示される到着予定時刻が徐々に遅くなっていきます。「おいおい、このアプリは、一体何km/hで走ることを要求してるんだ? 速度違反を前提にしてるのか?」と思ってしまいました。

昼過ぎに、平和記念公園に到着。
自分は、中学の修学旅行で行きましたが、日本人なら、死ぬまでに一度は行っておくべきところでしょう。

Img_1981001
外国人観光客が大勢。








Img_1982001
有名な碑文の向こうに、原爆ドームが見えます。
悲しい光景です。合掌。






Img_1988001
原爆ドームです。悲惨さが伝わってきます。







Img_1994001
元はもっと大きな建物だったのですが、爆風で大半が吹き飛ばされてしまいました。






Img_1991001












この後、平和記念公園の中の平和記念資料館に。
修学旅行で見学しましたが、被爆直後の被爆者を再現した人形が展示してあったのは覚えています。ただ、それ以外はさすがにあまり記憶がありません。

たしか、少し前に展示内容をリニューアルしたと思うのですが、被爆者の遺品や記録などの文書等の展示が主で、文章が多いので、特に外国人はしっかり読みふけっていて、列がなかなか前に進んでいきません。
ただ、前述の人形もなくなっていて、視覚的に直接的に核兵器の恐ろしさを訴えてくるような展示はあえて控えたのか少なくて、個人的には、原爆の悲惨さを訴えるには物足りないのではという気がしました。娘は「エグかった…」と言ってましたが、あれでエグいと言ってたら、実際はどれほどエグかったことかと思います。

数時間かけて平和記念公園回りを見学して、宿泊先のホテルへ。

Img_2009001
すぐ近くで、あっという間に着いてしまいました。
行ってみたら、宿泊費のわりに思いのほか豪華なホテルで、ちょっと引いてしまいました。こんなホテルは、田舎者の私にはちょっと苦手ですね…。

着いても、いろいろと勝手が分からず、あまりくつろげません。そもそもホテル自体が苦手なので、やっぱり旅館か民宿がよいですね。

| | コメント (4)

2019年8月26日 (月)

夏休み その1 ~飛騨ツーリング~

模型店をたたみましたので、これからは8年前にように、模型ばかりではない、よろずネタのブログに戻しますよ。

さて、ということで、閉店の少し前に、休みを取って、夏休み中の娘とバイクでタンデムツーリングに行ってきました。
行き先は、飛騨・神岡。

いつの間にか、ほとんど高速だけで行けてしまうのですが、高速代がもったいないのと、そもそも高速道路が好きではない(つまんない)ので、下道で行きます。

朝早く出かけたのですが、家を出てすぐにさっそく渋滞。出勤時間に重なったせいかとあきらめていましたが、あまりに進まないのでいくらなんでもおかしくないか?と思いましたら、案の定、事故…。これで、予定が大幅に遅れてしまいました。

Img_1940001_20190826101401  
途中で昼食をかねた休憩。

目的地に14時に着くように、かなり余裕をもって出てきたのですが、どうも間に合いそうになくなり、郡上から高速に。いつの間にか、高速二人乗りOKになってたんですね。知らなかった。

でも、いぶかしみつつ恐る恐る料金所のゲートをくぐったら、目の前でパトカーが転回してきて、先導状態に。「え!?やっぱりイカンの?」と不安になりながらついていくと、ハザード焚いて道路脇に停車。「えー、やっぱオレか? なんか間違ったことしてる!?」とさらに不安になりましたが、そーっと横を通り過ぎると、特に何事もなし。「なんだ、紛らわしいことすんじゃねぇ」とか思いながら本線に。
さすがに、250ccネイキッドでのタンデムの高速はつらかったですね。ちょっと非力ですし、途中で1車線の対面通行になる区間があるのですが、後続車に追いつかれてもパッセンジャーのことを思うとあんまり飛ばせないしで、疲れました。

Img_1945002
で、やっと到着。カーナビアプリの計算では所用時間5時間と出ていましたが、7時間もかかりました。2時間余裕をみていましたが、予定ギリギリでした。





Img_1944001
なんの予定かといいますと、今回の目的はこれ。神岡の廃線になった鉄道を利用した、「レールマウテンバイク」に乗りに来ました。これの予約を入れてあったんです。
風情のある受付場所ができています。



Img_1950001
自転車2台を横に連結した車両を二人でこいで、廃線の旅をします。
マウテンバイクとはいえ、電動アシスト車です。





Img_1952001
奥に向かって、線路の上を走って行くんですね。なかなか楽しみです。
この「レールマウンテンバイク」は、二つのコースがあって、今回は「渓谷コース」にしました。往復約6kmの行程です。

林を抜け鉄橋を超えて、行きは登りなのでちょっと大変でしたが、なかなか楽しめました。 

Img_1943001_20190826101401
まあまあ楽しんでくれたようです。








Img_1963001
日帰りではちょっとしんどいので、ぜいたくに泊まりです。

国民宿舎は、リーズナブルに泊まれて重宝します。
素朴な宿でしたが、料理もおいしく、満足でした。

帰りは、高山から「せせらぎ街道」を(ホントは往きもこれで来る予定でしたが、遅れそうだったのであきらめました)気持ちよく走りました。信号もほとんどなく、郡上まで快適なツーリングができます。

結局帰りも7時間かけて帰宅。さすがに疲れましたが、10年以上のブランクを経てのバイクツーリングを満喫。やっぱりオートバイは楽しいですわ。
親子タンデムを一度はやってみたかったので、親のこちらは勝手に満足。はて、ムスメはどうだったか…?

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

お客様からのサプライズ

昨夜は、常連のお客様がたが、店主ことワタクシへのねぎらいの会(自分で言うのもヘンなのですが、正式名称が分かりませんので)を開いてくれました。どうもありがとうございました。

1565535880432001_20190812003401
春の展示会や制作会で、よく顔を合わせるメンバーなので、すでにお互いが気のおけない仲になっていて、閉店したとはいえ湿っぽさのない、楽しい会食でした。

開始早々、私のために皆さんが用意してくれた、サプライズが。

1565535883248001
ブルーベルホビーの店の模型です。
前には、常連さんたちが自ら作った、1/50相当のご自身のフィギュアも並んでいます。



1565535885164001
それにしても、細かいところまで、恐ろしいほどよく出来ています。
真ん中に立っているのがワタシなのはすぐ分かりました。たしかに、こんな服装(靴も)をしていた日がありましたよ。

それにしても、かなり取材しないと、ここまで正確に模型化できない(よく見たら、屋根の板ぶきの模様や、扉の意匠まで、正確に再現されてますからねぇ)と思ったら、営業時間外にこっそり写真を撮りに来られていたそうです。不審者と間違われないでよかったですね。
1年前に閉店を告知して、すぐにこの計画が立ち上がり、1年がかりで作っていただいたそうです。といっても、首謀者様は、この会が始まる直前まで塗装をしていたとのこと。
とにかく、文字通りのビックリサプライズでした。くしくも今日は、私の50回目にして令和最初の誕生日。もったいないほどの、最高のプレゼントになりました。どうもありがとうございました。

店はなくなりましたが、皆さんとの友好の輪はつながったままです。これからも、制作会や展示会など企画して、模型ライフを楽しませていただこうと思っています。どうか、末長くよろしくお願いします。


| | コメント (2)

2019年8月 9日 (金)

撤収、完了

Img_1976001
店内の物品の運び出しがすべて完了。
ガランとした元店内。夢の跡。少しさびしいですね。






Img_1977001
この後、引き渡しをして、ブルーベルホビーは終了です。
ここへ移転して丸6年。家主さん、お世話になりました。どうもありがとうございました。

また、このブログの開業・営業日誌編も、これで完結です。今までお付き合いくださり、ありがとうございました。

さて、実はこれからさらに大変なのが、家の片付け。居間と台所以外の部屋には大量の物品があふれ返り、生活のスペースすら危うい状態ですが、どこから手をつけていいのか分からず、途方に暮れています。時間もなかなかとれませんしね。

当然、プラモ制作の環境などあるはずもなく、当分の間はもうなにもできません。いろんなものを収めた段ボールがそこかしこにあり、道具がどこに行ったのかさえ分からないのです。すでに、エアーブラシが2丁、どこにしまったか分からず行方不明です…。
11月に名古屋のオー集がありますが、おそらく、新作はなにも完成しないだろう予感がします。すいませんねぇ。

| | コメント (2)

片付け8日目

片付けが進むにつれ、細かいモノの移動をしなければいけなくなり、かえって作業ははかどらなくなります。
特にやっかいなのが、自分の作品。ショーケースがあったときは縦方向にも並ぶので省スペースで収まっていましたが、なくなると床一面に並べることになり、途端にジャマ。
とにかく、これらも家に移動させなければいけませんが、作品ごとにケースがあるわけではないので、ハダカのまま段ボール等に入れ、移動しては容器を持ち戻ってまた移動の繰り返し。クルマに載せるのに積み上げることができないので、1回で運べる数が少なく、不効率極まりない。

で、持って帰ったらこれまた置くところがないのでジャマ。もう家は商品の残りと自分の制作道具等で埋め尽くされていますし、作品を飾る棚もないので、廊下やら床に並べるしかなく、文字通り足の踏み場がなくなっていきます。
もう、家に持って帰るものを一つでも減らさないといけなくなってきたので、思い切って断捨離。場所を取るビネットや、今見ると大した出来ではない作品や思い入れのない作品はすべて廃棄。もったいないとか言ってられません。持って帰ったところで、物理的に置くところがないんですから。
しかし、人から譲ってもらったり寄付していただいた作品まで捨てるのはしのびないので、嫁にもらってくれる人を探したり。

プラキットは、かさばっても重さはないので、大きい段ボールに詰めて積み上げることができたのですが、資材や塗料(商品・私物)や書籍は、重いので大きい箱にまとめるわけにいかず、小さい箱がやたらとできるし、かつ積み上げることはできずで、これまた不効率。
寝室はおろか、家中を荷物が埋め尽くし、とうとう家の外にまであふれる始末に。

それに、こうして出た大量のゴミもなんとかしないといけません(什器類など大きいものは、昨日業者に収集してもらいましたが、細かいものがどんどん出て来ます)。
今日は燃えるゴミの日でしたので、朝からまとめて捨てましたが、プラスチックや金属ゴミなどは、退去日までに収集がないので、これまたいったん持ち帰るしかありません…。
なので、片付けているとあちこちから湧いてくる、忘れていた私物も、不用品はリサイクル屋に持ちこみ。お金のためではなく、とにかく減量のためです。ゴミ以外は、タダでもいいから引き取ってというつもりで、毎日何度も往復。リサイクル屋さんの店員さんも、どうしたことかと不思議に思っているでしょうね

毎回書きますが、廃業って、後始末がホントにタイヘンです。10日でできると思って甘くみてました。
このブログを、模型屋開業記として読んでくださってるかたもいらっしゃると思いますが、テナント借りて開業するなら、ホント、やめない覚悟が必要ですよ! 

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

片付け6日目

Img_1967001
表の看板を取っ払ってもらいました。
電飾の看板も、一緒に外してもらいました。

段ボールが散らかりまくってますが、仕入れの際に来たものを、閉店の片付け用に、捨てずに取っておいたので、こんなことになってます。

Img_1969001
店内の棚の大半は捨ててしまうので、バラしてしまいます。
足の踏み場もありません。






Img_1968001
ショーケースは、引き取り先を急いで探さないといけないので、中身を取り出しましたが、出してみると作品が意外に多くて置き場所がなく、困りました。
掃除のついでなので、出来の悪いものや大して思い入れのないものは、いっそ断捨離してしまいます。

塗料も、あまりに量が多くて途方に暮れてしまい、片付けが進みません。これも、いっそ捨ててしまおうかと思ったほどです。だって、飛行機用の色など、明らかに自分は使わないという色もあるし、おまけにその同じ色が何本もあるんですよ。そんなもん、持って帰ってもしょうがありませんし。

ショーケースもパソコンデスクも、机や什器類も、リサイクルとして引き取ってくれるところは意外なことにどこもありませんでした。タダでもいらんそうです。どこに聞いても「売れないからいらない」「古いのでダメ」ばかり。ショーケースや作業机は、8年前に買ったときはリサイクルショップで中古で買えたんですけどね。今となっては無理なようで、さすがにこれはデカすぎて、家にも入りません。もったいないですけど廃棄です。
先日も書きましたが、開業準備より廃業の後始末のほうが、ずっとタイヘンです。

| | コメント (2)

2019年8月 5日 (月)

片付け5日目

プラキットの移動はほぼすべて終わりました。

20190804_155231001
写真では少ないように見えますが、家の寝室が、寝るスペース以外、プラモを詰めた段ボール40箱で埋め尽くされました。
コレクターさんから見れば大したことない量かもしれませんが、キット収集の趣味はない私には、ジャマでしかありません。圧迫感がスゴイんです。

これ以外に、これから塗料やマテリアル関連がやってきます。どうしよう…。

開業より廃業のほうが、すること多くてタイヘンです。




| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

片付け2日目

今日は、ミリタリーキットの箱詰め。
カーモデルに比べ、特に輸入キットはいちいち箱が大きくてかさばるので、段ボールにいくらも入らず、箱がどんどんできていきます。
昨日のカーモデルの残りの分も合わせて、店と家を数回往復しました。すでに、寝室はもう段ボールでいっぱいの状態。
わたしはキットコレクションの趣味はまったくないので、もうジャマでしかありません…。いわゆるコレクターさんという方々は、これの何倍ものキットを所有しておられるんでしょうね。感心してしまいます。

プラモは、あとは残ったわずかの飛行機・艦船とアクセサリーキットくらいなので、まあなんとかなりそう。寝る場所だけは確保できそうです。
問題は、塗料関係の什器と棚。これどうしようか? あと数日ですべて処分できるか、心配になってきました。プラモ制作と一緒で、実に計画性のないことです…。

| | コメント (4)

«片付け初日