2017年6月26日 (月)

模型制作会は、おもしろい

25日は、いつもの橋南市民センターにて模型制作会でした。

オジサンばかり7人が集合し、思い思いのペースで制作と模型談義を大いに楽しみました。

Img_8241002
皆さん、いい笑顔をなさっています。
黙って作っているか笑っているかの、どちらかの瞬間しかありません。

だいたい同年代ばかりなので、お決まりの昔話にも花が咲きます。

昔のプラモはモーターライズありきだったという話題になり、「スケールの割にやたらデカくて、模型寸法に分母をかけたら、クルマの長さが6メートル相当になる」とか、カーモデルは、「無謀にも電池4本積んで猛スピードで突っ走り、速すぎて怖くて受け止められずに壁に激突してブッ壊れた」とか、「壁に当たるとモーターが止まるように、前にスイッチが付いていたが、勢いが強すぎてスイッチもろともブッ壊れるので意味をなさなかった」とか、「逆にF1は電池1本しか積めないのでまるで走らなかった」とか、「船を作って喜んで池で走らせ、処女航海で回収不能になった」とか、「カーモデルの箱に書かれた『スピード競技用』の意味が未だに不明だ」とか…。
とにかく、メーカーもユーザーもバカばっかりやってたという武勇伝で大笑い。今の子どもには、こういう実体験できる遊びが少なくて、かわいそうですね。スマホばっかイジってても、何も残りませんからねぇ。

Img_8230001
一応、ホスト役ではありますが、今回はちょっと一所懸命作りました。
お題はこれ。新しい商品の、ドラゴンボールシリーズ。
ウエザリングに興味があるとおっしゃってたかたがメンバーにいらっしゃったので、何かよい素材はないかと考えているうちに、日が来てしまい、売れ残りを前日の夕方から夜中までかけて急造してました。
基本塗装まで済ませて持ち込み。

こういう場に来ると、いつも他人の道具が気になります。
ホルベインのブラシマットは、とても便利。デザインナイフも長軸の画筆も、転がらずに置けます。シリコン製で任意に切れるので、これで半分のサイズ。もう半分は店に置いてます。

Img_8232001
スクラッチカーモデラー・Katsuさんの道具。
9割がた切削工具で、棒ヤスリの本数がハンパじゃありません。まさに売るほどあります。
その他も、およそプラモデラーには縁遠いものばかり。

この日のために、新作の準備をして臨んでくだいました。オートザム・クレフだそうです。そんなクルマ、初めて聞きましたよ。
実車も希少な、マニアックなクルマ、模型化されているはずがない!ってことで、世界で初めての瞬間に立ち会える幸せ笑。
この図面と写真だけを頼りに、スクラッチです。
Img_8251001
一人だけ、ゴリゴリガリガリと、明らかにプラモ作りとは違う、異質な音を響かせて作業すること7時間。
始まった時には何もなかったのに、1日でクルマらしき形のものが出現。
まるでマジックみたいです。



Img_8234002
私はここからスタート。ウインドウはまだ手つかずなので、持ってきてません。色は、説明図の指定は無視して、ミリタリー調にデッチアゲ塗装。
外装は、ヘアースプレー技法でハゲチョロ再現のため、とても久しぶりにタミヤ・アクリル塗料で色を入れてきました。下地にタミヤのシルバーメタルを吹き、ヘアースプレーを吹きかけた後、ダークイエローベースの階調塗装で色入れ。

Img_8236001_2
水で濡らして、竹串や硬めの筆で擦ってハガし、下地の銀を出していきます。

でも、ハゲチョロは、ハガすより描き込むほうが、思うとおりにコントロールできて好きですね。



Img_8240002
フィルタリングリキッドは、今回初体験。応用範囲が広そうなパープルを導入しました。
右端のステンシルブラシは、毛が硬いので、ヘアースプレー技法でのハガシには使いやすいです。

ただ、失敗だったのは、タミヤ・アクリルつや消し色を吹き付けたときに特有の、カサカサ・ザラザラした塗装面になっていて、各種ウェザリング塗料が染みついてしまい、拭き取れずに残ってしまったこと。先にクリアーコートしておくべきでした。久しぶりだといろいろ忘れてます。

Img_8242001
うまくピントが来ていませんでしたが、いろんな色に合います。
シャドウとなる部分に、重点的に置いてみました。






Img_8246001
隣りの参加者さんが、1/48タイガーを作っていて、同スケールのフィギュアを持ってきていたので、並べてみました。なんだかピッタリ。「ドイツ軍の新型車両!最新技術のエアカーを開発!」

完成写真は、また後日。


Img_8244002
参加者さんの完成作品。

右のスーパー7は、模型転倒虫さんの作品。5ヶ月かけた労作です。
たいへん精緻な作り込みのため、ご本人のホームページで公開されている制作記で拝見する写真の印象では、もっと大きい模型かと思っていました。実物はとても小さくてビックリ!

左は、驚異のハイスピードモデラー・単身赴任模型堂さんの作品。
会終了間際に、参加者さんが持ってきていたルーペで拝見し、キットの驚異的な再現度に、皆さんから感嘆の声が! フジミの奇跡のキットなんだそうです。

Img_8245001_3
同じく模型堂さんの、インターセプター。連休中にうっかり『マッドマックス』のDVDを観てしまったため、火が着いてしまったんだそうです。なんにでもすぐ感化されてしまうということが、分かってきました笑
こちらも、あちこちに改修が入った大作です。


Img_8249002
スーパー7との大きさの違いに、圧倒されます。さすがアメ車。







こうして、あっという間に7時間が過ぎ、大盛り上がりのうちに終了。
真剣な制作話をしたかと思うと、おバカな昔話で大笑いしたり、なんにでもカッコイイを連呼するかたはいるわ、タイヤフェチのかたがいるわと、楽しい集まりでした。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

本日は「模型制作会」です

本日は、イベント「模型制作会」です。
現地集合となりますので、事故のないよう、気をつけてお越しください。
店主は、一応直前まで、準備で店でにおりますので、もし場所が分からないかたは、いったん店のほうに来てください。

それから、すっかり忘れていましたが、今日は6月25日、開店記念日です。今日で丸6年経ちました。支えてくださる皆様に、心より感謝申し上げます。
これからも、品揃えでは大したことはできませんが、何か小さなことでお役に立てる店であり続けたいと思います。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

商品のご案内 <セメダインBBX>

こちらも、少し前に入荷案内しましたが、どんなものか、先に自分で買って使ってみました。(どんなものか分からないまま導入するのは、リスクが高いので。)

P6125865001
こちらは、弊店で仕入れた商品と、見た目はずいぶん違いますが、単に容量違いです。
店頭の商品は、小さいサイズの10ml入りです。

こちらは、能書きが大きく書いてあって分かりやすいのですが、接着剤ではなく「塗れる粘着剤」。
塗って乾かすと、ネチネチとして、ステッカー裏の糊面のようになりますので、貼り合わせた後でも、剥がすことができます。

仮止めのような目的に、アイデア次第でいろいろ使えそうです。

P6125866001
試しに、模型用途ではありませんが、娘のスマホケースの糊が剥がれたというので、実験台になってもらいました。

右の透明ケースが、左のカバーの真ん中の、黒いスポンジ面に着いていたのですが、取れてしまいましたので、そこへ付け直します。
もちろん、本来は接着しても構わないのですが、どんなものか見るのに好都合なので。

P6125868001
付属のヘラで、薄く延ばします。
特に厚く塗る必要はありません。厚く塗ると、乾燥に時間がかかります。
乾燥時間は、温度と湿度によっても変わるそうです。
これで、10分ほど乾かします。

塗った側には、このまま残ります。

P6125869001
指で触れて、ネチネチした粘着性が出てきたら、貼り合わせます。









P6145894001
粘着力は、強力両面テープくらいありますので、スマホを取り付けても自重程度では剥がれてきません。
ここから、スマホを引っ張れば、ベリッと剥がれます。

今回は、模型作り用途ではありませんでしたが、店では、爪楊枝の先に塗っておいて、指やピンセットでつまみにくい形の部品を拾い上げたり、小さな部品を塗装する際に、割り箸に塗っておいて貼りつけたりして使っています。粘着性が強いので、吹きつけのエアー圧で部品が飛んでしまうことがなく、頼もしいです。

あと、仮組み状態で一緒に塗装をしたいときにも、便利に使えていますよ。
上に書いたように、塗ったほうには粘着剤ははがれずに残りますが、プラスチックの場合は、ピンセットでつまんだり、テープで根気よくペタペタやれば、取り除くこともできます。
実際に買って使ってみると、意外な使い方が見つかる商品のような気がします。

| | コメント (0)

商品のご紹介 <ツノダ 精密薄刃プラニッパー>

P6195905001
先日ご案内した、ツノダのニッパーのご紹介です。

以前、「トリニティーシリーズ」という、同社のホビー用ハイエンド製品も入荷しご紹介しました。

それよりも、さらに刃が薄く先細になって、使いやすそうになった印象です。




P6195908001
ヘッド部の大きさは、タミヤの薄刃ニッパー(旧製品)とほぼ同じです。
タミヤと同様、両刃仕様となっています。





P6195912001
タミヤ品に比べ、全体に刃が薄く、狭いゲートの隙間に刃が入りやすくなっています。







P6195914001
ただ、さらに刃が薄くて先細のニッパーは、すでにほかでもあります。

左から、ツノダ、タミヤ、スリーピークスです。
刃の薄さと尖り具合はスリーピークス品が抜きんでていて、切れ味も鋭く、スッと切れます。ツノダは、タミヤと似ていてプツッという手ごたえですが、切り口は十分きれいです。刃の背側からも軽く刃付け研磨がされているので、フルフラットな切り口ではありませんが、逆に、パーツ側に食い込んでしまう心配が少ないです。

しかし、なにより私が気に入ったのは、刃の角度です。
スリーピークス品は、刃の角度が緩やかです。私は、刃面をほぼ垂直に見て使うくせがあるので、個人的にはこれだと手首が反り返ってしまい、長時間作業すると疲れてしまうのです。
ツノダ品は、かなりきつめの角度がつけられており、手首を斜めに持っていっても、刃面がまっすぐに見れるので、私の主観ですが、とてもラクで使いやすいのです。

P6195916001
また、この3種では、唯一、刃の開きすぎ防止のストッパーが装備されてます。

この内容にもかかわらず、この種の工具としてはとてもリーズナブルな価格設定なのも魅力です。

最近のプラモデルは、パーツがたいへん細かくなっていて、ゲートカット専用の、切れ味が良くゲート跡を残しにくい薄刃ニッパーがブームになりつつあります。中には、切れ味はたしかによいものの、刃が薄すぎて、取り扱いがデリケートな製品もあるようです(バンダイのような、硬くて太めのゲートを切るときは、なんだか折れそうで怖いくらい)。

ただ、最近はちょっと過熱気味で、あまりにも売り手側がユーザーをあおりすぎなのではないかと感じています。
私としては、使い手としても売り手としても、これだけの品質があれば十分ではないかと考えます。

初めてゲートカット専用ニッパーの購入や、刃がなまってきて買い替えをご検討のかたには、店主的には現在イチオシ商品ですよ。よろしければ、ぜひ店頭で実際にお試しください。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

入荷案内

Img_8207001
バルケッタ

ライトレンズ・メーターレンズセット










Img_8212001
レンズカットの種類や形の違うレンズと、メーターカバーのセットです。
それぞれ、サイズ違いも入っています。

実にまあ、ニッチな商品ですね笑。




Img_8209001_2
ライト反射カップ

上のレンズと組み合わせて使います。










Img_8210001
メッキパーツではなく、アルミ製です。












Img_8213001
アオシマ
1/24 ランボルギーニ・ディアブロGTR







Img_8214001










Img_8215001
タミヤ
1/48 KV-2

巨大な宝塔が特長の戦車。
単色で、大きい面構成の砲塔は、塗装表現の習作にもよさそうです。




Img_8216001
1/48 エレファント
巨大な戦車ですが、ヨンパチだとなかなか手頃な大きさ。
ただ、ツィンメリットコーティングの再現は、1/35スケールでも手こずる模型なので、そこが少しハードルが高いかも。一応、コーティングシートが別売されてますので、手軽さ重視の方はそちらを使ってみては。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

入荷案内

Img_8205002
ツノダ
・精密薄刃プラニッパー
ゲートカット用高級ニッパーが数年前から業界的にも過熱気味で、各社が後追いで次々と新製品を投入してますが、ユーザーさんも少しそれに振り回されている感があり、一度立ち返ったほうが良いのではと感じます。
こちら、少し前に発売になった製品ですが、しっかりしたメーカーの製品ですので、品質的にはまったく問題なし。価格的にも、たいへん良心的かつ魅力的です。
すでに高級ニッパーを持っている方は、わざわざこちらに乗り換える必要はないと思いますが、これから、ニッパーを1丁買ってみようかと思う方や、刃がなまってきたので新調しようかという方には、店主イチオシです。デモ用に1丁おろしましたので、後ほどレビューを書きます。

・ミニエッジニッパー
エッジニッパーは、長い刃部の先端に、角度が強めの刃が付いているニッパーで、電子工作をする分野で以前からあるものです。
プラスチック用より刃が厚いので、金属の軟線も切ることができます。エッチングパーツの切り出しにも。

Img_8206001
大きさは、タミヤの薄刃ニッパーと同じくらいです。








Img_8217001
タミヤ
エアーブラシ用フィルター
エアーブラシに直付けして使う、簡易フィルターです。
こちらはスパーマックスのOEMと思われますが、どういうわけか、たいへんお値打ちな価格設定になっています。


Img_8218001
フィルターは、手元に近いところにあるほど効果的ですので、これからの季節、エアーブラシから水が噴き出して困るとかホコリが気になるというかたにはぜひオススメしたい製品です。




Img_8219001
セメダイン
BBX

ネットの情報で初めて存在を知り、自分で買って使ってみて、意外と使えそうという判断で扱うことにしてみました。







P6125865001
パッケージの文字が小さくて、読みにくいのですが、こちらと同製品です。上の写真の商品は、これの小容量タイプになります。

この接着剤は、塗って乾かすと、ネチネチした粘着剤になるというもので、トリモチのように使えます。

竹串や楊枝の先に塗っておいて、ピンセットでもつまみにくい形状の小さなパーツを拾い上げたり、塗装するときの持ち手に塗っておいてくっつけたり、仮組みや一時的な固定にと、乾かす時間がいるので急いでいるときは困りますが、工夫次第でいろいろ使えそうです。

こちらも使ってみたので、後ほどレビューを。

| | コメント (0)

«入荷案内